ここから本文です
自転車徘徊嘘日記
I SHALL BE RELEASED

時坂峠 峠の自主練

来月のMCP月例サイクリングで案内役を引き受けてしまった風張林道に向けて、3連休中に峠の自主練をしなければと思っていたところ、MCPのT部さんから風張峠の事を調べていたら、ウェブサイトで時坂峠に関する記事を見つけたので走ってみたいが、知見をお持ちでしょうかとのメールをいただきました。時坂峠って初耳でしたが、どうやら美味しいお蕎麦屋さんもあるらしいのです。武蔵五日市駅から登り口近くまでは都道33号線ではなく旧道を計画しているとのことで、そちらもkemuさんと部分的に走ったことしかなかったので、知見は無いがワタシも行ってみたいと返信をしたところ、快く同行させていただけるとの返事をいただいたのでありました。

2018年9月17日(月)
時坂峠(とっさかとうげ)
自転車:FUJI OS-18
カメラ:SONY RX100

6時40分頃に家を出ました。
イメージ 1
玉川上水沿いを西に走ります。

イメージ 2
喜平橋から五日市街道と合流し、さらに西に走ります。

50分程走って、コンビニで休憩。飲料などを購入しました。
イメージ 3
睦橋で多摩川を渡ります。午前中は良い天気でした。

睦橋通りのコンビニで2度目の休憩。お握りを補給しました。
イメージ 4
武蔵五日市駅には8時50分頃に到着。待ち合わせ場所に指定していた駅前ロータリーのパン屋さんが無くなっていました。
自転車を組み立てているローディーが沢山います。

輪行で来られるT部さんの到着を待って、駅前のコンビニで行動食などを購入してから予定時刻の9時30分頃に出発。
イメージ 32
駅からR33を少し走るとすぐに旧道に入ります。田舎らしい雰囲気の良い道ですが、二箇所ほど突然現れる激坂に苦しめられます。

イメージ 33
途中で一旦R33に出ますが、また旧道に入ります。

ここから後の写真が曇っています。走りながら写真を撮っている間に指でレンズを触っていたようで、帰宅してからレンズが汗で真っ白けになっているのに気付きました。
イメージ 5
ちょっとメカトラ。突然現れる激坂の所為です。
T部さんは古い片倉シルクのロードに新旧のパーツを組み合わせて、ご自身の走りに合った自転車に仕立てています。

イメージ 6
秋川

イメージ 7
本宿の手前で再びR33に出ます。

豆腐のちとせ屋さんの手前を左に折れて
イメージ 8
10時30分頃 払沢の滝入口を通過。ここから時坂峠への上り(林道浅間線)が始まります。

イメージ 9
こんな坂道を4km程上ります。平均斜度は8〜9%。久しぶりの峠道でヘロヘロです。ちょっと練習するには手頃なコースだろうという予想は見事に裏切られてしまいました。

イメージ 10
先行するT部さんは直ぐに見えなくなりました。ワタシは写真撮影という言い訳で何度も立ち止まります。

イメージ 11
何人のローディーに追い抜かれたでしょう。以前はR33から林道に入るとローディーを見かけることは少なかったのですが、ヒルクライムを楽しむ人が増えたのかな。

イメージ 12
いたるところにツキノワグマ出没注意の札が掛かっていました。

イメージ 13
下の方に上って来た道が見えています。

待ちくたびれたT部さんが峠の手前まで迎えに来てくれました。
お待たせしてゴメンチャイ。
イメージ 14
11時20分頃 無事に林道の最高地点まで到着しました。本当の峠はここから更に徒歩で登ったところにあります。 写真はT部さんにいただきました。

イメージ 15
峠の茶屋の建物がありますが、営業はしていないようです。その建物の横に水場があったので、冷たい水で顔と首を洗わせていただきました。

T部さんが先に到着した時に、20人ほどのローディーが蕎麦屋さんに向かったとのことで、その人たちが掃けるまで頃合いをみましょうと少し休んでから蕎麦屋さんに向かいました。
イメージ 16
峠から少し下って直ぐにそば処みちこへの入口が現れます。

イメージ 17
11時30分頃 お店は少し奥まった所にありました。店の前にはまだ沢山のロードバイクが留まっています。座敷がいっぱいだったので、外の席に案内してもらい、注文した二八蕎麦は売り切れで、石臼蕎麦の山菜天ぷら付きを注文したのですが、結構な時間待つことになりました。お店の人にいつもこんなに混んでいるのかと聞いたところ、この日は特別混んでいるとのことでした。

外の席は日陰で涼しく快適だったので、食後もまったりしてしまい店を出たのは、
13時頃でありました。
イメージ 18
山の中の古民家です。また訪れたいお店ですが、残念なことに11月まで営業した後は廃業するとのことでありました。

イメージ 19
お店の前の道に甲州古道の札がありました。ちょっと調べてみたいです。

ここからは、小岩方面にバビューンと下ります。
イメージ 20
巨大なメメズにビつクリ! イイズカミミズという種類らしいです。(T部さん調べ)

R33に出て帰路に就きます。
イメージ 21
神戸岩に立ち寄る予定も有ったのですが、夕方から雨が降りそうだったので、すっ飛ばしてしまいました。

武蔵五日市駅まで戻ってきて、T部さんも帰りは自走するとのことで、途中までご一緒することになりました。
イメージ 22
睦橋通りの途中からT部さんの案内で旧道に入りました。初めての道でしたが良い感じです。

イメージ 23
秋川沿いの道に出ました。

イメージ 24
圏央道ですか

イメージ 25
ジャングルの様です。

イメージ 26
実りの秋ですね。

イメージ 27
秋川ふれあいランドでトイレ休憩  気がつけばジャングルからの贈り物が

イメージ 28
14時40分頃 睦橋の袂に出て多摩川の左岸に渡ります。

イメージ 29
多摩サイをひた走り

イメージ 30
たちかわ創造舎でアイス休憩を入れて、また走り

イメージ 31
16時頃にT部さんと是政橋でお別れした後は、府中経由でまったり走り17時に帰宅。
帰宅後30分ほどしてから雨が降り始めました。いつもタイミング悪く帰宅前に降られるのですが、ちょっとは運が向いて来たのでしょうか。

走行距離約100km 久しぶりの峠でメチャクチャ疲れましたが、すんごく楽しい峠の練習になりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

翌日に予定している峠の自主練に備えて、フジOS-18のリアディレーラーとブレーキの調整をしたので、確認の為に少し走ってみようと家を出ました。
何処に行こうか迷ったのですが、気になる自転車屋さんをネットで見つけていたので、そちらに向かったのであります。

2018年9月16日(日)
西東京市
自転車:FUJI OS-18
カメラ:FUJIFILM X-E2
レンズ:AVENON MC 28mm F3.5

イメージ 1
なんだか写欲のわかない日でした。
とりあえず、この日の一枚目 関前橋交差点 

イメージ 2


イメージ 3
東伏見稲荷神社

イメージ 4


イメージ 5
お目当ての自転車屋さんに到着

イメージ 6
同じ敷地の中にフレームビルドのYANAGI CYCLEさんがあります。

イメージ 7
店主の方やフレームをオーダーされているお客さんとしばし立ち話をして、ビルダーさんにある事を確認しちゃったりしたのでした。

イメージ 8
練馬大根製の小径タンデム

帰り道
イメージ 9
東伏見公園の陸橋から 西武新宿線

イメージ 10
東伏見稲荷神社前交差点

イメージ 11
振り返って見ました。

イメージ 12
ワープして裏庭

イメージ 13


イメージ 14
5時25分 日が短くなって来ました。

Rディレーラーとブレーキは問題無しでありました。

この記事に

開くトラックバック(0)

ZUNOWのメンテ

ずっと気になっていながら先送りにしていた、ズノウのメンテナンスをやっちゃいました。
何が気になっていたかと言うと、リアスプロケット辺りでチェーンがチャラチャラとうるさいのと、クランクを逆回転させた時にチェーンがリアスプロケットに引っ掛かることでありました。
ちゃんと乗る自転車なら直ぐに何とかするのですが、動かない訳でもないしどうせご近所の徘徊にしか使わないのだから其の内にね。何て思って何年も手をつけずにいたのであります。

2018年9月15日(土)
自転車:ZUNOW スタッガードロード
カメラ:SONY RX100

イメージ 1
以前から疑っていたのはチェーンラインです。右側のBBシャフトには余裕があります。もっと詰めても良いんじゃないかと思っていましたが、左側はクランクとワンとの隙間が2mmも有りません。これではBBシャフトの詰めようがありません。
ならばと、RDのアジャスターを弄ってみましたが効果無しです。と憂歌これは何度か試しているので結果は見えていました。
そんでもって、チェーンをよ〜く見ていると何か変なことに気が付きました。ZUNOWは7速です。今までSHIMANO IG70 6.7.8速用チェーンが付いていると思っていたのですが、何だか黒いし表面がノッペリしています。IGならアウターリンクがシルバーだし少し膨らんでいるはずです。
これは、ひょっとして5速用のチェーンではないの? 顔を近づけてチェーンの刻印を確認しようとしましたが、近視と乱視と老眼が入り混じった目では判別出来ません。
仕方が無いので、切って外してパーツクリーナーで洗ってから確認しました。
何と言うことでしょう。三角デルタ印のSEDIS様ではあ〜りませんか!

不調の原因は7速スプロケットに5速用チェーンが干渉していたってことだった様であります。真面目にやれば、直ぐにわかることでありました。
すぐセデスってことでしょうか。 

イメージ 2
そんな訳で、IG70を張る事にします。
チェーンを外した序でにクランクとかチェーンリングとかをちょっとだけ綺麗にして、予めパーツクリーナーで洗っておいた新品のIG70の長さを合わせて張って、変則の調子を確認してからチェーンルブを差して、グルグル回しながら余分なルブを拭き取って作業完了であります。

チャラチャラ音は静かになって、クランクを逆回転させた時にチェーンがリアスプロケットに引っ掛かることも解消しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

前日に引き続き、PA10のペダルの調子とコッターピンの締め具合を確かめる為に試し乗りに出かけました。
チェーンリングが48T・45Tと貧脚には平地専用の刃数となっています。きつい坂のあるコースには行きたくありません。ということで、安易に多摩湖自転車道を走ることにしたのであります。

2018年9月9日(日)
多摩湖自転車道、裏庭
自転車:'71 PEUGEOT PA10
カメラ:FUJIFILM X-E2
レンズ:AVENON MC 28mm F3.5

いつもの様に、裏庭を抜けて多摩湖自転車道に向かいます。
イメージ 1
ハブ ア ナイスデイ 

イメージ 2
花小金井南町 お祭りがあるようです。

イメージ 3
西武拝島線の踏切

イメージ 4
八坂交差点の陸橋 左手に西武多摩湖線

イメージ 5
多摩湖に上がる坂

イメージ 6
狭山公園の宅部池を望む

イメージ 7
多摩湖 堤防

イメージ 8
堤防北端の休憩場所から

イメージ 9
多分グーなお二人

イメージ 10
多摩湖の外周を反時計回りに走ります。

イメージ 11


イメージ 22


イメージ 23
一周してベンチで休憩 帰ろうかとも思ったのですが、もう一周することにしました。

イメージ 12
二周目は時計回りであります。

イメージ 13
時計回りは滅多にしないので、ちょっと新鮮な感覚です。

イメージ 24
二周目を終えて狭山公園に降りてきました。

イメージ 14
宅部池の側のベンチで休憩 その後は帰路に就きます。

イメージ 15
多摩湖自転車道から裏庭の裏口に向かう道です。

イメージ 16
裏庭のコスモス

イメージ 17
まだ疎らであります。

イメージ 18
この日は家族連れが多かったようです。

イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21

この日はコッターピンのナットを確認しながら走りました。極僅かではありますが、また緩んでいました。まだ締め込みが足りないようです。最適な締め込み加減は繰り返し確認しながら手で覚えるしかなさそうです。
ペダルは無問題でありました。

走行距離は約40kmですが、帰路の八坂の陸橋で両足の太腿が攣りそうになりました。6月以降サボっていたツケが出たようです。来月予定している峠走行が不安です。ちょっと鍛え直さないとダメですね。

この記事に

開くトラックバック(0)

府中大国魂神社の近くまで、ペダルの掃除とコッターピンのナットの増し締めをしたプジョーPA10の試し乗りをして来たのであります。

2018年9月8日(土)
小金井市、府中市
自転車:'71 PEUGEOT PA10
カメラ:FUJIFILM X-E2
レンズ:AVENON MC 28mm F3.5
フィルムシュミレーション:PROVIA、モノクロ(フィルターなし)

往く路
イメージ 1

午後3時過ぎに家を出ました。空が綺麗な午後でした。







影を撮ろうとしていたら、太陽が隠れてしまいました。

イメージ 2


サッカーの練習をしています。暑いけれど熱いというほどではありません。

久しぶりのいつもの橋から





目的の場所までは、あと少しです。


帰り路
帰りは暗くなり始めていました。










自転車は不具合の発生も無く調子良く走ってくれましたが、帰宅してからコッターピンのナットを確認したところまた緩んでいました。締め込みが足りなかったようです。勇気を出して前日よりもきつく締め直しておきました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事