ここから本文です
自転車徘徊嘘日記
すっごい曲がり角なのだ〜
MTB用のクランク(初代XTR)を使用したことで、組み上げ当初はチェーンラインが適切ではなかったFUJIですが、BBを初代XTR指定の107mmから103mmに変更、リアハブのロックナットの入れ替えでフリーを1mm右に寄せることで、トータル3mm程のチェーンライン調整となり、かなり改善したのであります。

この状態で、子の権現、MOMと走って問題は無かったのでありますが、さらなる調整をしてみました。

2018年5月17日(木)

イメージ 8
厚み1/1.5/2/2.5/3mmの5種類がセットになったハブスペーサーを用意しました。

イメージ 1
ボスフリーを抜きます。組んでから300km程しか走っていませんが、意外に固く締まっていました。

イメージ 2
フリー抜きはサンツアーの四つ爪であります。

イメージ 9
このように使います。ハブとフリーの間に挟んでフリーを外に寄せようという目論みであります。

イメージ 3
計算上は1.5〜2mmを使いたいところですが、ちょっと遠慮して1mmを使うことにしました。

イメージ 4
シマノなんかのスペーサーと比べると少し幅広なので、干渉しないか心配しましたが、OKのようです。

イメージ 5
組み付けました。組む時は手で締め込むだけであります。

組み上げ当初の状態よりフリーが外に2mm寄ったことになります。
イメージ 7
チェーンとガードステーを留めるネジ頭との干渉を心配して、こんなネジも用意していたのですが、

イメージ 6
元のネジでギリギリ大丈夫のようであります。
仕上げにディレイラーの調整をしたのは、言うまでもありません。

2018年5月19日(土)
試走してみました。
実走でもチェーンとネジの干渉は無いようです。
スペーサーを入れた効果の程は、はっきりと違いを感じることは有りませんでしたが、こんなところで許してやっても良いんじゃなかろうか。であります。
と言うことで、FUJIのチェーンライン調整は取り敢えず終了としますです。はい。

この記事に

開くトラックバック(0)

死蔵の一眼レフ用の古いニッコールレンズ達を活用すべく、新システムを導入したのであります。
NEX-7には、一眼レフ用のレンズは大き過ぎてバランスが悪いので、少し大きめのボディーのFUJI FILM X-E2との組み合わせにしました。
先ずはNIKKOR-N Auto 24mm F2.8の試し撮りであります。
イメージ 12


2018年5月15日(火)
武蔵小金井、裏庭
自転車:ZUNOW スタッガードロード
カメラ:FUJI FILM X-E2
レンズ:Nikon NIKKOR-N Auto 24mm F2.8

野暮用で午前中に市役所に行ったついでに、少しだけ徘徊写真を撮ったのであります。
いつもより大きめの画像データにて掲載しています。

イメージ 1
武蔵小金井駅南口の路地
ISO400  F8 1/850s 

イメージ 11
市役所の駐輪場
ISO400  F8 1/640s

イメージ 10
裏庭の遊具 休日には行列の出来る人気スポットであります。
ISO400  F8 1/180s

イメージ 2
裏庭 つつじ広場のポピー 先週よりは花が増えているようです。
逆光ですが、それなりに撮れていますね。
ISO400  F8 1/900s

イメージ 3
何だかピンが来ていないような?
ISO400  F8 1/900s

イメージ 4
寄りも撮ってみました。
ボケ具合は如何でしょう?
ISO200  F8 1/250s

イメージ 5
風が吹いて、思った様な構図になりません。
ISO200  F8 1/300s

イメージ 6
緑も撮るべや
ISO400  F8 1/70s

イメージ 7
定点観測地の一つであります。
ISO400  F8 1/600s

イメージ 8
キャンバス地のテクスチャーも良く再現出来ているようです。
ISO400  F8 1/85s

イメージ 9
パヴェ
ISO400  F8 1/90s

試し撮りと言いながら、絞りはF8に固定しています。これでは試したことにはなりませんね。次の機会には開放からF16までフルに使ってみましょう。

ワタシがブログに掲載している写真は、全てイジリ無しの「撮って出し」(最近こんな言葉も覚えました)であります。

一般的にFUJI FILMのデジカメは発色が良いと言われていますが、どうでしょうか?使用するレンズは影響しないのでしょうか?
FUJI FILMの独自機能であるフィルムシュミレーションは、スタンダードのPROVIAに設定しています。『標準的な発色と階調で人物、風景など幅広い被写体に適す』とのことですが、安物の他社製マウントアダプターを使っているので、この機能が生きているのかは?であります。

X-E2は歪曲収差補正・色シェーディング補正・周辺光量補正などの機能を設定することも出来ますが、何でもかんでもカメラ側で補正するというのは有り難いことなのでしょうかね?
レンズの味を消してしまうじゃないか! とも思います。
ま、古物自転車のパーツと同じでオールドレンズの味だとか言っても、人それぞれの主観でしかないような気もしますが・・・

で、ワタシなりのニッコール24mmの評価はどうなのかと言いますと
「今日のところは、えかったんじゃなかろうか。」
であります。
レンズの善し悪しを云々言えるようなスキルの持ち合わせは無いんだよね〜

この記事に

開くトラックバック(0)

第11回 MOMで富士三昧

第11回 マスプロ車・オーナーズ・ミーティングに参加して来ました。
1年に1回のお楽しみイベントであります。

2018年5月12日(土)
富士北麓公園→霜山・木無山の西側の林道→御坂の天下茶屋→御坂道→河口湖→富士北麓公園
西湖 魚眠荘泊

2018年5月13日(日)
本栖湖

自転車:FUJI OS18
カメラ:SONY RX100

5月12日(土)
朝5時過ぎに家を出発、西国分寺駅にて5時38分着の電車で到着したkemuさんをピックアップ、中央高速に乗ったのが6時2分過ぎ、途中パーキングエリアで小休止を取り、河口湖インターを降りたのが7時20分頃、河口湖駅前のコンビニで昼食の弁当等を調達、集合場所の富士北麓公園には8時少し前に到着しました。
イメージ 1
ちょっと勘違いして、公園下の大駐車場に来ましたが、入り口の門が閉まっています。10分程待って8時を過ぎても開く気配が有りません。上の駐車場が開いていたので、そちらに移動しました。

イメージ 2
なんということでしょう。そこには既に数名の参加者が到着していました。こちらの駐車場が正解らしいです。自転車を降ろして出発に備えます。

イメージ 3
他の参加者も次々に到着しました。

イメージ 4
メンバーが揃ったところで、出発前のブリーフィング。
予定通り9時半頃に出発したのであります。

イメージ 5
駐車場からは、林道の入り口を目指して北の方に向かいます。

イメージ 50
こんなところから、林道に入ります。

イメージ 6
林道の最初の分岐まで登って来ました。

イメージ 7
一休みであります。

イメージ 8
まだまだ登ります。

イメージ 9
富士山が見える場所で、また小休止であります。

イメージ 47
後続を待って

イメージ 10
またまた登ります。

イメージ 11
車が少なく、舗装の状態も良く静かで走り易い林道であります。
再訪したい林道でありますが、デポ地から林道入り口までの裏道ルートが今ひとつ理解出来ていません。

イメージ 14
この日は、好天にも恵まれました。

イメージ 12
富士山と河口湖の見える場所に出ました。

イメージ 13
GOODな眺望であります。

イメージ 15
ホイール越しの河口湖

イメージ 16
ここで昼食をとることになりました。

イメージ 17
昼食後は尾根筋を走った後、一気に下って

イメージ 19
御坂みちにぶつかりました。ここから御坂みちを登り

イメージ 18
天下茶屋に到着しました。

イメージ 20
八重桜が咲いています。

イメージ 21
足下にはタンポポも咲いています。

イメージ 22
ここからは、河口湖越しの富士山が眺められます。

イメージ 23
しばらく休んだ後は、

イメージ 24
河口湖を目指して御坂みちを下ります。

イメージ 25
下りて来ました。

イメージ 48
富士山が見えますが、湖はまだ見えません。

イメージ 26
河口湖畔の道であります。

イメージ 27
また富士山が見えます。

イメージ 28
湖畔のカフェでおやつタイムです。

イメージ 29
頑張ったご褒美に普段は食べない冷たい物を頂きました。

イメージ 30
おやつの後はデポ地に向かい、スバル立体の交差点から富士スバルラインに平行した裏道を走ります。

イメージ 31
車が少なく安心して走れますが、だらだらと登り続ける嫌らしい道でありました。

イメージ 32
デポ地の近くの交差点で後続を待ちます。

イメージ 33
走行距離は約40kmでありました。

デポ地で自転車を積み込み、宿に向かいます。

イメージ 34
西湖の魚眠荘であります。

宿に到着後に、先ずは車から自転車を降ろして二次会場に搬入、6時半からの夕食の前に急いで入浴、夕食後は二次開場に移ります。

イメージ 49
参加者が持ち寄った、夜の健康飲料であります。

イメージ 35
*特別な許可を取って、室内に自転車を並べています。

イメージ 36
各自が自転車の紹介をします。今回のお題はオリジナル車でしたが、オジサンが乗る大概の自転車はギヤ比が大人仕様に変更されていたりするので、残念ながら100%オリジナルの車輛はありませんでした。
因みにワタシのFUJIはフレームのみオリジナルであります。

ああでも無い、こうでも無い、褒めたり、ひやかしたり、ヘロヘロになりながら夜が更けて行くのでありました。


5月13日(日)
二日目の朝は6時半頃に布団から抜け出しました。
イメージ 37
朝の西湖であります。
怪しげな雲が出ています。どうやらお昼頃から雨になるようです。

7時からの朝食後に出発準備をして、8時半に出発しました。
この日の予定は、お天気の状態を考慮して、本栖湖を一周した後に昼食を摂ってから解散ということになりました。

イメージ 38
本栖湖の駐車場であります。まだ富士山が見えていますが、傘雲がかかっています。

イメージ 39
反時計回りに走ります。半袖一枚では寒かったのであります。

イメージ 40
今回も賑やかな集いになりました。

イメージ 41
久し振りにご一緒した方達とも楽しく走ることが出来ました。

イメージ 42
お昼まで時間はたっぷり有ります。立ち止まって、あ〜だこ〜だタイムであります。

イメージ 43
何かネタをかまそうとしています。

イメージ 44
今回の最後の走りとなりました。もうすぐデポ地に到着します。

デポ地で自転車を積み込んで、車でレストランに向かいます。

イメージ 46
一昨年はテラスを利用しましたが、天気が心配だったので室内での昼食タイムとなりました。案の定、食べ終わる頃には雨が降り出していたのであります。

イメージ 45
昼食後に、テラスにて終了の挨拶をして解散したのでありました。
レストランの下の駐車場を12時過ぎに出発、河口湖ICまでの139号線が渋滞していましたが、中央高速は順調に流れていました。西国分寺駅でkemuさんを降ろす頃には雨が強くなって来ましたが、2時半頃には無事帰宅することが出来たのであります。

今回も、例年どおりに楽しい集いでありました。
主催者のkさんはじめ、参加者の皆様ありがとうございました。


この記事に

開くトラックバック(0)

小さな車とか

4月27日のKaoさんのブログにMAZDA R360が取り上げられていたのであります。残念ながらそれは後姿だけでありました。
好きな車でありますので、お顔も見せてあげたいな。ということで、またまた乗っかり記事であります。

2015年10月某日
裏庭
カメラ:RICHO GR DIGITALII

毎年10月に裏庭で旧車イベントが開催されているのであります。このイベントが始まった頃にはシトロエンCXに乗っていたので、参加を薦められたこともありました。
自動車趣味からは足を洗ったので、近年はわざわざ見に行くことも無いのですが、徘徊の途中に通りかかった時に撮った写真があったのでUPしちゃいます。

MAZDA R360
イメージ 1
ほら、可愛い!

イメージ 2
リアウインドウの曲面と簡素なインテリアが素敵です。

イメージ 3
三角窓とファエンダーミラーであります。

イメージ 4
ピッカピカであります。

そして、もう一台 個性的なデザインの
MADZA CAROL
イメージ 5
ほれ、カッコ良い!

イメージ 6
残念ながら後姿だけであります。
小さな車は良いですね〜!

とは言うものの、こんなのも好きだったりするのは矛盾していますかね〜
イメージ 7
ジャギュア〜
Dタイプでしょうか?

そして、その前年に伊佐沼フリマの帰りに裏庭を通った時には、こんなのも居たのであります。
2014年10月某日
裏庭
カメラ:RICHO GR DIGITALII
イメージ 8
ロータス〜
撤収するところでありました。

Kaoさん
無断乗っかり、ごめんちゃい。

この記事に

開くトラックバック(0)

MCPの月例サイクリングに参加させていただきました。
久し振りの峠行きです。
来週のMOMに向けて、チェーンライン調整中のフジで問題無く走れるか、良い試験走行の機会にもなりました。

2018年5月5日(土)
裏庭→箱根ケ崎駅→東飯能駅→県道70号→小瀬戸交差点→350号線→子の権現→395号線→天目指峠→53号線→70号線→東飯能駅→箱根ケ崎→裏庭
自転車:FUJI OS18
カメラ:SONY RX100

イメージ 1
裏庭を7時20分頃に出発します。予定より少し遅くなってしまいました。

イメージ 2
多摩湖サイクリングロードを走ります。出発が遅れて少し焦っていますが、歩行者も居るので、ここでは安全な速度を保ちます。

多摩湖の下からは旧青梅街道でwoods valveさんとの待ち合わせ場所である箱根ケ崎駅に向かいます。途中トイレと水分補給の為コンビニに寄り、箱根ケ崎駅に到着したのは待ち合わせ時間の8時30分を2~3分過ぎていました。ごめんちゃいであります。

イメージ 3
箱根ケ崎駅から東飯能駅まで八高線沿いに走ります。

イメージ 4
集合場所の東飯能駅には9時少し過ぎに到着しました。ここで、輪行組、車載組の方達と合流します。

イメージ 5
天気も良く、暑くなりそうです。駅前のコンビニでスポーツドリンク等を調達しました。

メンバーが揃い、簡単なブリーフィング後に出発します。
参加者は9名でありました。

イメージ 6
飯能の街を抜け、

イメージ 7
県道70号線を走り、

イメージ 8
小瀬戸交差点から350号線に入ります。

イメージ 9
快晴、快調であります。

イメージ 10
怪人ではありません。

イメージ 12
徐々にに高度を上げて来たところで、休憩を取ります。

イメージ 11
今回も色々な自転車が集まりました。

イメージ 42
変な縛りが無い事が、この集まりの良い所であります。とワタシは思っています。

イメージ 13
竹寺方面との分岐まで来ました。

イメージ 14
お地蔵さんの所の日陰で、後続を待ちます。このお地蔵さんの後のコンモリは、富士塚でありました。登りかけたのですが、足首を虫に刺されて退散しました。まだ腫れと痒みが取れません。

イメージ 15


イメージ 16
富士塚の下のFUJIです。

イメージ 17
T部リーダーのシルクであります。

イメージ 18
再出発です。ここから徐々に勾配がきつくなって行きます。

イメージ 19
が、まだまだ序盤であります。

イメージ 20
ハイギアードなロードで登っています。ワタシには真似出来ません。

イメージ 21
ここから最後の激坂300mが始まります。

イメージ 43
一番キツいところであります。
T部さんからいただいた写真であります。

イメージ 22
何とか登り切ることが出来ました。26T×28Tの大人ギアではありますが・・・

イメージ 23
キツ楽しいと言ったところでしょうか

イメージ 24
飲み物1本300円とか

イメージ 25
お寺とは反対側の坂を休憩所に向かいます。

イメージ 26
東側の眺望であります。

イメージ 27
初夏でありましょう

イメージ 28
ここで一回目のモグモグタイムであります。

イメージ 29
参道を子の権現天龍寺に向かいます。

イメージ 30
草鞋をバックに集合写真を撮りました。

イメージ 31
お寺の奥の鐘つき堂のところまで登りました。

イメージ 41
こちらは、スカイツリーと同じ高さからの眺望が売りのようであります。

イメージ 44
背中で語れる男になりたい〜 ってか

イメージ 32
来た道とは反対側に下って、

イメージ 33
395号線を天目指峠に向かいます。

イメージ 34
うんこらしょっと頑張って到着しました。

イメージ 35
天目指峠とは天を目指すような峠のことかと思っていましたが、天目は豆柿という柿の一種で、指とは焼き畑のことだそうであります。

イメージ 36
70号線に向かってバビューンと下ります。

イメージ 37
70号線沿いのターニップで本日二度目のモグモグタイムであります。ローディー御用達で有名なオサレな店であります。

イメージ 38
モグモグタイムの後は、70号線で東飯能駅を目指します。

イメージ 39
街まで戻って来ました。
東飯能駅で解散後は、H塚さん、woods valveさんと箱根ケ崎まで走り、朝と同じ道を家路に就きます。

イメージ 40
少し暗くなって来た6時40分頃に裏庭に無事到着。
総走行距離120〜130kmくらいでありました。

リーダーのT部さんはじめ、参加された皆様ありがとうございました。
楽しい一日を過ごさせて頂きました。
また宜しくお願いします。

久々のロングの峠行きで走り切れるかちょっと心配していましたが、無事に完走出来ました。
FUJIも手で締めたヘッドのロックナットが緩んだだけでノントラブルでありました。これは、走りながらでも締め直すことが出来るので無問題であります。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事