ケンジの人々

5月7日、20万Hits御礼!!最後なので自分で踏みました

全体表示

[ リスト ]

Stand by me(樺太紀行15)

スズキの4駆で旧国境まで爆走したケンジ、タケシダヨ、マリナの3人は、同地点を折り返し、
スミルノフの町にやってきました。日本名は気屯。
「ここで、降りて下さい」マリナちゃんが少し不安そうに言いました。
はーあ!まだ昼前かあ!ここで半日暮らせっちゅうことね。

「そうです。しかしここはムーラです。特に見るものもありません。ムーラでは、日が暮れたら、
危なーいよ」彼女は田舎という言葉を使い慣れていないのか、田舎のことをムーラ(村)といいます。
しかし危ないて盗賊でも出るん?「はい。いろいろ出ます。」
いろいろ出るて、魑魅魍魎でもおるのんかいな?最悪飯食って駅で待ってたらエエでしょ。
「駅は、入れないよ!」

イメージ 1

げ!ホンマや!鍵掛かっとぉやん!こんなん何のための駅やねんな!
「私、モーテルの着いたレストランを見つけました。それがここです。交渉してみましょう」
部屋は空いてないけど、夜中まで重たいカバンは預かってくれることになりました。
とりあえず身軽になったので昼食をば。

小さい街のモーテルの着いたレストラン、というよりパブといった風情。
裏にはスーパーマーケットも一緒になっています。もしかするとこの街一番の盛り場?
樺太はロシアやのうて日本や!なんて言うてますが、この小さな町は何か西部劇を思わせます。
保安官でも入って来おへんかな?

西部劇、と言うても、ここの食事はアメリカより全然美味しいです。
敷香にしても、素朴な味ではあったけど、素材の質が米国や、南洋の島々とはレベルが違います。
スーパーへ行っても、新鮮な野菜や果物の色など、日本の大手よりエエ色してるかも?
思ったより豊かな島なのかも知れません。

壁に大きなテレビがあり、オリンピックの中継をやっています。
「ロシアは、今回弱いです・・・」「マリナちゃん、ロシアが弱い時は韓国を応援したりしないの?」
「応援?・・・しないよ。お父さんは、韓国の伝統を守るけど、私は心、ロシア人」
そうかあ。何となく複雑な物を感じました。

前にも言うた通り、彼女のお爺さん達は樺太へやってきた時「日本人」でした。
その名残は今でも随分残っているし、彼女も彼女の姉さんも、日本語を使うて仕事をしているとしても、
彼女達はもう日本人でないのみならず、元の血筋である韓国も忘れようとしているのか。

今年はブラジル移民100年。日本で暮らせないから地球の反対側まで移住した日本人は、
100年経っても遥々やってきます。
イタリア人の妻はオーストラリアのパースで、プチトマトをにんにくとオリーブオイルに漬けた
お惣菜を見つけ「これシチリアと同じ味や!」と喜び、街で聞くイタリア語がシチリア訛りなのに驚きます。

少なくとも我々の知る範囲では、海外へ移住した人はむしろ本国の人より祖国のことを強く思うもの、
と言う認識があります。しかし朝鮮人は例外かも?
夫婦共通の友人に、北朝鮮国籍の女性がいました。北の籍では不便やから韓国籍に替え、
更には日本国籍に替え、ドイツ人と結婚して、今はドイツ人になってドイツに住んでいます。
余談ですがウチ夫婦と彼女が並ぶと、日独伊三国同盟!

しかしその一方、国籍そのままで参政権よこせ!なんて奴もいるけど、
そういう奴こそ住んでる国に溶け込んで欲しいですわね。いや溶け込まんでもエエから帰ってくれ!

食べ終わって、トイレへ。宿がないとなると、女性にとっては特に清潔なトイレは旅の重要な要素。
次いでスーパーへ。「ビール、飲みませんか?」ハ〜イ!
樺太へ来てからは専ら「バルチカ」という日本人の好きそうな名前のビールを飲んでいました。
今回はウクライナのビール。「私のお父さんが好きなビール」って言うから、試してみました。

しかしマリナちゃん、栓抜きがないよ。「大丈夫!」

イメージ 2

うわ!お行儀の悪いことを!青いフェンスの継ぎ目でポン!とやったんですが、
冷えてへんから1/3ぐらいこぼしよったがな!
ビールを片手に、おそらく街に1本しかない自動車道路に沿って南へ南へ。
盛り場も、遊び場も、何もない街、歩き回るしかないのです。

イメージ 3

セルフのガソリンスタンド。黙って入れて行っても分からなさそうですが、
左手でオッサンが見張っています。

イメージ 4

なんやと思います?車の修理台なんですよ!こちらでは見たことない人も多いのでは?
ここはただで使えます。そのぐらいしょっちゅう車が壊れると言うこと。
実際、小さな店に車の修理部品を置いてある所、なんぼかありましたもん。こういう所も大陸的。

イメージ 5

汽車のレールとクロスしました。
ケンジ「おもろいやん!こっからはレールを行こう!スタンド・バイ・ミーやがな!」
マリナちゃん「嫌です!疲れました!帰りましょう!」
タケシダヨ君「せやせや!この人止めんかったら1日中歩いてるで!」

せやかて、1日中歩いてるぐらいしかすることないやん!夜行に乗ったら寝るだけやし〜。
結局線路は歩かなかったけれど、十分スタンド・バイ・ミー、やってました。

イメージ 6

When the night has come And the land is dark
And the moon is the only light we see

No, I won't be afraid Oh, I won't be afraid
Just as long as you stand stand by me,

So, darling darling  Stand by me
Oh stand by me Oh stand
Stand by me, Stand by me

遠くの方、ホンマに歩いてる人、いるでしょ?やってみたかったなあ!
タケシダヨ君「そんなにしたかったら一人で行ってきても止めへんよ〜」
薄情な奴やわ。どっかで置いてけぼりにしたる!

イメージ 7

民家に、ヤギがいました。大量のジャガイモの上でご機嫌みたい。
向こうにもう1頭、ヤギがいました。一緒に食べようとすると、

イメージ 8

うわ!押しのけてる!なんちゅう欲どおしいやっちゃ!シバいたろか!
・・・結局少し離れた所で、見えんように食べてました。
それより・・・・・・あれ?

イメージ 9

あれって、軍用機の増槽ちゃうんこ!いや、間違いない!何でこんな所に??
答えは夜、聞く事になります。

この街では珍しい、事務所を見つけました。マリナちゃんはズカズカと入っていきます。
「マリナちゃん、やばいよ!シベリアへ送られるよ!見てみ」

イメージ 10

恐ろしいCCCPマーク!うわ!中からオッサンでてきた!
「○×△※◎♪」堂々と挨拶してるマリナちゃん。なんで??

「別に構わないんですよ。ここは道路公団の事務所で、石油の会社の人と話もします。
前の会社の名前を言いました」こういう所はさすが女スパイ!

イメージ 11

貼ってあるポスターはお役所的ですが、掲示板のデザインは???
「ここは昔のスポーツセンターでした」なるほど!そんな感じやわ!
共産党バリバリのスポーツクラブやねんね!

「で、そこの小さい穴は職員が給料をもらう所」はいはいタケシダヨ君、そこでポーズとる!

イメージ 12

「君は働きが悪いから今月は給料無配!」の図。
タケシダヨ君の将来を暗示するような写真ですね!よくできました!

牛を飼うてる農家があります。孔雀もいます。
もう少し行くと、野原があり、スカーフを巻いた婆さんが野草を摘んでいました。
ベンチが見つかったので、休むことにしました。
さっきスーパーで買うた湿けまくりのウエハースをむさぼりながら、ベンチで休む3人。

のどかやわぁ。疲れてるけど、エエ気持ちやあ。
仕事もパソコンも、飲み屋も居合も、今は遠い世界。久しぶりやなあ!こんなん。
外人さんとこういう暇な時間になった時、結構面白いのは・・・・・・「しりとり」!
暇に任せて、樺太の地の果てでオッサン2人と別嬪1人、しりとりに興じました。

ケンジ→マリナ→タケシダヨの順。
私は次がマリナちゃんなので、あまり難しくならないように言葉を選びますが、
マリナちゃん、かなり難しい日本語も知っていました。凄い!感心感心!

それよりタケシダヨ君、次ワシやからって、「り」攻撃や「し」攻撃は止めろ!
あと「馬鹿ー!」とか「アホー!」って思いっきり言うてくれたよな。
君、ワシが根に持つ性格やって忘れてたんとちゃう?

3時半ぐらいになると、段々冷えてきました。天気はそんなに悪くないのに。
けど、やることないよ〜〜!!今度は反対側へ少し歩きましたが、そろそろマリナちゃん限界。
モーテルの玄関でヘバッてしまいました。
私とタケシダヨ君はまだ平気なので、こんな所で座ってたら乞食みたいやん!
タケシダヨ君はともかく、ワシは恥ずかしいよ〜!

それでももう一つ、そろそろ出歩くべきではない理由がありました。
さっきから妙に、軍隊の給油車他の車両が通ったり、止まったりすると思ったら、さっきの野原の隣に
軍隊に施設がありました。

夕方になると兵隊が出てきます。兵営から出てきたばかりの軍人と出くわすのは不安です。
日本でも米兵などがしょっちゅう揉め事を起こしますが、あれと同じ。
それどころか、こちらも土地のことは皆目分かりません。男2人なら何とかなりますが、
この別嬪さん、どうしよう・・・・・・

モーテルの婆さんが、見かねて助けてくれました。「予備の部屋があるから使いぃ」
「スパシーボ!スパシーボ!」部屋に入って落ち着いた途端、暗くなっていた曇り空から雨がザーッ!
婆さん、まさに地獄に仏でした。おおきに!
元気になったマリナちゃん、「それじゃ、夕食にしましょう!」ハラショー!
(続く)

閉じる コメント(7)

顔アイコン

線路の写真を見て「おや?」と思ったら
樺太の鉄道の一部は今でも狭軌(JR在来線と同じ)なんですね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%89%84%E9%81%93

現在のロシア兵、どんなんなんでしょう?
私の中でのロシア兵、大戦中の『ウラ〜ッ!』なんて叫びながら
地面を埋め尽くすが如く突進するイメージしか無いのです(偏見) 削除

2008/9/15(月) 午前 2:08 [ ケストナー ] 返信する

顔アイコン

やはりなかなかスリリングな旅だったんですね〜。
次回以降続編も楽しみにしています。
ここ1週間、ちらっと覗くのが精一杯だったので、まとめて5話分
読み直しも含めて、読ませていただきました〜。

2008/9/15(月) 午後 2:31 sayusan 返信する

>ケストナー君
そうか。軌道の幅、みんな知ってると思うたので書きませんでしたわ。
しかし段々ロシアの規格に合わされつつあるというから、JR樺太を見られるのもあとわずかよ!
ロシア兵、後で写真でます。

>さゆさん
皆さんそうみたいで、思うたほどコメントがないな、という感じです。
書いてる私も忙しいけど、忙しい方がありがたいことではありますね!

2008/9/15(月) 午後 5:48 [ ケンジ ] 返信する

顔アイコン

マリナちゃんワイルドですな〜(゚ ▽゚ )エッ!!

GSってただタンクローリーから移し変えとかでしょうか?
消防法も何もないですね( -。-) =3

車の修理台の下がゴミ溜めになっとるし…(汗)
ってか壊れた車はココにすら上がれない(笑)

のんびりしたトコなのかピリピリムードが漂っているのか分からないですね。
軍部の統制が取れているとも思えませんし…

2008/9/15(月) 午後 8:19 雷風パパ 返信する

さすが!プロのご意見ですな!
>ってか壊れた車はココにすら上がれない
そういえば!爆笑ですわ!
軍隊の話は、今日UPしますよ。

2008/9/15(月) 午後 9:21 [ ケンジ ] 返信する

時々緊張するのですが、それでも田舎道を歩いたり景色を眺めたり、
ヤギを見たり別嬪さん見たり(笑)で、そんな旅もなんだか
アリですね(^−^)b

2008/9/17(水) 午後 2:45 ゆかりん 返信する

偶然か知れませんが、折り返した後の旅、急に情緒豊かになった気がしませんか?
のんびりしてるのもありますが、ね。

2008/9/17(水) 午後 7:11 [ ケンジ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事