もっと綺麗になりたいよぅ

忘備録ですが、ご覧の皆様、ありがとうございます!

Goods

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


使い分けしてみて改めて書き留めておきたかったので自分の忘備録を兼ねて記事を書きます。


この2本は手紙を書く時に使うのですが、月3〜5通のうち3分の2はインジェニュイティ、

3分の1は万年筆を使い、A4〜B5くらいのサイズの便箋に、1通あたり2〜3枚程度書いています。

つまり、ゆっくり時間がかかっても、筆圧をかけ過ぎる事なくスムーズに文字を書く為に使っています。

パーカー5thも万年筆も初めての使用・購入でした。


まず、インジェニュイティについて。

自重で圧をかけずに書けるので疲れにくく、安いボールペンのような芯のぐらつきもないので

手を動かした通りにそのまま文字を書けるのが一番のお気に入りです。

インクやペン先・軸内のスプリング等のおかげか、文字を書いた時に適度なしなりが加わることで

止め・はね・はらいがある程度再現でき、文字に表情が出るのが他の筆記具と違うなと感じます。

落ち着いて、ゆっくり文字を手書きしたくなる、そういった上質な時間を味わえる筆記具です。

インジェニュイティのリフィル(パーカー5th)は1本¥1,000とコスパは良くありませんが

このくらい使用頻度が低くても掠れず、詰まりを気にせずノーメンテですぐ書き出せるのが便利。

購入してからまだ一度もリフィルを交換せずに使い続けています。

インジェニュイティの一番のデメリットって、「リフィルと本体のコスパの悪さだ」と

どのレビューにも書かれているんですが、本体は高級万年筆よりは手の出しやすい価格設定で、

特に私が購入したラグジュアリーラインは軸とキャップがアルミ製で、値段なりの上質感があります。

5thのこの唯一無二の書き心地と便利さに慣れると、リフィルはむしろ安くさえ感じます。

あいにく現行のリフィルはブラックとブルーの2色のみになってしまい、

取扱店なのに店頭にリフィルが置いていない(バックヤードにしまわれている)事もあって、

5thそのものが生産終了してしまわないかと胸が締め付けられる思いです。


さて、次はウォーターマンの万年筆。

万年筆の特長である止め・はね・はらいの再現度はやはり素晴らしいです。

あまり書き文字に自信のない私ですが、バランスや止め・はね・はらいを意識して丁寧に書けば

他の筆記具を使った時よりも字がとっ散らかって見えないのはありがたいです。

お気に入りの美しい便箋に、心を込めて丁寧に文字をしたためると、心が潤います。

が、私にとって、万年筆で書くメリットってこの1点だけなんですよね。

私はカートリッジインクを使っているのですが、インジェニュイティと同時期に購入して

使用頻度はインジェニュイティの半分以下なのに、既にカートリッジを2回交換しています。

万年筆の水性インクが蒸発している事が原因だと思われますが、書いても書かなくても

インクの減りが早いと、使用頻度低めの私は何だか損した気分に。

しかも文字を書くスペースに印刷されているデザインの便箋だとどうしてもインクが掠れてしまい、

その場合には結局インジェニュイティを使うことに。

ただ、こういった使い分けを想定して万年筆とインジェニュイティを同時期に買っているので

自分の中では織り込み済みではありますが。


外出時に筆記具を使う必要がありそうな場合は、インジェニュイティを持って行きます。

以前は万年筆を選んでいたのですが、あるアートイベントの聴講時にメモを取ろうとしたら、

万年筆では全く書けなくて苦い思いをしたからです。

ビジネスシーンやスクールなど、椅子にきちんと座って机の上で安定して書ける環境なら

万年筆でも問題なく書けると思うのですが、こういったイベントは基本的に椅子のみ。

手帳を持ち歩かない私は、配布されたペラの資料やアンケート用紙を

凸凹したバッグや膝の上に置いてメモを取るしかないわけで、万年筆では全く線が引けないんですね。

ましてイベント中は客席側の照明が落とされて薄暗い事も多く、

聴く事にも集中したいので、手元を気にしなくても、不安定な状況でストレスなくメモを取りたい。

となると、万年筆よりはインジェニュイティの方が使いやすいんです。

見た目の安っぽさもなくて満足感もあるし、外出時にちょっと持ち歩くにはピッタリです。


万年筆と同等だと思わず、万年筆のデメリットを解消しつつ

高級筆記具を使う気分を味わわせてくれるインジェニュイティは、

私にとっては非常に便利で心も満たしてくれる、欠かせない筆記具です。

万年筆は手紙を書く際に一番整った字を書くことのできるツールですが、

ある程度肩を並べて満足に使える筆記具を持っていないと不便な点が多すぎます。

驚きや魅力では、インジェニュイティの方が勝っている感じですね。

それぞれ使用頻度が増やせたらいいなと思案中です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新年明けましたが。

新年明けました。

少し間が空いてしまいましたが、またポツポツとマイペースに記事をアップしていきたいと思います。


年始のセールが始まりましたね。

時間も見る物もかなり絞りましたが、少し買えました。

が、その前に。昨年末に行った伊勢丹新宿店のご招待会からアップします。

昨年は初日ではなく、彼のお休みに合わせて3日目に行きました。

開催場所の京王プラザホテルの高級感と、

普段気軽に足を踏み入れられない有名ブランドや高級インテリア雑貨等を見られるのが面白いし、

店頭のセール時より更に安くなっている品物もあったりして、行くだけでもお祭り気分を楽しめます。

午後から行ったのですが、チラシで見た日替わりセール品がまだ残っていたので、購入しました。

イメージ 1

NT(ナンバートゥエンティ―ワン) スムース2WAY(ANNA)

三越伊勢丹のオリジナルブランドのレザートートバッグです。元値¥35,000が、何と¥5,400!!

オンラインショップではこの最終価格で完売したようですが、手に取れるなんて本当にありがたい限り。

薄すぎずしなやかな肌触りの良い牛革で、控えめなピンクベージュが上品。さすがイタリア製ですね。

元々は5色展開だったようですが、私が会場で見た時にはピンクベージュのみ、ラスト3〜4個でした。

できるだけ表にキズや汚れのない物を選んで買ったつもりでしたが、自宅で改めて確認したら

製造段階でできたと思われる大きな取れないシワや、ストラップに跡がありました。

更に欲を言えばもう少し軽いとありがたいのですが、この品質でこの価格なら全て許容範囲です。

ストラップは取り外し可能で、長さを調節するとワンショルダー〜斜めがけまで使い分けられます。

外側のミニポケットと、内側にも一つポケットがあります。

底マチも高さも十分あるのに、使いやすく持ちやすく取り出しやすい大きさに収まっているのが嬉しい。

いつもの荷物にマフラー・ペットボトル・日傘を入れてもまだゆとりがあります。

物凄く汚れが付きやすいと思うので、栄養クリームや防水スプレーでケアしながら

持ち歩くシチュエーションを考慮して使うことになりそうですが、とっても気に入っています。

イメージ 2

ピエール・マントゥー 網タイツ クロエ(CLOE)

公式サイトでも同じ価格ですが、¥4,200で買えました。

色はネイビーと迷ったのですが、服の色を選ばない黒にしました。

2サイズ展開な上、インポートとは言えど、ピエール・マントゥーは作りが小さめなので

ちょっとサイズが不安なのですが、この値段なら「使い捨て」と割り切るしかないかな。

網タイツではお気に入りの「フォーガル」が復活して、日本でも取り扱いを再開したので

本命の品物が買えるまでは、これを緊急用としておきます。


年明けのセールで買えた物は別記事でアップします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日買ったA4サイズ縦長トートバッグは大活躍しているのですが、

買う時に一つ気になっていたトートバッグをブックマークしたままにしていたのですが、

先日見たらタイムセールでめちゃくちゃ安くなっていたので、ついでに買ってしまいました。

イメージ 1

ローリーズファーム(LOWRYS FARM) FLトート


超シンプルな合皮のトートバッグ。タイムセールで価格は何と約¥1,000!!元値の3分の1以下です。

合皮でも切りっぱなしじゃなくてコバ処理してあるので、ほつれや服への引っ掛かりを気にしなくてOK。

ハンドルはもう少し長いと個人的に使いやすく、最初に先日のグレーのトートを買ったのですが、

それ以外はこちらの方が気に入っていたので、¥1,000ならと惜しまず買っておきました。

綺麗なブルーはターコイズほど黄味がかってなくて、チャイニーズブルーなのかな?

パーソナルカラーではwinterの色なので、自分にピッタリです。

私の場合、サイズ的に綺麗な差し色の服はあまり販売されず、

特にアウターやボトムはグレー・ネイビー・黒のベーシックな地味色ばかりになるので、

バッグに差し色を持って来れるとコーディネイトが明るくできて良いかなぁと。

中はこうなっています。

イメージ 2

ポケットが一か所付いているのでありがたいです。

内側はシボのような型押しが入っていて、傷が目立ちにくいし汚れもサッと拭き取れる!

しかも芯地やフェルトじゃないので、シミを気にしなくて済み、ガシガシ使えそうです。

実はA4サイズを折らずに入れられるバッグは、旅行カバン以外だと十数年ぶりの購入。

グレーはテキスト専用になりそうですが、このバッグも持っていれば何かと使う機会は増えそう。

持ち歩くのが楽しみです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

以前から華奢なアクセサリーはあまり好きじゃなかったので、

2度目のパーソナルカラー診断で、ボリュームのあるクセが似合うwinterと診断されたのが嬉しくて。

ちょくちょく立ち寄るショップで一目ぼれしたこちらを購入しました。

イメージ 1

以前からシュシュやネックレス等を購入している、アンジェ(ange)というショップ。

プチプラなのに高見えする、大人が着けても浮かないシックなアクセも多くて、

前を通るたびに立ち寄ってしまいます。

これはフランス製みたいですね。海外買い付けなのかな。ブルー系のビジューがとっても綺麗です。

土台のシルバーもビジューもギラギラしないし、ドレッシーになりすぎないおかげで

シャツの襟からチラ見えしても浮かないデザイン。

肩ひじ張らずに使えるので、カジュアルなコーデにも合わせられます。

お値段は¥3,900。とってもお手頃でした。

ただ、お手頃アクセの宿命なのか、すぐに小さいビジューが取れてしまったので、

ブログへのアップが遅れてしまいました。

先日アウトレットで買ったネックレスと共に、どんどん着けて楽しみたいと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

かなり久しぶりの投稿になってしまいました。

でも、書こうと思えるゆとりができたのは嬉しい事です。

ワードローブ+αの忘備録としてアップしていきます。


10月から必要になったテキストや道具を入れるバッグを探していまして。

・手が汚れたままうっかり触ったり急な雨に降られても、サッと拭ける素材

・オフィスカジュアルから浮かずに持てる

・軽量

・ハンドルが肩がけできて長い

この条件に当てはまって支払える範囲のものなんてないよな…って思っていたのですが、

ZOZOTOWNがあって本当にありがたいなと感謝しきりです。

ある程度トレンドやファッションにマッチして価格も手頃で、

バッグは重量やハンドルの長さがちゃんと書いてある!!購入できました☆

探す時間こそ若干かかりましたが、

以前に比べて圧倒的にリーズナブルに条件にマッチした品物と出会える確率が上がった気がします。

イメージ 1

ジョエット(JOUET) クリエイト合皮トート

ラスト1点のお品だったのかなー。私がZOZOTOWNで買う物っていつもだいたい最後の1点で、

そうすると何故か取り寄せているのか在庫探しているのか、出荷が平均より数日遅れて、

後からブログの為に再検索するともう見つからない事がほとんどです(汗)。

合皮でもマットなグレーでお値段よりも落ち着いて見えます。

オフィスカジュアルとのマッチもギリギリOKでしょう。

縦型な上にバケツ型ほど底との幅差はなく、体に寄せて人にぶつけてしまうことなく持ち歩けそうです。

ハンドルはなんと60センチ!!コートを着てもちゃんと脇の下に収まる長さです♪

イメージ 2


A4サイズファイルが飛び出さずに入るちょうど良いサイズ。

素材がとても柔らかい上に、底マチは角を取っていない仕上げなので、

中身が少なければ自然と厚みは薄くなります。機能的なのに無駄がなく大変良いです。

マチは9センチなので、ちょっと厚みのあるポーチも不格好に膨らまずに入れられました。

ポケットは2つ。上段は仕切りがあるので鍵とスマホを分けて入れられて、

下段はファスナー付きなので細かい物を入れても飛び出さなくて使いやすい。

キーフックが内側に付いているのも良い!!私はパスケースを付けるつもりです。

これで¥2,500+税(しかも定価)なんて、お財布に優しいけど日本の経済大丈夫か?!と不安になる安さ。

ありがとうございます。必需品なので、最低でも1年半はじゃんじゃん使う予定です。


先月、基本的な自分流メイクのアップデートをしようと、メイクレッスンに行ってきました。

そしたら、パーソナルカラー診断をして頂いた際に「あなたwinterの方が似合うわよ♪」と。

ブログで確認したら、最初に別の先生に診断して頂いた結果は「summer」。

あまり好きじゃなかったパステルカラーと華奢なアクセサリー、ソフトなメイクが似合うグループです。

私は当時も今もどちらかと言うと強くてシックな色味が好きなので、

ガッカリよりショックが大きかったのです。

それでも、「自分を引きたててくれるのだ」と徐々にsummerの色も好きになったのですが…

年齢を重ねて手の甲の色がくすむに連れてどんどんsummerのネイルカラーが合わなくなり、

ソフトなメイクも薄めのアイブロウも、顔の印象がどんどん弱くなってすっぴんみたいになるんです。

特に、昨年末からお付き合いするようになった彼が、一緒にいる時良く写真を撮ってくれるのですが、

パステルカラーのトップスを着ると顔がぼんやりくすんで見え、メイクもまるで映えていない。

どうしたものかと悩んでいた事もあり、PC診断付きのレッスンを選んだのですが、

私の大好きなブルーベースの濃い色が選べる!メイクも強めにできる!!と選択肢が広がりました。

アクセサリーもwinterは大ぶりの物が似合う為、これも好み通り☆

ずっと憧れていて好きで、自分を装うものが自分をさらに引き立ててくれるなんて、

こんな嬉しい事はありません!!

ってなわけで、先日行ったお台場でヴィーナスフォートアウトレットへお買い物に行き、

いつもチェックするショップで気に入ったこちらを買いました。

イメージ 3

これは「J.FERRY」というショップで見つけた「Jodie Kelling」というブランドのもの。

ビジューとパール付きでドレッシーなんですが、喜平じゃなくてステンレス調の角丸スクエアチェーン。

これのおかげで、大げさになりすぎずカジュアル服に合わせられるバランスになっているなぁと。

本当は骨格診断上では長いネックレスが合うんですが、トレンドから外れているせいで

winter向きのボリュームのあるロングネックレスはあまりいいデザインがないので。

トレンドに逆行しないで、楽しもうとも思います。

これ、定価が¥5,300+税なのですが、ご覧の通り70%オフで税込み¥1,800以下で買えました。

アウトレットとはいえ、店舗型で店員さんもいるのにこんな値段で買えて

益々日本の経済が心配になる私ですが、お手頃で薄給の私でも買いやすく、とても嬉しいです。

これもあまり深く考えずにどんどんコーデに取り入れて行くつもりです。

開く コメント(0)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事