世界中で起きてる集団ストーカー(GangStalking)

闇の業の加担者にならず、むしろその悪を光に出して暴露してやりましょう。

全体表示

[ リスト ]

今回は、ストーカー被害者が遭うと思われる『住居侵入』についてお話します。
ストーカー罪と住居侵入罪は、ほとんどのケースで同時に行なわれています。
これは恋愛型は勿論、組織型(集団ストーカー)も同じ事が言えます。

私の場合、住居侵入はほとんど毎回と言って良い程、外出するとやられます。
コンビニなど30分程で出掛けて帰って来れる近所ならしない様ですが(時間的に短くて出来ない)、
3〜5時間程度空けた場合や、旅行などで数日空けると殆んど、毎回です。
彼らはその良心が麻痺しているのか、自らが『住居侵入罪の常習犯』とは気付けない様です。

その間に盗まれたものもあります。私が高校に入学した折、母が買ってくれた腕時計、
使い古しのパスポート、ささいな硬貨のコレクション・・。

どれ一つ私以外の他人が取っても特にそれ程価値のあるものとは思えないのですが、
被害者の私物品をアサります。ったくの変態です。

家の中に防犯カメラを仕掛けたいのですが、私が今住んでいる家は田舎の古家なもので、
個人の家としては大きく、家全体に仕掛けるにはかなりの出費になってしまうので躊躇しています。
本当は、躊躇してられない程、深刻な事態なのですが・・。

他の被害者の方で、家の大きさが一般的な家庭のものでしたら、
沢山カメラを仕掛けなくとも家の中のメイン廊下など、確実にストーカー員が通らないと、
家中を詮索出来ない場所に仕掛けて置けば良いかも知れません。
深刻なケースの場合、試した方が安心です。

私は「死ね、毒を入れた。」などと相手は平気でタチの悪い脅迫もして来ますので、
外出した後に家に帰った後、何かを口にするのはとても怖いです。
(ここに引っ越す前の住居でストーカー員長谷川家にされた事を以前、少しお話しましたが。)

私は、時々自宅で自分でパンを焼いたりするのですが、先日、家で焼いたパンを食べた時、
口の中で何かが舌に刺さり舌が少し切れました。留守中、開封後の強力粉の中に何か混入した様です。

他の方のケースでも既に台所まで勝手に侵入して来る場合は、奴らは何を仕出かすかも知れませんので、
経済的に可能でしたら防犯カメラを付けて録画した方が良いと思います。
ストーカー員は、決して一度で止めませんので、何度も戻って来ます。
そのうち証拠が取れるかも知れません。

しかし、ストーカー側の組織が私の場合の様に、最もタチの悪い奴らで思考盗聴や人知で計り知れない
形の悪事を行なう場合、彼らの犯す犯罪は、一般的なやり方では中々証拠が掴めず苦労しますが、
(サイコカネーシスと似た事も当方はされています。以前も一部ですが、その内容を説明しました。)
この様に飲食物への異物混入や室内の物を盗む場合は、実際に人が侵入して犯している犯罪なので、
侵入して来れば、室内カメラで証拠が取れるはずです。

しかしこの場合にも、注意しなくて行けない点もあります。
それは予めストーカー達により自宅の電源が切られてから、侵入される場合です。
面倒ですが、家に入る電源が切られない様、その周辺にもカメラが必要になる場合もあると思います。
かなりの規模でしたら電力会社に共犯者もいます。

しかしそれ程大規模の組織型ストーカーでなければ、
低価格でも室内カメラがあれば、ビデオデッキで録画可能です。
室内に侵入するタイプの集団ストーカーで規模の小さなものでしたら(電力会社を巻き込めない)、
彼らの『尻尾』は簡単に掴めます。

思考盗聴をされている場合は、仕掛けたとたん、発覚を恐れ侵入しなくなる場合もあります。
その場合、たとえ証拠は掴めずとも「住居侵入」は防げると思います。

当方の場合、家が田舎の古い家ですので広くて隙だらけです。
完璧に設置するには最低でも200万円は覚悟しなくては行けないでしょう。
一般家庭なら5万程度もあると設備は整うと思います。
住居侵入で困っている方で、経済的に可能な範囲でしたら是非、設置すると良いと思います。

私は、侵入の証拠を掴むため外から侵入できる全てのドアを粘着テープで内側から貼ってから
出掛けます。誰かが、侵入すればテープや紙が破れて分かる様にしています。
( 外出の度に、これをするのは時間も掛かり疲れますが、
今のところ経済的に大金を出して防犯設備を用意出来ませんし、
あまり凝った事をして、親がこちらに来た時に見られると『ノイローゼ気味』と思われ、
また疑惑を掛けられ強制入院と言うこともあり得ますので。
まあ、この時点でテープ貼りも既に変だと思われていますが。狙われているので仕方ないです。)

しかしこの方法で外出し、帰宅すると気持ちの悪い妙なことが起こる様になりました。

それは、私が家の中のドアや窓に室内側からテープを貼って出掛ける前、
貼りながら、とても苦労する箇所があるとします。

例えば、 窓が高い場所にあり背が届かず閉めるのに苦労した、とか
心の中で「無事であります様に・・」と願いながらテープを貼った室内のドアなど、
家中、室内あちこちとテープを貼りながら、心の中で特別に感情を抱いて記憶した場所。

すると、帰って来ると『必ず』その窓やドアだけ、テープが剥がされていたり、
窓が開けられていたりするのです。これらは全て家の中に入らないと出来ない事です。
それも私が特別に思いを残したドアや窓など一箇所だけ、これが起こるのです。
他のドアや窓は、開けられたりテープを剥がしたりしてません。

信じられないかも知れませんが、彼らは私の思考を盗聴しているのです。
そして私が、特に気を掛けた場所のみテープを破り侵入したり、窓を開けたりと悪戯するのです。
私を心理的に追い詰めて、脅かすために。
私の頭が「変になった」とか「おかしい」と思わすには、持って来いです。
そして私がもしこの事を家族に話すとどうなるでしょう?
私が説明してもこんな変な事、誰も信じないでしょうから、
周囲にもそう思われてストーカー工作員にとっては格好の話です。
だから、言うにも言えませんね。

これらの手口は彼らがどれ程、悪質でイヤらしい者たちかを物語っています。
彼らが侵入する度に、テープが剥がされてたり、勝手に窓を開けられたままにされ、
家の中でも何をされたか分からないので、帰宅後は開封していたお醤油や飲み物、
マウスウォッシュなど全てを、今まで何度か捨てたりしました。
どれ程被害者に恐怖心を与え、経済的損傷を与えている事か。

先日、うっかりし開封していた強力粉を使ってそのままパンを焼き、それを食べていたら、
口の中に違和感があるなぁ・・と思った瞬間にチクッ、と来ました。
何か尖った物で舌を切りました。

お金が貯まったら、室内カメラを買うつもりです。

この記事に


.


みんなの更新記事