minatocycloのブログ

趣味人生に乾杯!。船模型、自転車・ランドナー。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全154ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

igou 400 submarine

oya???,mada toukou ga dekimasune .
demo kanjihenkan ga dekimasen
saigoni igou400sensuikan no gazou toukoude simekukutte mimasu.
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

shinsuishiki  ha owatteimasuga madamada komakai tokorowo bochibochi tukutteimasu.
soredeha minasann nagaikoto arigatougozaimashita.

あり???、今度は漢字変換可能になっていました。
パソコン側かな?。
まあ最後の投稿になると思いますので今までのお付き合いありがとうございました。
まだ慣れないFC2に引き続き投稿しますのでよろしくお願いします。


ちょっと羽田空港へ

羽田空港まで・・・お迎えに行ってきました。
空港まで新横浜から京浜急行のリムジンバスです。
イメージ 1

現役の頃はほとんど毎日羽田空港に行っていましたがお客で行くのは初めてです。
空港について発着ボードを見ると一時間半ぐらい遅れて到着のようです。さ〜てどうして時間を・・・。
仕事では何度も訪れていましたがゆっくり時間をかけて国際線ターミナル、国内線第一、第二ターミナルを回ってみました。

イメージ 2

国際線ターミナルは日光江戸村じゃなくて羽田江戸村のようですね。
時間はたっぷりありますのでゆっくり見て回りました。
イメージ 3
 このミッキーマウスを写している人がたくさんいました。
イメージ 4

各ターミナルの展望台にあがって飛行機の発着も眺めていました。
結構風が強く着陸は腕の見せ所ですね。

そんなこんなで「おのぼりさん」であちこち見て回り、無事にお迎えして先ほど帰宅しました・・・というお話です

そして多分今回でYahooブログの書き込みは最後になると思います。
終了後はFC2の方で細々とやっています。
お暇を見て今までのようにお声がけいただければ幸いです。

丸窓のほかに中央部に角窓も有ります。
そこで折れたヤスリで基になる長四角をつくり、丸窓と同様な感じにしました。
イメージ 1

イメージ 2

甲板の木甲板を作り始めました。
甲板色を塗装してから鉛筆で1mm間隔で線を引いてみます。
正確な間隔ですべて引けるとは思いませんでしたが・・・やっぱり精進が必要ですね。 間隔も難しいのですが線の強弱の具合も難しい・・・
イメージ 3

イメージ 4
でも雰囲気はよさげですのでこれで進めてみたいと思います

Yahooブログもそろそろ書き込みが出来なくなりますね。
慣れたブログ、また親交を持てた方々とさびしい気持ちですがこれからもよろしくお願いします。

月末のミーティングに備えて久しぶりにデモンタ君を引っ張り出しました。
今度のお題はデモンターブルです。
イメージ 1

これは何としても参加しなくてはイカン、と時間をみては磨いたり整備をしていました。
「危険な暑さ」・・・こんななか短時間ですが久しぶりの試走行です。

どんなに暑い時にでも涼しげな風が吹き抜ける某所です。
イメージ 2

今回も期待を裏切らず汗ばんだ体が生き返るような涼風です。
あまりの気持ちよさに近くの日陰でお茶を飲みながら30分ちかくゆっくりしてしまいました。
帰り道、農家の野菜直販で胡瓜とトマトを買ってきました。冷蔵庫で冷やして先ほど食べました・・・うまい

そしてデモンタ君も快調、来るミーティングが楽しみです。
日が照っていたと思ったら雨が強く降ったり台風のお天気でしたね。
風は有るのですが何分にも湿度が高く蒸し暑い一日でした。
せっかくのお休みですが、こんな時は船模型が進みます

船側の丸窓です。
龍田丸クラスは船側の黒色塗装部は大体丸窓です。

イメージ 5

船側の丸窓は難しい・・・ただ単に穴を開ければよいはずはなく、どう作ろうか迷うところです。
日本郵船博物館の浅間丸は縮尺も大きいので正確に作られています。ガラスの内側、船内は明るい青色で塗られているようです。
素晴らしいですが、縮尺の小さいモデルには同じような工法ですとオモチャっぽくみえそうな気もします。

小さい縮尺であれば丸穴自体だけでもよいかと思いますが1/200の縮尺では・・・どうしたもんか???。

それで昔、1/100で作った松型駆逐艦でもやってみたことがある針金で丸窓を表現してみることにしました。

こんな具合に真鍮線を1.8mmほどのドライバーに巻き付け焼き戻しをしてから細かく切断します。
イメージ 1

イメージ 6


イメージ 2

できた〇はこんな具合です。
銅線の方が柔らかくて (多分焼き戻しはしなくてもOK) よいのですが手持ちが有りませんでした。

船図を基に丸窓の位置を決めていきます。作ったのは喫水線上3層の丸窓ですがバランスよく正確に位置決めは結構たいへんでした。
イメージ 3

最後に〇を貼っていきます。下2層の丸窓は一回り小さいので径の小さいドライバーでまたひと頑張りです。

全体的にはヤスリを当て丸窓自体をもう少し凹凸感の無いようにします。
イメージ 4

丸窓の数はほぼ正確ですが、正確にするとゴチャゴチャして迷ったのですがとりあえずこれでっ作ってみます。
リベットをたくさん打ち込んだオモチャ感が出なければよいな〜と思っています。

全154ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事