世界中で起きてる集団ストーカー(GangStalking)

闇の業の加担者にならず、むしろその悪を光に出して暴露してやりましょう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

芸能界と「仄めかし」 これは2chに載せられていた集団ストーカーに関するトピックで、
集団ストーカー員の一員が書いたものと思われ、
芸能関係者によってターゲットに対して行なわれている『仄めかし』を肯定している文章です。
707 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/21(月) 17:21
>>703
いいかい、君達は市場資本主義の世界に生きている。
トップに上り詰めたクリエータ達も万能じゃない。
ネタには日々苦労しているんだ。
ネタはマンガ、小説、歌詞、映画、芸人等あらゆる
マスコミの活動に効果的に利用されている。
自身や芸能人周辺ネタでは限界がある。結局、
一般市民情報から供給しなければ、立ち行かなくなる。
君らが気がつかなければ、いいネタ元になっていた物
をこっちはあがったりだ。
君達は選ばれたんだ。それぞれに物語が設定してある。
君達に刺激を与え、物語を発展させ、そこからネタを貰う。
物語を発展させる想像力は意外と稀有な能力でね。
忘却のかなたに消える所を世に送り出してあげている訳だ。
君達も自分達のネタが商品化されていたら喜べよな。
これで市場が盛り上がり、景気が良くなり、皆ハッピーだ。
完全なシステムさ。君らが一翼を担うのは当然だろ。
気が付いていないが君達は自分でその道を選んだよ。
もっと大人にならなくちゃ駄目だよ。

・・・何とも気味の悪い異常な言い訳ですね。
彼らの異常さが窺えます。
このような言い分で、ターゲットにされた方々の人生を崩壊させて行く犯罪を正当化している訳です。
全くのサイコパスですね。
私自身もメディアによる「仄めかし犯罪」の被害者ですが、
この文章に書かれている内容は許しがたい犯罪の正当化です。
「君達に刺激を与え、物語を発展させ、そこからネタを貰う。 」
真実はそんなものでは御座いません。ここで言われている「刺激」ですが、
ターゲットが見ているメディアを使い「殺人予告を含めた内容」を堂々とテレビやネットで流すのです。
そしてその後、確実に犯罪を犯す、のです。
その犯罪の中には殺人も含まれています。
 
「仄めかし」ですから、テレビを見ている人達の皆が皆、その内容に気付くはずが御座いません。
犯罪を計画したカルト側関係者とターゲットにされた個人(被害者)のみ気付く様な仕組みなのですから。
「気が付いていないが君達は自分でその道を選んだよ。」とありますが、
自分から進んで被害者になりたい人などいるでしょうか?
こんな言い振り回しを使いターゲットにされた方々の責任を問い、
被害者にその責任を転換しようとしているのです。
実際、ターゲットにされた被害者は一人たりともその責任を負わされる必要は御座いません。
 
ここで私が気付いた奇妙なNHKの朝の連続ドラマで放送された「さくら」と言う番組の内容について
書かせて頂きます。主人公の女(英語の教師役)が教壇に立った後ろの黒板に英語で書かれていた
場面が出たエピソードがあります。
 
HELP ME THE DEVIL WILL KILL US(助けて、悪魔が私達を殺すわ。)
 
と言う文章ですが、英語が堪能な方は気付いたのではないでしょうか。
 
私は米国帰りで、主人公役の女と同じく英語は話せます。
(女性が英語を生かして教師である内容がストーリーでした。)
また私に対し集団ストーカーを実行している者たちの正体は、以前からこちらに書いておりますが、
悪魔崇拝者たちなのです。(私が見抜いた後、相手たちも「バレたか。」とその正体を認めております。)
「悪魔」などと普通一般常識では考え付かない言葉をどうしてNHKがストーリーを通し黒板に書いている
のでしょうか。何故なんでしょう。本当に不思議ですね。彼らの答えは何なんでしょうね。
何故、こんな事をするんでしょうかね。

他にも幾つか証明出来る内容が(海外の有名人を含め)幾つかありますがここでは控えておきます。
また私以外の多くの日本人や海外で被害に遭っている方々に対する集団ストーカーの大半も
最終的には背後にあるまとめ役として主犯格にこの組織が存在します。
多くのメディアは悪魔崇拝に加担しております。
裏の顔と表の顔を持ち合わせており、背後では悪魔崇拝をする異常者の集まりです。
まともな人にとって「悪魔崇拝」なんてあまりにも馬鹿馬鹿しい話かも知れませんが、
あの者どもは本気でそんな事をしているのです。
 
イルミナティ等、フリーメーソン系は、
英国

米国

日本
の順で戦後日本に入って来たと思われます。
実際、現在では日本のマスメディアや一般社会にも強くその影響力を持っています。
一般人の顔をして陰では何をやっているかわからない異常者組織です。

「トップに上り詰めたクリエータ達・・・」・・とありますが、
実は、人殺しに加担しなければメディアで利用して貰えない「才能なしの負け犬たち」、
才能もなく家系も下賎な恥知らずの目立ちたがりたち。
それが上記の有名人達の本当の正体なのです。
有名になりたい、お金持ちになりたい。
そのためにはフリーメーソン(悪魔)に身売りをしてでも、出世を約束して貰う。
そして組織のためには何の恨みもない無実な人たちを喰いものにする。
悪魔(メーソン)との運命共同体。
それが彼らの正体なのです。
このような犯罪組織によって実行されている集団ストーカーに加担した者達は皆
例外なく一般人も含めて悪魔と同じ裁きを神から受けるでしょうね。
フリーメーソンとサタニズムの関係は下記のURL(英語)になります。
http://www.ritualabusefree.org/Freemasonry%20and%20Satanism.htm
アレイスター・クロウリー 自身もフリーメーソンのメンバーで「33」という
フリーメーソンの中では最高位の階位であったそうです。
このナンバーが意味するものは「流血、殺人等々・・」悪魔崇拝の中でももっとも残虐な行為に貢献?
した者だけが受ける階位らしいです。
 

開く コメント(13)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事