ここから本文です

書庫春・夏・冬・中

すべて表示

大変ご無沙汰しております・・・
  亀ながら、ちゃんと仕事はしてるんですが・・・(^^;)

で〜・・・
今回はシェミットのハブダイナモに少し手を加えたいと思います。

言うまでも有りませんが、ハブダイナモにはいろいろなメリットが有ります
しかし、その反面、デメリットも有ります。

そのデメリットの1つがハブダイナモで組まれた車輪を着脱する場合、
殆どの場合同時に配線のコネクターも抜き差しなければならない事・・・−−;

出来ればコネクターを抜き差しする わずらわしさから解放されたいですよね・・・
イメージ 1

・・・で、いつもながら もう手を付けちゃってますが・・・(^^;)

イメージ 2

2つ有る出力端子の1つは銅版の帯に接続し、もう1つはロックナットの方に接続してアースにしています。



そして・・・
こんな小物を作りました。(^^;)
イメージ 3
細かな調整の繰り返しで少し不出来ですが・・・
コードは中央から出ている真鍮部分につながっています。
真鍮部分はスプリングで伸縮するようになっています。


これをフロント右側エンドの内側に固定します。
イメージ 4


もう お解りですよね?^^

ハブダイナモをエンドに差し込めば、自動的に通電する仕組みです。
イメージ 5

勿論、電装コードはフロントフォークに内蔵です。

上から見ると少しゴツいですが、
横から見れば殆どフォークに隠れます。
イメージ 6

実は、このフレームは4サイドのキャンピングモデルなんです。

ですから、もしパンク等の時、バッグやキャリア等が有りますから
コードコネクターの抜き差しは本当に わずらわしくなると思い 
この様な仕組みにしてみました。

勿論、シェミットには自動通電用の専用ハブダイナモとエンド材が有る事は承知しております。
只、コスト、デザイン、ダボ形状等の理由により今回の様な凡用タイプにしております。

Velo du reveは、どんな時でもオーナー様にとって快適な自転車であって欲しい・・・と思っています。



書庫その他の最新記事

すべて表示

  • T氏のReneHerseランドナー・レス...

    2017/5/10(水) 午後 11:02

    T氏のReneHerseランドナー レストア完了いたしました。 フレーム№7050の1950年製です。 このReneHerseはT氏が7年ほど前にほぼフレームのみで入手されました。 入手 ...すべて表示すべて表示

  • シクロRDファインチューン?

    2017/5/9(火) 午後 10:01

    シクロ・ヘリコイド式RDのメリットはシフトアップもダウンも同じ軽い力で変速出来る事・・・と言われていますが・・・・ スプリングの力によるテンションが掛かったりして、実際にはなかなか理想通りに動かなかったりします・・・(−−;) ...すべて表示すべて表示

  • TANKペダルのレストア?

    2017/5/7(日) 午前 0:27

    お預かりしている貴重なTANKペダルですが・・・ 状態はすこぶる悪く・・・・ 酷使されたプレートは ちぎれる寸前?まですり減っていました・・・orz で・・・まずはバラバラに・・・・ww いつもながらビフォー写 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事