世界中で起きてる集団ストーカー(GangStalking)

闇の業の加担者にならず、むしろその悪を光に出して暴露してやりましょう。

全体表示

[ リスト ]

2017/01/16

今日も、大声で嫌がらせを受ける。
私の家の前までわざわざ来て、


「帰れ」と叫ばれる。

帰れも何もこの家は私と私の家族名義になっているのだから、
持ち主でもない、あかの他人に「出ていけ」や「帰れ」などとどうして言われなくてはならないのか。
文句があれば正々堂々と警察の前でも言えば良いでしょう。

嫌がらせを行うことはそれ自体が「犯罪
なのだから。

結局は自分達こそ「犯罪」を侵している事実がある訳だから、
警察や本人の前では絶対に直接にせず、

腰抜けの卑怯者だからこそ、隠れてコソコソと一人の女に集団で
嫌がらせのストーカー行為を繰り返している異常者たち。

正しいことをしているのならば、正々堂々と本人と警察の前でも行えば良い。
出来ないのは、彼ら闇の子、悪魔の子の証拠。

白人と共犯の悪魔崇拝組織の一員
ども。

ところで、これは私が米国で暮らしていた時によくされた嫌がらせと同じ内容なのです。

ここまで一致しているのは偶然ではないと思います。繋がってるんですね、世界規模で。
悪魔のストーカー犯罪者どもは。

「GO HOME , Whore !!」 帰れ、売春婦!!
「GET OUT OF HERE!」 ここから出ていけ!
「YELLOW WHORE!!」 黄色い娼婦!


米国の集団ストーカー工作員/サタニスト達と同じ内容を繰り返し行います。
私は売春などした事はありませんよ。体や魂を売ったことはないですが。

しかし実際のところ、集団ストーカー員とその加担者達こそ、
悪魔に魂を売り、身売りし、その体に悪霊を住まわせ、
その事により、心霊術が使えるようになり、結果、ストーカー行為をしてるんですよね。

聖書ではこのような人、すなわち「霊媒者」は穢れた霊持っているとあります。
彼らは悪霊により霊媒行為を行うのです。

すなわち、大いなる大淫婦、穢れた霊の住処。巣窟、となった人達です。

終わりの日が近づくとそう言った悪魔の活動も、以前より増して頻繁になり
悪魔の協力者、活動拠点となった人間が集スト工作員達です。
テクノロジー犯罪もありますが、思考盗聴とかテレパシーとか
言われている大半がこの類です。そして悪魔に従いターゲットを迫害します。
聖書には今は
邪悪な時代とあります。


また聖書には、神と悪魔、そして神の子と悪魔の子の戦いについて書かれています。
悪魔の子は神の子を迫害します。町から町へ外国まで迫害の手を伸ばすとあります。
またその背後にあるのは悪魔の霊なので、その霊力を持っていても不思議ではない訳です。

神は全知全能ですからね。
もう正体、バレてますよ。

私がまだ28歳くらいの時でしょうか。
あまりにも彼らの嫌がらせや迫害、そして悪事が酷いので
神に誠心誠意を持って祈っていた時、
彼らが悪魔に仕えている事、悪魔と一心同体であることが判りました。
でも私の言葉を信じなくても構いません。よく神に祈り、聖書をよく読んで下さい。
聖書に彼らの正体は既に暴露されていますから。

たとえ、これらの人達が霊的に不思議な力を示しても、
それを信じたり聞き従ったり屈しては行けません。
それは悪魔から来ているものだからです。
また相手が相手ですので、
神の聖霊に聞き従い信仰を持って生き抜くしか人間には勝ち目はないと思います。

そして何より彼らは知っていてやってるのです。

そして人を迫害し苦しめ死に至らしめたりしては、
その行為を「悪魔に捧げる儀式」としています。


彼らは人が死んだり、苦しんだりするのが好物なのです。
それを儀式的に悪魔に捧げているサイコパスなのです。
実際に集団ストーカーの背景には闇の権力者が関わり、
お金持ち達がターゲットの命で競馬の如く、
賭け事をしているとの情報もあります。
(( 掛け事に付いては本当か否か分かりませんが、 既に非道な悪党ども
ゆえ、被害者の人生を「トルーマン・show」状態にしたり
それで賭け事をしていたとしても、今更、驚きもしません。))


被害者が泣き叫んだり、苦しんでいる様子を悪魔のように冷酷で、
ゲラゲラ・・・と平気で笑って楽しんでいる集団ストーカー工作員をよく見かけます。
それで被害者が自殺しても、です。金のため組織のため家族のため、何でもアリ。
まともな人からすれば「サイコパス」と思える行動を平気でするのです。


ですから精神的に折れそうな時も決して負けては行けません。
神に信頼を置いて祈りましょう。
最期に「歯ぎしりして泣き」を見るのは彼らなのですから。
そして最期に笑うのは世の者達から迫害されて来た私達なのですから。

マタイ13:38-42

『 畑は世界である。良い種と言うのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。
それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御使たちである。
だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。
人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、
ことごとく御国からとり集めて、炉の火に投げ入れさせるであろう。
そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。 』

また自らの組織とその正体がバレて自分の社会的立場が危ぶまれると、
「加害者である自分達こそ、本当の意味での被害者なのだ。」と平気で
手のひら返しをします。呆れるばかりです。

また2chでもこんな酷い事を書いている人がいました。
「東日本大震災は集団ストーカー被害者のせいで起こったのだ、」と。
「これで被害者も加害者になった。」と。
日本人を殺しておいて何が被害者だ。」などと。

今でも2chに残っているかも知れませんが、この様な内容は
あまりにも自らの黙認した、もしくは共犯した悪事が酷いので、
その罪悪感をサイコパスなりに、心情的に誤魔化すため、
今度は集団ストーカー被害者=加害者の構造にして誤魔化したい、ようです。

貴方たちが踏み倒し、破壊した多くの方々の人生。
社会的に追い込み、あるいは死にまで追いやったりした被害者の方々の前で、
そして何よりも、神さまの御前でよくもそんな事が言えますよね。

この事についてはまた後日、話したいと思いますが、
聖書にはエリアとアハブがイスラエルを襲った飢饉の後、
顔を合わせた時の事が書かれています。
個人的にはその事を思い起こしました。( 列王第一 18:17 )

計画的に死に追い込んだ清水由貴子氏の魂に向かって、
神の前で平気で言えますかね? 被害者がこれで加害者になった、などと。
厚かましいことを。

聖書ではこうあります。(イザヤ5:20)

災いなるかな。
善をもって悪とし、悪をもって善とする者たち。
闇を光に変え、光を闇としている者たち。
苦いを甘いとし,甘いを苦いとしている者たちは災いだ。
神はこのような者の魂を忌み嫌う。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事