ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫予想外★G馬'16

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


なんとなくスッキリしない日々。

決まりかけていた「work」又おジャンになったり、
遠くアメリカでは新大統領にまさかマサカ?のトランプ。。だと。(--

思っていた以上にアメリカってマズい状況なのね。。(@@💦


マドンナもレディガガも怒ってる。。
Love trumps hate
悪い冗談が現実になったんですね。
新たなる混乱の始まり〜分断の加速e.t.c. か。

そんなやや鬱々なる気分の日曜日。
牝馬No1を決めるG1=エリザベス女王杯
先々週の天皇賞秋はなんとか当てたけれど
牝馬は難しいんだよね〜。。

このレース、
3歳馬が強いということもあって、大外のパールコードを中心に組み立ててネット投票。
しかしながらどうも当たりそうもない?予感。

こんな時は〝世の中の出来事馬券〟がたまにありそう・・
ってことで見渡してみると
爆笑田中も目をつけていたクィーンズリングってどうかな?
そして先行馬の中からシングウィズジョイ
今絶好調のルメールの手綱さばきはどうなの。。

イメージ 1
↑↑
で、ほんの付け足しで3〜9を追加したところ
な、なんとそのワンツー!!☆

しかも後で気がついたんですが
父親いずれもマンハッタンカフェですと・・
やっぱりアメリカ絡みの決着・・
こんなこともあるんですね(@@; 

土壇場での追加馬券。
いや、それにしてもついてました!
ありがと〜〜ございま〜〜す (^^)v




先週は買い目考えるも直前で変えてしまって大失敗の秋華賞、、でした。



今日は力こぶ倍増?の菊花賞!!!でっす。



もう何十年も続けている競馬の中で最も力入るのが、淀の3000mの菊花賞なんですよ。



あの独特のコースと秋を迎えての3歳馬の成長度合いが毎年楽しみのクラシック最後の一冠の戦い、、興奮します。



さて今年は……

春の二冠で悔しい思いをしたサトノダイヤモンドにここはなんとしても頑張ってもらいたいものです。



オーナーの里見さん、何度も挑戦して跳ね返されているクラシック三冠戦線。

そしてディープ産駒も何故か叶わぬ菊の大輪の座。

数々の思いを背負い、ここはルメールの快心の騎乗に期待したいものです。



堀厩舎の二頭も侮れない存在です。



何とか馬券に絡んでくれることを願っての大きな印打ちました!



かつてのグリーングラスのような飛躍も密かに願っている次第でありますよっ

イメージ 1

そういえば
今月末にてYahooブログアプリが終了とか。。
結構愛用していたのに、残念〜

そして
気がついたら 秋の中央場所(?)
開幕です。

今日は難解なる京成杯AH。
毎年このレースには泣かされてますよ
(・・;)

ま、
どうせ当たらないのなら
思い切っての狙い撃ちがいいかも。。
ってことで
大外のリーサルウェポン
突っ込んできてくれたら
嬉しいんだけれど。

そんなうまくはいかないでしょーねェ



イメージ 1


開くトラックバック(1)

“ターフの魔術師”

先週末から始まったリオ・オリンピック。
連日の日本選手の大活躍〜
メダルラッシュに夢中&エキサイティングな毎日が止まりませぬ(^^♪

お盆休みには関係なく完全オフを決め込んでおります。。

・・が、今日オリンピックニュースの合間を縫っての悲報が舞い込んできた。

我が競馬人生の起点となってる昭和48年“ハイセイコー”時代
最も鮮烈なる記憶に今なお濃い名ジョッキーであり
今をときめく“武豊”の父君であられる武邦彦が亡くなった。。(;;

(福永祐一の父でもあり)“天才”と呼ばれた福永洋一と共に
“ターフの魔術師”との異名を轟かせた武邦彦。

イメージ 1


その長身をかがめての名騎乗〜数々の偉業は昭和の競馬界にとって
屈指の語り草になっています。

ダービー=ロングエース
菊花賞・天皇賞=タケホープ
et cetera

今もかの名調子、名実況〜杉本清さんの語りが頭に蘇りますよ。

(いや〜毎度のことながら)
寿命というものがある以上避けられぬ“死”ではありますが
とてもしんみりとするような残念な逝去であります。。

=合掌= 

いくら好きな夏が近づいているとはいえ、
今日は朝から蒸し暑いっす (

本年度前半のG1戦線ラストの戦いです。

永遠にJRAからの“離脱”ができそうもない(^^;)
vegeetaさんもやはり参戦です。

宝塚記念

それにしても
ファン投票でドゥラメンテがトップにならない?
不可思議な宝塚記念ってどう向き合えばよい(@@;

それでも買いたい馬が目白押しで、
こんな時はとても当たる気がしないのです。

ま、
なんだかんだ言ってもやはり一番強い馬はドゥラメンテ
という信念で、これが中心。

イメージ 1

あれこれ買いたい馬の中から配当のいい順に買おうと思っとります。 。が

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事