ここから本文です
Tomorrow Never Knows
アメリカがアメリカでなくなってきている。。が(@@

書庫VIVA ! Cinema

記事検索
検索

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この世界の片隅に



普段からアニメってあまり観ないのですが
久しぶりのアニメ作品鑑賞です。

去年大ヒットした話題の「君の名は」はさすがに観てないけど、
コレはそそられました。

「この世界の片隅に」

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3


・・何に惹かれたのかなぁ。

声優としての能年玲奈改めのんちゃん
それもあるけれど、予告で見た水彩画のような美しい画面の連続、
これが心にヒットした感じ、でしょうか。

最近もかのキネマ旬報で年間ナンバーワンの評価を受けた
ってことも劇場へ足を運ばせるに充分なモチベーションでした。

story
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。(作品資料から)


とにかく画面が叙情的で綺麗です。
そして時代考証しっかりやったと思わせるリアルな街並みと風景。

最初は苦手意識の延長でややかったるかった?ですが
徐々に引き込まれていきました。

何気ない当時の市井の平々凡々なささやかな平和な生活
それが知らぬ間に戦火にさらされ
大事な人やモノを奪われていく。
数々の戦争映画と称するものがいっぱいあったけれど
アニメーションでこれほど心に突き刺さるものができるとは
思ってもみませんでしたよ。

関係者全ての思いが詰まっていて心にしみました。

制作にあたって資金不足のため
広く資金を募い、それに呼応した多くの人々。
エンドロールにも流れたクラウドファウンディングの賛同者
も強力なバックアップだったんですね。

リアルな戦争経験者は少なくなっていく中
さらに戦争というものを語り継ぐ強力な“語りべ
となって行くような気がしています。。

オススメの素晴らしい作品ですっっ ☆





イメージ 1


個人的に今世紀NO1ヒーロー 〜
待ちに待ちました!
マット・デイモン演じる“ジェットコースタームービー”
「ジェイソン・ボーン」
観てきました!

イメージ 3


平日朝一にもかかわらず観客席は9割方埋まっていて、
いかに多くのファンがこの新シリーズ待ちわびていたかがうかがわれます。

ボーン・アイデンティティー(2003年)
ボーン・スプレマシー(2005年)
ボーン・アルティメイタム(2007年) 
(ボーン・レガシーは全く別物扱いとしました。。)

13年前に公開された「ボーン・アイデンティティー」にすっかり魅了されて以来
ずっとこのシリーズ追っかけてきました。
「ボーン・アルティメイタム」にて一応の決着〜
ひとつのピリオドを打ったのですが
これだけの人気シリーズ、関係者が放っておくはずもなく
ここに新シリーズにて復活と相成ったわけです。

記憶をなくしたCIAの最強人間兵器と化したエージェント
のジェイソン・ボーンの活躍を描いた「ボーン」シリーズ。

今までのスパイ映画のスタイルを一新させた独特の演出は観る側を魅了し、
他の既存スパイ映画にも多くの影響を与えてもいます。

イメージ 2
cast & staff ↑↑

「コードネームU.N.C.L.E.」 にも出演していたアリシア・ヴィキャンデル
美しいですね、今回も花を添えています。

フランス人俳優ヴァンサン・カッセル
も今までにない異彩放った殺し屋を好演。

トミー・リー・ジョーンズ重厚な役どころさすがです。

マット・デイモンと同様、唯一初回作からで続けているニッキー・パーソンズこと
ジュリア・スタイルズ
今回は殺されてしまう(ネタバレ...sorry...です)のが残念です。。

すっかりお馴染みになったエンディングテーマ曲=Moby 「Extreme Ways」
思わずにんまりとしてしまう定番シーンを演出するこの曲も復活ですよ♪
↓↓


9年分の色々なる思いを乗せての今回の復活劇
(おそらくあろうと思われる)次回作、、早くも楽しみであります!!♪

そして
(おそらく)
もう一回はまた観てしまうだろう自分がいます(^^♪


なんとまぁ長いご無沙汰、、、であります sorry@@;;

アレヨアレヨの7月も半ば過ぎながらも、
こちら関東地方未だに梅雨明けとはなりませぬ。。uu

とりあえず隙間を縫っての?海〜プールでの最低限の?日焼け
(それは又後日^^;)・・はクリアしましたが
何気にスッキリとはしない今日この頃です。

なんかエキサイティングなることないか、、と思っていたら
そー、来週末密かに待ちわびた「ゴジラ」新作が公開!!なんですね。

その名も「シン・ゴジラ」

イメージ 1



「シン」って真?新? ってクエスションが付きまといますが
小学校の時に初めて
「キングコング対ゴジラ」を劇場立ち見でエキサイティング
(当時はコレ当たり前だったっす)
以来、ずっと「ゴジラ」にハマり続けたワタシとしては
ここは素通りするわけにはまいりません!!

日本が誇る世界のモンスターこと「ゴジラ」その歴史的誕生から62年。

何やら今回はフルCGでのゴジラだとか・・
その姿〜破壊モンスターぶりはどう描かれるのでしょうか?
昭和の着ぐるみゴジラに親しんだものとしては大いに気になるところです。

イメージ 2

↑↑
あちらこちらでコラボもあって徐々に盛り上がってきたように感じます。

イメージ 3

ついこの間もサンシャイン寄ったら↑↑
こんなゴジラの足!?って(^^;

何れにしても来週金曜からの大公開、楽しみに待つことといたしますっ♪


イメージ 2



たまにはこういう社会派ドラマもいい。

アカデミー賞(作品賞/脚本賞受賞)云々はさして気に留めないワタシとしても
かなり前からチェックしていた作品でした。

「スポットライト 世紀のスクープ」

実際に起きた事件を元にドキュメンタリータッチで描かれたドラマです。

story
2001年のアメリカ、ボストン。アメリカの新聞「ボストン・グローブ」は新しい記者マーティ・バロンを雇う。マーティはウォルター・ロビンソン率いる「スポットライト」チームに編成される。小さなチームで運営されるそこでは何ヶ月かかけて独自で調査を行い、出版される調査報道のコーナーを担っていた。
マーティは弁護士が話している、大司教がカトリック教会の司祭の性的虐待に関しての隠蔽についてのコラムを読み、スポットライトチームで調査を行っていこうとチームを説得。これにより少数チームがアメリカのみならず全世界に馴染み深いキリスト教の派閥の一つ、「カトリック教会」のある事件の真相を追っていくこととなる。。


cast
マーク・ラファロ - マイケル・レゼンデス
マイケル・キートン - ウォルター・ロビー・ロビンソン
レイチェル・マクアダムス - サーシャ・ファイファー
リーヴ・シュレイバー - マーティ・バロン
ジョン・スラッテリー - ベン・ブラッドリー・ジュニア
ブライアン・ダーシー・ジェームズ - マット・キャロル
e.t.c.

staff
監督 - トム・マッカーシー 
製作 - マイケル・シュガー/スティーブ・ゴリン/ニコール・ロックリン/ブライ・パゴン・ファウスト


イメージ 1


個人的には
アメコミヒーローものでおなじみのマイケル・キートンやマーク・ラファロの演技が一番の注目でしたかね。
中でも、熱血感あふれるマイケルの行動力が印象的。

昭和の時代〜大昔のNHKドラマ「事件記者」を思い起こすような?地味〜〜な空気
は否めないもののそこはさすがアカデミー賞受賞と感じさせるに十分な味わいある作品だった
と思います。

ま、確かに
なんの誇張もなく、淡々と進んでいく展開はやや物足りないという声もあるやもしれない。けど。。
(@@









イメージ 1


いやはや
これはマーベルコミックス『アベンジャー』シリーズの影響、、、
でしょか(@@

ワタシ
いくらDCコミックスフリークでもこの二人の対決ものがお披露目するとは
なんとも驚き以外の何物でもありませぬ。。

ま、シロートには計り知れない事情ってのがその背景にあるんでしょうが
まるでそのステージが違うこの二人のスーパーヒーローが対峙するとは・・
掟破り、逸脱、ハチャメチャ、、そんな印象から始まったものの
結局は指折り?心待ちしてた公開が今日からでっす。

違和感満載とは言いつつ
そこは大好きなるDCコミックスムービー
今日か明日にでも劇場に足を運ぶことと相成りそうです(^^;

スーパーマンのヘンリー・カヴィルはかなりハマってきた印象ですが
バットマン=ベン・アフレックってのが果たしてどうなのか!?
これ、最大のポイントでしょうかね。
バットマン〜前3部作のクリスチャン・ベイルが個人的にはベスト
だっただけに
ベン・アフレックがどうその壁に挑んでいるのがこれも興味尽きないところですよ。。

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事