@Vengineerの戯言

皆さんに、マルチコア、GPU、FPGAに関する情報を伝える ポータルサイトです。

HLS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


「高位合成をディスカッションする会」のフィードバックの結果として、
参加者全員(20名)からアンケートをいただきました。

  事前に積極的にディスカッションをやっていただける方限定でしたので、
  大枠では、「本企画は良かったようです」
  ただし、

   ・1時間5分x2では、時間が短かったこと。
   ・高位合成と言うお題ですが、それでも範囲が広かったこと

  のようです。

  また、このような企画が土日や平日の夕方に開催されても多くの方が参加したいと

  いうことでした。

人数制限をしたのは、部屋が狭かったからです。来年はその点を改善したいです。

時間は短いのは他のセッションにも参加できるようにしたためです。
来年は、もっと長い時間ディスカッション出来るようにしたいと思います。

お題については、何にしましょうか?

また、当日、お手伝いしていただける人を募集したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)


本番が終わったのここで終わりというわけにはいきません。
皆さんからのフィードバックを受けて、来年の企画に反映したいです。
参加していただいた皆さんには、
    ・参加する前はどんな気持ちだったか?
    ・参加してどうだったか?
と「高位合成をディスカッションする会」の前後の感想をメールでいただくようにお願いしました。

また、交流会や二次会では、参加していただいた方と直接お話をしてフィードバックをいただきました。
総じて、よかったということでしたが、やっぱり時間は短かったようです。
DSF検証研究会も同様に時間が短かったようで、
午前のセッションと午後のセッションブチ抜きでも良かったようです。
皆さん、話し始めれば、止まらないのですよね。

オープンの場でのパネルディスカッションでは味わえない感覚を今回は実感できたのだと思います。

実は、そこが今回の特別セッションの狙いなのです。
オープンの場では話せないが、閉じた場で限られた人と話せるのであれば、皆さん盛り上がるのです。
交流会などの酒の席では盛り上がりますが、その後、忘れます。なぜなら、アルコール入ってますから。

また、違う組織の人達とじっくりお話しする機会って、積極的に作らないと無いんです。
今回の「高位合成をディスカッションする会」はそういう場の一つになってもらいたかったのです。

私のブログに2011年2月2日に書いたエントリーです。
特定ツールのユーザ座談会
こういう企画を普通に欲しいですよ。

そうそう、

コミュニティーが無い

という意見がありました。

無いんではないんでしょう。そこに行かないだけなんですよ皆さん。

サラリーマンエンジニアはそれでいいですよ。お賃金のためだけにエンジニアをやるだけで。
でも、人生の多くの時間をエンジニアとして過ごすのですから、もっと楽しみましょうよ。

人生のは短いです。本当に短いです。
多くの時間は自分の意思で決められます。
決められないと思っているには、自分で決めていないからです。

自分でやりたいこと、決めて、やりましょう。


私が休暇でセミナーに行くと言うと、どうしてって聞かれますが、

「お仕事」ではなく、「趣味」だから

行くのです。

趣味ならお休みの日とかにいろんなところに行きますよね。そんか感覚なのです。

ちょっと脱線しましたが、フィードバックはまだまだ続きます。

この記事に

開く コメント(0)


いよいよ本番です。開始時間が10分遅れましたので、下記のように午前のセッションを修正。
午前のセッション:11:010〜12:15

11:10-11:15、当日のスケジュール等の確認
11:15-11:50、各チーム内で自己紹介(各自1分程度で)
11:25-12:05、各チームでディスカッション
12:05-12:15、各チームでのまとめ
      A4の紙を用意しますので、まとめを書いてください。
      まとめについては、午後のセッションの開始に全体でシェアします。

当日のスケジュール等の確認の最初に私の自己紹介をしたら、2分超過してしまいました。
3チームでしたが、Bチームが9人になってしまったので、ここを2つに分け、4チームに変更。

11:17から10分間各チーム内で自己紹介をしていただき、ウォームアップを。
11:27から12:05の約40分、ディスカッションです。
この間、私は会場を離れ、担当のセッションへ。

40分後、まとめ時間になった頃、会場に戻り、まとめ用にA4用紙を配りましたが、
ディスカッションは続いていました。
残念ながら、次の三好さんのSynthsijerチュートリアルがあるので一旦中断です。
まとめたA4用紙を回収し、午後のセッションへ。

午後のセッションは15:25からなので、
まとめA4用紙の内容をプロジェクターに投影できるようにKeynoteに入力を。
書いてある内容は各チームによって違いますが、
HLSを経験してきた人にはとってもお馴染みな内容です。

午後のセッションのスケジュールをちょっと変え、最初と最後は私がやりました。
午後のセッション:15:25〜16:30

15:25-15:35、午前のセッションでの各チームのまとめをシェア
15:35-16:15、シェアした内容について、
       再び、各チームでディスカッション
16:15-16:25、各チームのまとめ
      A4の紙を用意しますので、まとめを書いてください。
16:25-16:30、全体のまとめ

私は議論の輪には入りませんでしたが、
午前と同様、ディスカッションはかなり盛り上がり、やっぱり時間が足りなかったようです。
本当は1時間30分から2時間を2セッションやりたかったのですが、
そうするとお昼休み以外ずーとになってしますのでやめましたが、1時間半ぐらいは必要でしたね。

この点は来年の企画に反映したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)


今回の「高位合成をディスカッションする会」は、長年やりたかった企画です。
いろいろなところで、「特定技術、ツールのディスカッション」を提案しましたが実現できず。
今年やっとできたわけです。なので、私の思い入れはかなり大きいです。

Desigm Solution Forum 2014の申し込みが始まった8月20日から申し込み状況をチェックし、
15名の定員を超えた頃から申し込みをしていただいた方々に会の趣旨をメールし、
積極的にディスカッションしていただけるかを確認。出来ない方はキャンセルしていただきました。

また、皆さんには、

「参加して何を得たいか、期待しているか」

を参加確認メールにて返信していただきました。

返信していただいたメールを確認し、
皆さんが「得たいもの、期待している」をカテゴライズした結果、
全体でディスカッションするより何チームに分けてディスカッションする方がいいと思い、
4つのカテゴリー分けをしました。
皆さんには、どのカテゴリーについてディスカッションしたいかのメールを送りました。

カテゴリー分けの返信メールから最終的には3つのチームに分けて、ディスカッションすることにしました

チームでのディスカッションになりましたので、当日のスケジュールを次のようにしました。
午前のセッション:11:00〜12:05

11:00-11:05、当日のスケジュール等の確認
11:05-11:15、各チーム内で自己紹介(各自1分程度で)
11:15-11:55、各チームでディスカッション
11:55-12:05、各チームでのまとめ
      A4の紙を用意しますので、まとめを書いてください。
      まとめについては、午後のセッションの開始に全体でシェアします。

午後のセッション:15:25〜16:30

15:25-15:40、午前のセッションでの各チームのまとめをシェア
15:40-16:20、シェアした内容について、
       再び、各チームでディスカッション
16:20-16:30、全体のまとめ
      A4の紙を用意しますので、まとめを書いてください。

スケジュールについても参加していただく皆さんに事前にメールしました。

前日(木曜日)には、いよいよ明日です。というメールに、
今週の「高位合成をディスカッションする会」関連エントリ、4つのURLを加えて。


ということで、今回は事前準備をシッカリしたのです。

この記事に

開く コメント(0)


昨日のDesign Solution Forum 2015は、台風が変身した強烈な低気圧の影響で朝から大雨。
4時頃目が覚めて、外みたら、ざーざーの雨。
新横浜まで無事着けるかなーと思い、鉄道運行情報見たら、新宿湘南ラインが運休。
ということは、上野東京ラインの直通も無くなるということで、かなり怪しくなってきた。
とりあえず、朝食とって早めに出ることに。

アメッシュで雨雲の確認をしながら、いつもより20分ぐらい早く外に出たら、なんか雨終わり?
傘を持っていくかどうか悩んだが、アメッシュによると雨雲の通過したみたいで、傘なし決行。
新横浜の駅からホテルまでの間に雨が降らなければ、傘要らないし、
地下鉄の出口からはそれほど距離が無いので、賭けに出ました。

上野で乗り換え、東京駅から東海道線。横浜に着いたのはいつもより10分ぐらい早い時間。
でも、まだ雨降っていました。東神奈川まで京浜東北線で行き、そこから横浜線。
新横浜に着いたら、雨もほぼやんでいて、賭けに勝ちました。まだ時間があったので、コーヒータイム。
(30分遅れていたら、宇都宮線運休に巻き込まれ、その後、上野駅の激混みに飲み込まれたかも。
MCの女性がそれに巻き込まれて、遅れてきました。いやー。基調講演をお願いしました坂本さんも巻き込まれて、講演時間開始を15分遅らせました。)

コーヒータイムに、プロジェクターに移すための資料をサクッと作成し、8時頃会場入り。
早速、4Fの「高位合成をディスカッションする会」の部屋をチェック。
必要なものはあることを確認。3チームに分けたので、椅子を移動し、説明用の資料に追加。

その後、実行委員メンバー、事務局、当日お世話になる人と雑談し、9時から準備開始。
ここまでずーとAccuRadioで洋楽ヒットチャートをストリーミング。
Apple MusicやGoogle Play Musicなんかーいりませーん。
これを書いている時も、AcduRadioを。

「高位合成をディスカッションする会」のモデレータだけでなく、
「Soft&FPGA」のセッションも担当なので、MC、会場係の方と打ち合わせ。
基調講演で坂本さんの「日米差」の面白いお話をリモートのスライドを見ながら聴きました。
エンジニアやっていてよかったというのを実感。
エンジニアをやっていたから、「高位合成をディスカッションする会」を実現できたのですから。

基調講演の開始時間が15分遅くなりましたので、
「高位合成をディスカッションする会」は10分遅れで開始に。

皆さんにチーム毎の椅子に座ってもらい、いよいよ「高位合成をディスカッションする会」開始です。

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事