ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

お約束通りに「ターミネーター4」先行ロードショー観てきました♪

とにかく度肝を抜かれた・・1st(1984年)「ターミネーター」
さらにグレードアップの・・2nd(1994年)「ターミネーター2」
やや期待はずれだったが・・3rd(2004年)「ターミネーター3」

と、今まですべて観てきて、すっかりその虜となってしまっているvegeetaさんとしては、
当然のごとく新作は観ないわけにはいかず、しかも正式上映まではとても待てなかったわけです。

大ヒットSFアクション3部作の新生シリーズ第1弾。
前3作が“審判の日”以前の現代を描かれているのに対して、今回は・・
やはり起きてしまった“審判の日”から10年後の2018年を舞台に、30代となったジョン・コナーが人類軍の指導者となり、機械軍の支配する世界に立ち向かう。

story
2018年。審判の日を過ぎても生き残った人々は人類抵抗軍を結成し、ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は軍のリーダーとなってスカイネットと戦っている。ある日、ジョンは人間と機械のハーフであるマーカス・ライト(サム・ワーシントン)に出会う。当初は敵として対峙するが、、将来、ジョンの父親になる少年カイル・リース(アントン・イェルチン)がスカイネットに拉致されたことを知らされ、進入を手引きしてもらう。

cast & staff
監督 マックG
クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)
サム・ワーシントン(マーカス・ライト)
アントン・イェルチン(カイル・リース)
ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)
コモン(バーンズ)
ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)
ジェーン・アレクサンダー(ヴァージニア)
ジェイダグレイス(スター)

詳しいことはネタバレになるので避けますが、
初期のターミネーターの様々なタイプのマシーンが登場して戦闘シーンは必見です。
ストーリー的にもジョンと双璧をなす謎の人物マーカス・ライトが重要なキャラとして物語の骨格をなすのがポイント。

おまけに、、
サラ・コナーことリンダ・ハミルトンの声が古いレコーダーから流れてきたり、
最後の方で“84年モデルのターミネーター”が登場するシーンなんかあったりして、
(お〜〜っとこれはネタバレかぁ・・)・・もうサービス満点ですネ。

これはもう、
個人的な評価としてですが、最高のエンターテインメントに仕上がった映画だと思いますよ!☆

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事