ここから本文です
Silly snufkin - 尻砂ブログ
新潟県を拠点に活動しているアコギユニット「Silly snufkin - シリースナフキン」です
 −○○らて〜、というのは「○○だよ〜」「○○だぜ〜」というニュアンスの代表的な新潟弁です。なので「そらて」というのは、オリンピックでカーリング女子選手が有名にした「そだネ〜」とおんなじような意味。−−かな(笑)??。。。

 さてさて。昨年に引き続き第二回目となる今回の町屋音楽祭。さまざまなジャンルの音楽を村上特産のお酒と新茶で楽しもう!、という企画です。

 今年のライブはyoppiiiが通ってた新発田のタップダンス集団「Studio blue」の渡辺”チルチル”千鶴さんとご一緒。前半の時間をいただいてシリスナの演奏後チルチルさんとコラボしようという。「ダンスとコラボ」というmasaの夢がひとつ叶う!。

新潟県村上市大町4-1
tel:0254-52-6035
−町屋の風情溢れる空間で、お食事や休憩時間をお過ごしいただけます−

イメージ 2











 三日間に渡って開催のこのイベント。シリスナは中日の6月3日(日)、一番のコンディションで演奏させていただきましたよ。
イメージ 3

 PAはおなじみyukiさん(後ろ姿だけですいません汗!)。安心のお任せ状態(笑)です。

 おかげさまで「Studio blue&シリスナ」の頃にはイスも埋まっていっぱいのお客様になりました〜。ありがたやありがたや(笑)!



イメージ 4イメージ 5










 時間の都合で聴けずでしたが、さくちゃん率いる「村上ボッサクラブ」。指を怪我してた茶太郎さんが退院、リハビリ?兼ねてさっそくドラムを叩く!という写真。素晴らしい、けどムリはしないでね〜。。

イメージ 6イメージ 7











 yukiさんのバンド、Blend。久しぶりに聴くクラプトンは、アコギの音がまた心地よくってね〜(笑)。

イメージ 8イメージ 9









イメージ 10





 この日のシリスナは3曲と少なめでしたが、なんだかとっても充実感(笑)。特にラストはチルチルさんとのコラボで楽し嬉し。

イメージ 11












イメージ 12イメージ 13





 



  

 そして後半はメインのStudio blue。タップの中に約1名盆踊りが(笑)。。。

イメージ 15



 やーーっぱりこの子達にはかないませ〜ん。めちゃかわいかったです!!。






イメージ 14

 チルチルさん、Studio blue の皆さん、PAのyukiさん、関係者の皆様、

ありがとうございましたぁ!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事