ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

この世界の片隅に



普段からアニメってあまり観ないのですが
久しぶりのアニメ作品鑑賞です。

去年大ヒットした話題の「君の名は」はさすがに観てないけど、
コレはそそられました。

「この世界の片隅に」

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3


・・何に惹かれたのかなぁ。

声優としての能年玲奈改めのんちゃん
それもあるけれど、予告で見た水彩画のような美しい画面の連続、
これが心にヒットした感じ、でしょうか。

最近もかのキネマ旬報で年間ナンバーワンの評価を受けた
ってことも劇場へ足を運ばせるに充分なモチベーションでした。

story
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。(作品資料から)


とにかく画面が叙情的で綺麗です。
そして時代考証しっかりやったと思わせるリアルな街並みと風景。

最初は苦手意識の延長でややかったるかった?ですが
徐々に引き込まれていきました。

何気ない当時の市井の平々凡々なささやかな平和な生活
それが知らぬ間に戦火にさらされ
大事な人やモノを奪われていく。
数々の戦争映画と称するものがいっぱいあったけれど
アニメーションでこれほど心に突き刺さるものができるとは
思ってもみませんでしたよ。

関係者全ての思いが詰まっていて心にしみました。

制作にあたって資金不足のため
広く資金を募い、それに呼応した多くの人々。
エンドロールにも流れたクラウドファウンディングの賛同者
も強力なバックアップだったんですね。

リアルな戦争経験者は少なくなっていく中
さらに戦争というものを語り継ぐ強力な“語りべ
となって行くような気がしています。。

オススメの素晴らしい作品ですっっ ☆





全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事