人生いろいろ

せなぱぱさん、ありがとう。3年ぶりのブログです。これからまた、宜しくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

サブマリン投手

イメージ 1


スカパーフジ・「プロ野球ここだけの話」。
テーマは、「サブマリン投手」

ゲスト・山田久志さん・松沼博久さん・渡辺俊介投手。


●サブマリン投手になったきっかけは?
●山田さん
僕は元々、三塁手だったの。高校二年まで。
サヨナラエラーやってね、その日のうちに「お前、クビ。投手やれ」。

高校を卒業して、岩手の富士製鉄釜石という会社に入って。
そこの監督さんに、「お前、このままじゃダメだ。横から投げてみたらどうか」って言われたの。
それが、キッカケですね。

もしエラーをしなかったら投手になってなかったかもしれないし、釜石に入ってなかったら下手投げになっていなかったと思う。「その後の山田」も、なかっただろうね。
たまには、エラーもしてみるもんだよ(笑)。

●松沼さん
僕も高校二年までは内野手でした。
監督さんから投手やれ、って言われて転向したんですけど、全然、ストライクが入らない。
たまたま、先輩に下手投げの人がいたので、見よう見まねでやってみたら、コントロールが良くなった。
「これならいけるかも」ってなって、そのまま・・でした。

●渡辺俊介
僕、立位体前屈が得意なんですけど、それで小学生の時、親父から「横から投げてみろ」と言われたんです。

と言っても、当時はまだ山田さんや松沼さんの映像を観るチャンスもなかったので、誰を参考にしてマスターしたらいいのかわからない。
近所の草野球のおっちゃんに下手投げの人がいて、それを手本にしたりもしましたよ(笑)。

野球カードって、あるじゃないですか。
あれで、杉浦忠さん(南海)のカードを貰ったんですけど、もう、衝撃でしたね。
ボールをリリースする瞬間の画なのに、右足が地面にピッタリ着いているんです。
「なんて凄いフォームなんだ。どうしたらこんな投げ方が出来るんだろう?」って、一気にアンダースローに興味が湧いてきたんです。
その後、山田さんのフォームの映像も見られるようになって、「下手投げにも格好いい人がたくさんいる!」って感激して、このフォームで行こうと決めました。



イメージ 2


●「これぞサブマリン!という投手を3人、挙げてください」
●「杉浦忠・秋山登・皆川睦男」(山田さん)
僕らの世代は、野球を始めたころのスターって言ったら、立教の杉浦さん・長嶋さんだった。
この世界に入ってお会いした先輩方のなかで、会うときに緊張したのって、杉浦さんと長嶋さんだけだったね。

杉浦さんはもう、別格やね。
カーヴなんて、大袈裟にいうと「ベースを巻いてくる」んだから。

野球界の先輩ってのは、みんな意地悪なの。
なにか教えてって言っても、誰も教えてくれない(笑)。
でも、杉浦さんは本当に優しい人なのね。なんでも教えてくれた。
「ヤマ、腕の振りはこうやぞ、手首の角度はこうやぞ・・」。
カーヴを教えてもらったのも、杉浦さんでした。

秋山さんはね、格好いい投手でしたね。
「サブマリン=17番」のイメージの元祖ですよ。
「17がほしいなぁ」って、思ったもんね。秋山さんがキッカケだったんですよ。

皆川さんは、スピードはないけど打たせて取る名人。
優しそうなイメージなんだけど、実は意地悪なんだよ(笑)。何も教えてくれなかった。
あの人、山形でしょ? 僕が秋田だから、ライヴァル意識があったんじゃないかな。
プロでも、同じ関西の電鉄同士だったしね。

●「杉浦忠・山田久志・金城基泰」(松沼さん)
山田さんは、僕らにとってみたら神様。
でも杉浦さんは、さらにその上を行くような存在(笑)でした。

金城は凄かったですね。バックスイングが大きくてね。
彼よりも大きく腕を振ろうとしてみたんだけど、出来なかった。
本当は、後ろは小さいほうが理想なんだけど、彼は大きく大きくだった。

「でもそれが金城の弱点だった。バッターから見ると、ボールの握りが全部見えるから、それで球種がわかるんだって。プロのバッターってすごいんだなって思ったね。でも速かったよね、金城は」(山田さん)

あとは、高橋直樹さんとか、右ではないけど永射保ですかね。
左バッターはみんな、誰も打てなかった。レロン・リーなんて、右打席に入ったんだから。

●「杉浦忠・山田久志・仁科時成」(渡辺俊介)
プロに入った時の投手コーチが仁科さんだったので、最初はよく真似をしました。
左足を掛ける独特の投げ方なんですけど、真似出来なかったですね。


●「シンカー」
●山田さん
カーヴと真っ直ぐだけじゃシンドイなぁと思うようになって、シンカー投げたいなぁ!ってなったのね。
それで、杉浦さんに聞きに行ったの。
そうしたら、「俺悪いけど、シンカー投げないんや」と。
あの人は、真っ直ぐとカーヴしか投げなかった人なんだよね。

それで皆川さんに聞きに行ったら、教えてくれない。意地悪なんだ(笑)。
阪急の先輩の足立光宏さんと言う人がいたんだけど、教えてって言ったら「ダメ!」(笑)。
仕方ないから、独学でマスターしましたよ。

ムキになってシンカーを投げに行ったのは、落合(博満)だけ。
清原にはね、実は一回も投げたことがないんです。
全部、真っ直ぐ勝負。

だから、清原のコメントはショックだったね。
「シンカーを打った」って。
真っ直ぐに力がなくなって、自然に落ちてただけなんだよ。
「ああ、俺も衰えたのかな」って、思ったね。

●渡辺俊介
僕もシンカーを覚えたくて、高津さんとか葛西さん・川尻さんなんかに聞きに行ったんです。
でもなかなか、マスター出来なかった。
高津さんには、「お前のフォームじゃ無理」って。

でも、山田さんにお会いしたとき、「シンカーは低めに投げるボールじゃない。高めから落とすんだ」って言われて、それからシックリ行くようになりました。
バッターに「チャンスボールだ!」と思わせる高さへ投げて、ほんの少し落とせばいい、と。

昨年は、その「落ち際」を狙われてよく打たれたんですけど、だから今年は逆手にとって、シンカーを投げずに真っ直ぐで勝負した。
そうしたら今度は、フライアウトの山になりました(笑)。

●松沼さん
僕にとってのシンカーは、逆に「低めに投げたい時に使うボール」でした。
勝手に沈んで、低めに行く。
晩年なんて、130球投げるとしたら100球くらいがシンカー。
それで3年くらい、生き延びました(笑)。


●ブルペンの練習中に、山田さんのフォームを真似して投げてみたことがあるんです。
そうしたら審判の方に、「いまの、二段モーションじゃないか?」って言われた(笑)。
「このフォームは、284勝をマークした山田久志さんのフォームですよ」って言ったら、みんな突然何も言わなくなって・・(笑)(渡辺俊介)

●いま、ぼくのフォーム(映像)を観て思うこと?
綺麗だねぇ。いいフォームだねぇ・・(笑)。
でもお客さん、入ってないねぇ・・(笑)。
もう少し、入ってくれても良かったよね・・。(山田久志さん)



「カーヴの正しい投げ方は、山田さんに教えてもらいました」(渡辺俊介)
「僕がカーヴを教えてもらったのは、杉浦忠さんだった」(山田久志さん)

杉浦忠→山田久志→渡辺俊介。
素晴らしき「野球の伝統(伝道)」に、ただただ、感動です。


イメージ 3


「山田久志・深沢恵雄・仁科時成・高橋直樹・松沼博久・金城基泰・渡辺俊介」
私が「実際に見た、尊敬する(思い出深い)サブマリン投手」は、この7人。
「7人のサブマリン(侍)」・・ですね。

一番「格好いいな」と思ったのは、「南海ホークスの21番」だった、金城さん。
無論、「いま一番大事に思う投手」は、俊介ですけど・・ね。

山田さんはやっぱり、「別格」だな。
もちろん、杉浦忠さんも。


閉じる コメント(10)

顔アイコン

「7人のサブマリン(侍)」!・・・座布団1枚  ̄― ̄)ノ〜■
山田さん♪格好よかったよねぇ〜〜〜〜、、、、高橋直選手は後楽園に通ってた頃何度か見たなーーー

2011/12/31(土) 午前 7:59 おいやん 返信する

顔アイコン

サブマリン投手ってみんなパリーグで活躍した投手ばかりですね!

渡辺俊介投手には少しでも長く活躍してもらいたいところです。

2011/12/31(土) 午前 11:48 [ ゴロー ] 返信する

顔アイコン

日本プロ野球における歴代の「サブマリン」を挙げてみると、7〜8割がパ・リーグ、2〜3割がセ・リーグという割合になると思います。それだけパ・リーグは「サブマリン王国」であり、甲府さんが実際に観たのが全てパ・リーグで活躍した人たちであることもそれを証明していますね。

山田久志さんにとって、大先輩である杉浦さんや皆川さん、秋山さん以上に、一寸だけ話題に出た足立光宏さんの存在と影響が大きかったのではないかと思います。
金城基泰さん、数年前に「プロ野球70年」を記念したテレビ番組で、「カープ初優勝の胴上げ投手」として登場して以来消息を聞きませんが、今はどうしていらっしゃるんでしょうか?

2011/12/31(土) 午後 0:05 [ mannennetaro2005 ] 返信する

顔アイコン

>おいやんさま
ベタなネタでお恥ずかしいです・・(苦笑)。
談志師匠だったら、座布団没収でしょうね。

後楽園も東京のファイターズも、なんだか「遠い遠い昔」になりましたね。

2011/12/31(土) 午後 7:00 くさちゃん 返信する

顔アイコン

>ゴローさま
意識したわけでは全然ないのですが、「パリーグの人ばっかり」に・・ですね。

渡辺俊介には、歴代の偉大な投手の皆さんのDNAが入っています。頑張ってほしいですね。

2011/12/31(土) 午後 7:01 くさちゃん 返信する

顔アイコン

>mannennetaro2005さま
今年は正直、何度も「もうブログは止めよう」と思ったのですが、寝太郎さまやハム太郎さんと野球談議が出来る場所はここしかないのだ・・という思いだけで、踏みとどまりました。
今年も1年、素晴らしいコメントばかりお寄せいただき、本当にありがとうございました。

「パリーグ8割」。びっくりです。
「日本がアメリカに伝えた野球文化。もっともっと増やしたい」と、山田さんが仰っていました。
「ベスト3」に足立さんが入っていなかったことは驚きでした。著書では、「頼み込んで”握り”だけは教えてもらった」(シンカー)という記述があるくらいですから、間違いなく「影響度大だった先輩」であることは間違いないと思います。

金城さん。どうなさっているのでしょうか。
小学生の時に雑誌で見た、「素晴らしくダイナミックかつ美しいフォーム」、今でも鮮明に覚えています。

2011/12/31(土) 午後 7:07 くさちゃん 返信する

この番組見たかった。サブマリン投手は世界に誇る日本の宝ですね。

2012/1/1(日) 午後 9:31 スリング 返信する

顔アイコン

>スリングさま
むかしは、もっともっと下手投げ投手っていましたよね。
いつのまにやら「絶滅危惧種」のようになってしまいましたが、仰る通り「日本が生んだ野球遺産」です。

後継投手の出現、期待したいと思います。

2012/1/2(月) 午後 10:27 くさちゃん 返信する

はじめまして。この記事面白かったです。勝手ながら、「お気に入り登録」をさせていただきました。私は自分の頭を使うのが苦手なタイプなので、コピー記事が中心ですが、ご訪問ありがとうございました。私のblogはプロ野球だけではないのですが、でも、やはり、パ・リーグが好きですね。よろしくお願いします。

2012/1/11(水) 午後 8:04 [ 秀和 ] 返信する

顔アイコン

>秀和さま
大変に遅くなってしまいました。
ご無礼、誠に申し訳ありません。

ご訪問いただいただけでも光栄ですのに、コメントやご登録まで。
本当に、ありがとうございます。

稚拙極まりない阿呆ブログですが、今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

2012/3/11(日) 午後 11:46 くさちゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事