世界中で起きてる集団ストーカー(GangStalking)

闇の業の加担者にならず、むしろその悪を光に出して暴露してやりましょう。

全体表示

[ リスト ]

仄めかし・・・

昨日、「仄めかし」について少し書きましたが、
あれは私の実経験に基づくお話です。
内容は「仄めかし」が何なのかを一般の方にも分かりやすく説明するため、部分的に変更させて頂きましたが。


仄めかしは、下記の順に行われて行きます。

_燭特定の行動や言動(不快、不明なものが大半)を全く見知らぬ人が、
しつこくしつこく何度もターゲットとなった被害者の前で繰り返し行います。
それはターゲットに「条件付け」を行うためです。
「条件付け」とは、イワン・パブロフの犬でもご存知のあれです。
この時点では、被害者はまだ自分がストーカーターゲットになっているとは気付きません。
気付かせる必要もないのです。唯、この「条件」に気付かせ記憶させるだけで良いのです。
これをAnchoring(アンカーリング)と呼びます。

△海痢崗魴鑄佞(アンカーリング)」が何であろうと、それ自体が大した意味はなくとも良いのです。
( 私の場合は、「空き缶」の音など。)
唯、後日、必ずターゲットの前にこの現象が、繰り返し繰り返し行われるようになるのです。
全く見知らぬ多種多様、様々な人々によって。
この時点で、被害者は事の異様さに気付き始めます。そしてこれが唯の偶然ではなく、自分を中心に
意図的に不特定多数の人間によって行われている嫌がらせだと気付きます。
この時点で、加害者グループはターゲットに意図的に気付かせて来るのです。
これで将来使える「仄めかし」の準備は完成です。
被害者に仕込んだこの状態をClassical conditioning(クラシカル・コンディショニング)と言います。

次回より、この「仄めかし音・用語・行動」などに、他人が気付かなくとも被害者のみが敏感になる様、
加害者グループによって使われるのです。


そして組織ストーカーからの嫌がらせは、「仄めかし」のみでは終わりません。
自分が何か規模の大きな嫌がらせに遭っていると気付いたターゲットに対する攻撃は、この後、
最初の「条件付け」の他にも、様々に形を変えて色んな嫌がらせや社会的迫害へと度を増して悪くなって行くのです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事