もっと綺麗になりたいよぅ

忘備録ですが、ご覧の皆様、ありがとうございます!

Goods

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
何年も前からずっとバッグインバッグが欲しくて探していたのですが。

マチがあって嵩張らず、軽くて単体でもクラッチバッグとして使えるくらいオシャレな物を…

なんて、ホントに見つからなくて(ノД`)・゜・。

大抵のクラッチバッグは重くて革にハリがあって硬く、バッグインに使ったら嵩張って仕方ない(泣)。

かと言ってポーチにすると大きさが中途半端だったり、バッグとしては機能やデザインが物足らず。

そしたら、久しぶりに何の期待もせず、近くを通って時間に余裕があったというだけで立ち寄った

バーニーズニューヨークで、「これなら!!」と思う物を発見☆

イメージ 1

アンドレア・マビアーニ(ANDREA MABIANI) パイソン コンパクトクラッチ

リアルパイソンレザーで、こんなに美しいコバルトがかったグラデーションのブルーがあるなんて…!!

もう片面はダークネイビーの無地のレザーなので、ゴツくなりすぎずに引き締めてくれます。

地味すぎず、シックでコーデのポイントになりつつ、浮きすぎず大人っぽく使えそうです。

これ、セールになってから入荷したそうなので、恐らく昨年以前のモデルじゃないかと思います。

元値¥50,000→セール価格¥20,000まで下がっていました!!

3枚はぎの革で柄を合わせているから、元値でも十分コスパは良いとの事。店員さんの仰る通り。

革はしなやかで柔らかく、底は少しマチがあってふっくらしてるので、

物を入れても不格好に膨らまず、使いやすそうです。

余計な装飾がないので引っかからないし、とても軽い!

しかも私、マビアーニの革製品が好きで、バッグ名刺入れもここのなのです♪


これで、メイク直しにもこれ一つをバッグから取り出してスマートに席を立てるし、

昼はランチで夜はレストランやバーに移動する時も、バッグからこのクラッチを取り出すだけで

手荷物の量が調整できて便利♪

店員さんに「バッグインバッグとクラッチを兼用しようと思って」と話すと、

「これをバッグインバッグに…!なんて贅沢な…!!」と言われました(笑)。

仕事帰りのディナーの予定とか、誰かとお食事の時とか、

単純にバッグインバッグとして使うだけでも素敵な気分になれて、考えただけでウキウキしてきます♪

もう何年も前に、同じバーニーズ〜の店頭で買ったModaluのクラッチバッグは、

飾りの金具が錆びてしまい、先日泣く泣く処分したところ。

何かご縁を感じます。

これも大切に、でもガンガン使っていきたいと思います。
今年は黒のウェッジソールのサンダルが欲しくて探していたんですが、

コルクソールやエスパドリーユ風の物が多くて好みではなく。

普段あまり足を踏み入れないハイブランドのシューズコーナーへ行ってみました。

インポート、特に欧州ブランドは爪先の横幅がタイトに作られている物が多くて

私の足だと小指に当たって履けない事がほとんどですが、

店員さんがその問題をクリアしたデザインの靴を薦めてくださったので

後日購入を決めました。

イメージ 1

セリーヌ(CELINE) パイレーツ ミュール

最初はセリーヌの「アイコニック」という華奢なデザインのサンダルを試着したのですが、

幅は問題なかったものの、足首に回すストラップが短すぎて履けませんでした(ノД`)・゜・。

足の小指が当たりやすいという悩みと、私の欲しいサンダルを伝えたところ

店員さんが持ってきてくれたのがこれでした。

プレフォールの商品で、コレクションのカタログ等にも頻繁に出てくるモデル。

甲が薄めの私の足にもピタッとフィットし、親指まで包むようにホールドしてくれます。

親指以外はオープンになっているので足指が当たらず、

高めのヒールと相まって足指を綺麗に見せてくれます。

ヒールは9センチで高めなのですが、シリンダーヒールで安定しているので歩きやすい。

見ていると特にピンと来なかったのですが、履くと足が綺麗に見える不思議なデザインです。

当初想定していたサンダルと全くデザインが違うし、何しろお値段が高いので迷っていたのですが、

奇跡的に自分のサイズ(25cm)が残っていた事、足の小指が当たらないデザインで

カジュアルにも使えて、気軽に履けて合わせやすくて、機能と履き心地で優秀なミュールだと気付いて。

思い切って買いました。

このデザインなら春・夏・秋と3シーズンで使えそうなので、長く楽しみたいと思います。
仕事する時やランチを食べる時、ジムでシャワーを浴びる時等々、

ヘアアクセを使う機会はちょこちょこあるのですが。

最近のヘアアクセは、ゴムがへたったりちぎれたりすると替えがきかないデザインなので

チャームが取れたりゴムが切れかかってきたら処分せざるを得ません…

なくしたりゴムが切れたりでいくつか処分したので、新しいのを買い足しました。

イメージ 1

パサージュ・ミニョン(passage mignon) シフォンリボンポニー

実はこのヘアゴムの去年色違いを買ったのですが、外出先でなくしてしまったようで(泣)。

同じカラーリングの物が欲しかったのですが、店頭では見つからなかったので

パーソナルカラーで手持ちに合うライトパープルの色を選びました。

オーガンジーのリボンモチーフが繊細で、綺麗めに使える所が気に入っています。

イメージ 2

Heartdanceで購入した、マーブル模様のパールが綺麗なヘアゴム。

パッと見た目は高級感は感じないけど、紙を結ぶとコンパクトなのに適度な華やかさが出て使いやすい☆

このブルーは地味すぎず派手すぎずで丁度良いかなーと。


欲しい!と思えるものがあるっていうのは、幸せでありがたいことです。
服だけではなく、小物もずっと傷んでいたんですが

気に入った物がなくて買い替えられずにいました。

夏の定番のかごバッグも、以前オデット・エ・オディールで買ったかごバッグがお気に入りだったのですが

今の年齢や服装に段々合わなくなってきていた上に、縁やハンドルの傷みが目立ち、

使う機会が減っていまして。

かごバッグは消耗品だと覚悟していたのに、買ってから6年も経っていました(怖)。

どんなに探し回っても、重かったり硬かったり女性らしさがなかったりカジュアルすぎたり…

なので、「もう一度オデット・エ・オディールへ探しに行こう!!」と、私用の空き時間にショップへ。

かごバッグでもカジュアルになり過ぎないこちらのバッグと出会えました♪

イメージ 1

ラウゴア&オデット・エ・オディール(Laugoa&Odette e Odile) フレイドバスケット バッグ


色は他にオフホワイトとグレーがあったのですが、

甘さを抑えたブラックをチョイスしました。

チュールのフリルが華やかで、綺麗めコーデに馴染むところが初代と同じで嬉しい♪

初代よりも横長なので、500mlペットボトルや日傘が無理なく入るので使いやすいです。

イメージ 2

内側はこんな感じ。マチのおかげで容量もあるし、内側のポケットがあるのがありがたい。

縫い付けのインナーは巾着型なので、中身が覗きにくいのもポイント高いです。

これで¥7,425!!プチプラで有り難い限りです♪


そしてサンダル。サンダルはすぐに傷みますよねー。

気に入っていて履きやすい物ほど傷むので、足のサイズが大きい私は代わりを探すのが大変です。



みんな傷んでいて、シーズン前に処分していました。

週末用の華奢なサンダルも汚れが目立ってきていたし、

足に合う物が見つかるまで繋ぎでプチプラ物を買おうと、以前から気になっていたお店で購入しました。

イメージ 3

ランダ(RANDA) アンクルストラップミディヒールサンダル

ここのショップは何年も前から知っていたのですが、購入は今回が初めて。

ラグジュアリーブランドではヒール低めでこういった華奢なデザインのサンダルがほとんどないのです。

これは合皮でできているのですが、トゥにかかるストラップがそんなにキツくないので

足の小指が当たらず、痛くなりにくいのが◎。

アンクルストラップのおかげで踵が固定され、足が前滑りするのを防いでくれます。

ヌーディなデザインなのに歩きやすくて、買って正解でした♪

¥6,372とこちらもプチプラで、履き潰しても惜しくないデザイン。

今年の夏は服も小物も一新できて、より楽しく過ごせそうです♪
前回の記事の続き。

まずはシールから。

イメージ 1


銀座の伊東屋で購入したシール。左のシールは、ちょうどチューリップのレターに使えるなと思って。

右は、手持ちのレターに合わせられるモチーフが多そうだと購入しました。

イメージ 2


左はホールマークのもの。手持ちの「ハピネスバード」とお揃いのシール!!

これも銀座伊東屋で見つけました。余りはホールマークの羽柄レターに合わせられます♪

右はG.C.PRESSの銀座直営店で買いました。花モチーフのレターに貼るシールは、

お花の種類が違うとどうしても違和感があるので、蝶やてんとうむしなど、

花に添えても合うモチーフで外す方が馴染む感じがします。

イメージ 3

一枚目の画像の左のシールに、「カラー」というシャツ襟を巻いたような特徴あるお花が使われていて、

これはそのシールと同じメーカーから出ているレター。

たまたまシールとお揃いのレターを見つけたのと、手持ちの図書カードを使いたかったので、

新宿の丸善で購入しました。

イメージ 4

前々回のレター記事にも載っている、「クローズ・ピン」のもの。

クローズ・ピンはどちらかというとファンシーなデザインの物が多いイメージですが、

このデザイナーさんの手のものはどことなく力みなく、でもちょっとキラキラして華やかで

可愛いながらも独特のアンニュイな雰囲気がたまりません。

グレイッシュなラベンダーカラーが基調になっているのも好みです。

シンデレラの柄なので、季節問わずに使えそうです。


ホント、こんなに買ってどうするんだと我ながら思うのですが、

どの季節にどのシールで封緘しようか、筆記具のインクの色はどちらにしようか、とか

色々な組み合わせを楽しみつつお手紙を書く楽しみが増えて、物凄く楽しいです♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事