全体表示

[ リスト ]

久々にブログを更新します。時間が空いてしまったので、私の病状が悪化したのでは?と思われた方もいるのではないでしょうか。ご心配をおかけしましたが、反対に忙しくしておりました。

3月の確定申告のあと、4月には甥夫婦(2人とも理学療法士)の若い力を借りて、施設にお世話になっているGGBABAの両親(車椅子2台利用)を連れ、「沖縄『日帰り』旅行を決行しました。那覇空港で、姉夫婦(姉も車椅子)とも合流し、手配していた大型介護タクシーで7人全員移動しました。

母方の法事出席のため、とは言いながら、90歳の父、88歳の母、私の病気、姉夫婦の健康の不安、共働きで忙しい甥夫婦との旅・・・色々な意味で家族で大きな旅行ができるのはこれが最後かな・・・と思いながら、ほとんど気合と執念で実行に移しました。

沖縄の親戚の前で帽子を脱いだら、みんな目が点になってしまった・・・。聞けば、沖縄はガンの罹患率が一番低い県だそうで、沖縄の親戚で癌になっているひとは皆無。ちょっと刺激が強かったみたい。
5/7追記:法事が終わった後は、すぐにその場を失礼して、ユインチホテル南城に移動。猿人の湯というホテル温泉施設には2階から海を見渡せるリレクゼーションルームがあり、午後はGGBABAに手足を伸ばしてタップリお昼寝をとってもらいました。帰りの空港では、全員揃って「ソーキそば」タイム♪いっしょに楽しく食事ができるひと時・・・本当に大切でありがたかったです。神様に感謝!
これで、また一つやりたかったことが達成できたので、心おきなく病気治療に専念できます!

腫瘍マーカーがまだ1桁にならない・・・。でも主治医からは、腫瘍マーカーが13.6と「14」を割った段階で、抗がん剤治療を中止して、分子標的薬アバスチン単剤のみの点滴に切り替えるとの治療方針の説明がありました。

再手術前にセカンド・オピニオンを受けた病院では、「1桁」が望ましいと説明があったので、改めてセカンド・オピニオンを受けたいと主治医に希望を出しています。
ご参考までに、最新の腫瘍マーカーCA125の推移は以下のとおりです。

副作用は手足先のしびれと筋力低下です。味覚障害は消えました。口内炎はありません。また、極端に糖質を制限した「免疫栄養ケトン食」を初めてからは、血色素(ヘモグロビン)の値が正常範囲内に落ち着き、以来一度も下がったことがありません。白血球は、アバスチンの影響もあり、不安定な動きをしていますが、「たいしたことない」程度だそうです。心配していた肝機能ALTも安定しています。(たまに、あんパンやフランスパンを見かけると、かじりたくなりますが・・・ガンを大きくさせないために我慢!我慢!)

イメージ 1


















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事