ここから本文です
るるのヴィクトリアン創作ノート
ヴィクトリアン系のおとなかわいいキルト雑貨を制作、その日々の記録です(^^♪
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


フランスの手芸家、セシール・フランコニィさんの魅力的な作品。

オリエンタルな雰囲気でした。
多種多様なリボンを使ってのリボン刺しゅう。
とても参考になりました!


イメージ 6
イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

一月ドームで行われるキルトに展は
初回からの常連客なのですが、
スプリングマーケットには、はじめて行ってきました。
ついつい、
いろんなものを買い込んでしまったのですが、
その中の一つは、ポコアポコさんのブローチ。
マダム・ルポゼというタイトルで、
ルポゼとは
フランス語で(ゆったり)とか(のんびり)とか?の意。
担当の方が着けていて、
とても素敵だったので、買ってしまいました。
イメージ 1
キットはもちろん一体だけです。

企画展示は「パリ 針の祭典」の人気作家
セシール・フランコ二ィさんの作品展示でした。
数枚写真を撮ってきましたが、
まだ、未整理です。

帰宅後、疲れて爆睡。
ほんのちょっぴり、針を持ちました。
イメージ 2
ポーチ内側です。

イメージ 3
イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

今日は東京ドームのプリズムホールで開催されている
スプリングマーケットに行く予定ですが、
お天気がの予報。。。
でも、午後から行きます!


製作ほぼ完了のポーチの内側に
すみれの刺繍をしてみました(すみれに見えない?)
イメージ 1
5番刺繍糸でざっくりと・・・


突然、のベルが・・・
プリズム会場のMちゃんから
まったり、これから出かけるので会えないわね。。。
残念


イメージ 2
イメージ 3


この記事に

開くトラックバック(0)

心地よいお天気
イメージ 1



まるで、ゆりかごの中にいるような
やさしく、美しい🎥でした。

ターシャの絵本とコギーガーデン。
ターシャや息子、孫たちのナレーション。

長い年月、ターシャのこだわりの選択で
築かれた暮らしであったと教えられます。

このドキュメンタリーは
日本のスタッフで制作されたもののようです。


イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

アマゾンで👇の📕を買って以来、

楽しみにしていた個展に行って来ました。

イメージ 3


イメージ 1

イメージ 2





📷が下手ですみません。
80番の白レース糸を14番の針で編み、
染色、コーティングという過程を経た
小さな花々。
何層も重なっていて、とても(小さいけれど)豪華!

詳しくは
https://www.instagram.com/lunarheavenly/
でご覧下さいね。


中里華奈さま
素晴らしい作品見せて頂き、
ありがとうございました。

個展の会場は作品にふさわしく
瀟洒な雰囲気でしたが、


はじめて行った
市営横浜線のセンター南は、

大きな大きな美しい街でした!
圧倒されました。


イメージ 4
イメージ 5





この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事