スズキ GSX1300R ハヤブサ なにわ隼 一直線!

初めてのバイクが隼で今もずっと乗り続けています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ ]

イメージ 1

さて、このブログは自分の趣味のバイク、オートバイについてのブログなのですが、
なぜ、そんなにバイクが好き、夢中で楽しいのか?

自分で考えたバイクの魅力と言うものをまとめてみました。

まず簡単に一言で言うのは難しいのですが、
『自由』『爽快感』『非日常』な気分になれる事ですかね。

これらの事がキッカケで、実際にライダーになれば
ライダーになってからわかる楽しい事がドンドンドンドン膨れ上がってきます。

趣味が特に無いと言うのであれば、バイクの免許を取る事を強くお勧めします(笑)
そこから広がって行くと思います。


自分の場合のバイク免許取得のキッカケは単純に
あまりバイクは好きではなかったのですが、
友達がバイクに乗っていてカッコ良く、資格も欲しく、ちょっと何かをしたかったからです。

自分は車の免許を持っていたので学科試験は無く、実技のみで取得可能らしく、
これがキッカケで普通(400cc未満)免許をなんとか取得し(笑)
立て続けに大型二輪を取得したわけです。

教習所内で二輪をライド(運転)してる時、風を感じながら
これが教習所の外、気軽にどこでも日本中、世界中の路上で乗れると考えた時の
ライフスタイルが大きく広がるような感動は忘れません。
四輪とはまた違った感覚でした。

四輪も大好きなので、車を否定しているわけではありませんよ。
これらの事を今まで感じてきた事を箇条書きでまとめてみました。


・小回りが利き、車と比べれば、価格や燃費や維持費は安く、気軽な行動範囲が大幅に広がる。

・温泉、道の駅、観光地、食事、出逢い、絶景ロード、大自然、風、ラーメン、
 B級グルメ、遠出、ネタなど、何か一つの小さな目的
 (あそこにちょっと行ってみたい)でも、気軽に行ける。

・日常→バイクに跨れば非日常。

・二輪車同士がすれ違った時はお互いの挨拶、ピースサインなどを交し合います。
 挨拶の意味は人それぞれですが『お互い無事故でな!』や『よう仲間よ!』と
 言うイメージが込められています。
 同車線の周りのバイクとはなぜか敵対してしまいますが(笑)

・北海道ではほぼ100%ライダー同士の挨拶有り、
 カナダ、アメリカもバイクの種類問わず挨拶率100%でした。

・ライダーズカフェや、ライダーズハウスのようなライダーお得な施設もたくさんあります。

・トゥーリングやイベントはMIXI等でたくさん有り、
 毎週末が違ったメンバーの、あの小学生に感じたような遠足前のようなワクワク感があります。

・オーナーズクラブのミーティング、トゥーリング、レースがたくさんあります。
 900人近い規模のミーティングもあります。

・トゥーリングやミーティング等で初めて会った方とも
 趣味が既に同じなので会話も自然に弾みます。

・同じ場所のトゥーリングでも季節、メンバー、年齢、バイクが違えば、
 また違った受け取り方があり、楽しさがある。

・ライダー友が友を呼び、友達もたくさん増えます。

・ライダー界は狭く、同じライダーとまた偶然会ったりする事ができ、世間が狭く感じます。

・ストレート、カーブやアップダウン、全ての道がテーマパークのようになる。

・目的地に着いた時の疲れ、ダルさが無く『ここまで来たぞ!』と言うような大きな達成感がある。
 
・出発から到着、出先から帰宅までの過程にもライディングと言う楽しみがある。

・道路の幅は二輪には広く、走り方が自由で、色々なActionができます。狭い道も余裕です。

・一言バイクにも、ネイキッド、スーパースポーツ、オンロード、オフロード、アメリカン、
 ツアラー、モタード、フリースタイル、レースタイプ、ミニバイク、エンジン形式などなど
 種類豊富で、また全然違った楽しみ方があります。

・独自の新しいファッションがある。
 車は車、バイクはバイクとライダー。

・加速が楽しく、信号待ちすらも、出だし加速できるので楽しい。
 加速はフェラーリ以上。

・信号待ち中や、バイクを停めているだけでよく話しかけられ、
 ここでも話が弾みます。

・小さい子が手を振ってくれたり、カッコイイと言ってくれたりします。
 こちらからも手を振ってあげれば大喜びして手をずっと振ってくれます。

・案外二輪は忘れがちなところがあり、駐車場が無料だったり、優先されたりする事もあります。
 勿論、四輪と同じ条件を付けられ損する事もあります(笑)高速道路料金とか…

・今までイラついていた、擦り抜けも自分ができてしまう。
 渋滞情報、○IC〜●IC 渋滞20km、5時間→バイクにはあまり関係ありません。

・トゥーリング中、バイクを停め、エンジンを切った時のあの自然の鳥の鳴き声や、
 川の音、滝の音、あの静けさが堪りません。

・メンバー年齢が10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代以上でも
 一緒に走れて会話が弾みます。

・周りのガラスなどに写っている自分のバイクとライダー姿に惚れます(笑)

・カスタムやちょっとした、カスタムを施せば、大きな達成感が得られ、
 次に走るが楽しみになります。

・バイク乗りは実年齢より若く見られる傾向がある。調査中…だそうです。などなど!
 http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/05/post_3463.html 

トゥーリングコーナー
http://www013.upp.so-net.ne.jp/viteiyu/page043.html


ライダーになれば、新しいライフスタイル、
バイクライフが手に入ります。

これ以外にもバイクにはこんな魅力があるなどがあったら
どうぞお気軽に教えてくださいね!


ホームページ:BMPクラフト
http://www013.upp.so-net.ne.jp/viteiyu/index.html

イメージ 1

2009年平成21年1月1日、大安元旦。

新年明けましておめでとうございます!
旧年中はどうもお世話になりました。
まだ去年作ったばかりのブログですが
今年からも是非よろしくお願いします。


今日は早速、初日の出を観に出かけてきました。
バッチリ2009年の初日の出を拝むことができました。

余談ですが、先進国で一番最初に初日の出が観れるのは日本なんです。

お正月と言うことで自分のハヤブサにもお飾りを付けました。
またハヤブサベストにも2009年ワッペンを作りました。

お正月ではお飾り、節分には鬼のお面!?、
ひな祭りにはひな人形、こどもの日には鯉のぼり、七夕にはささ、
クリスマスはクリスマスツリー、ハロウィーンにはハロウィン雑貨など
季節に合わせてバイクの飾り付けを変えるのも面白いかもしれませんね。

たくさんの昔からの伝統的な行事があり、見所がたくさんあり、
四季がクッキリしていて、同じ場所でもまた違った季節の景色が楽しめ、
天候も変わりやすく、国は狭いのでたくさんのトンネルや、ワインディングロードに
温泉など、これは海外にはあまり無い、日本のイイトコロだなと感じます。

その点、日本はモノスゴク、旅やトゥーリングに恵まれている国だなと思います。
今年もこの日本でたくさんのトゥーリングやイベントに参加したいと思います。

それでは、今年2009年も是非よろしくお願い申し上げます!

イメージ 1

四輪&二輪のトゥーリングドライブ


さて、自分は、ホームページのトゥーリングレポートで
よく車とバイクでトゥーリングドライブへ行ったりします。
なぜなら、仲の良い友達は四輪のS15シルビア乗りですので。


四輪VS二輪ではなく、
四輪と二輪が混じったツーリングドライブ

そのトゥーリングドライブ、一体どんな感じなのか、
自分の思っている事を書かせていただきますね。

自分的には、これが案外面白いですね!


しかし、正直、最初は二輪が四輪に気を使わなければならないと
感じますが、これ実は、車の方が気を使うそうです。

まず最初に思う、渋滞時のすり抜けに関しては、
これは勿論、二輪が気を使わなくてはなりません。

例え、渋滞していても、信号が赤になっても
トゥーリングドライブなら車の後ろですね。
それか、すり抜けして、先のパーキングエリア、道の駅等、給油して待つかですね。


しかし、ほかの事に関しては四輪車が二輪車に結構気を使うようです。

・ライダーの出発までの準備。
・荷物持ち。
・ライダーの装備替え待ち(グローブやジャケットの着用待ち)。
・雨天時のフォロー。
・燃料給油が車に比べて頻繁。(トイレも…)など


双方が気を使うところ

・二輪は道路端に簡単に停まって地図など見れたりしますが
 もし、四輪との場合、車が入れるスペースのある所を探さなければならない。


この通り、案外四輪の方が気を使っているようです。


なので自分達は、泊りがけのトゥーリングドライブ等に行く時は
双方のイイところをいかして、トゥーリングドライブでをしています。

まずは荷物。
バイクで泊りがけのトゥーリングに行く時は
ライダーなら誰もがわかる荷物量の多さです。

バイクの積載量はカナリ限られています。
しかし、四輪車と行った場合は、荷物は車に入れてもらうのです。

これで自分は3泊の泊りがけのトゥーリングドライブも
シングルシートで行けました(笑)

その代わり、渋滞や信号待ちは車の後か、
先に行って停まっておく、これが自分達の暗黙のルールみたいな感じです。

道のややこしいところはカーナビ付きの車にまかせたりもします。


しかし、普通のトゥーリングでのオススメロードなどはお互い
気を使わなく、楽しく走っていますね!

車もバイクもお互い、走りにじっとしていられないので
Actionをいれたり、
たまに抜いたり、抜き返したり、
各イイシチュエーションで自慢しあったり、

・車自慢: 雨天時、クーラーかけてる時、暖房かけてる時など
・バイク自慢: 風、香り、温度、加速、空気など


二輪VS四輪

加速は勿論バイクの方が速いですが、
狭い道、カーブでは四輪の方が速かったりします。
結論を言うのはまだ早いですが、道に寄って
四輪の方が速かったり、二輪の方が速かったり

F−1(四輪最高峰のレース)とMOTO GP(二輪最高峰のレース)では
圧倒的に四輪の方が速いです。

やっぱカーブ前のツッコミが違いますね。


よく二輪と四輪は、ライバル的にも感じますが、
自分が思うには全く別物な気がしますね。


さて、たまたま友人が四輪を選び、自分は二輪を選んだ事によって
二輪と四輪のコラボトゥーリングドライブができたわけです。


お互いのオススメロード走行はなかなかイイですよ。
たまにはこういうちょっと変わったトゥーリングドライブもイイものです!

BMPクラフト
トゥーリングコーナー、トゥーリングドライブ等
http://www013.upp.so-net.ne.jp/viteiyu/page043.html

イメージ 1

ホームページのハヤブサコーナーを大幅リニューアルしました!


最近からブログを始めましたが、
このホームページは、自分が学生の時に作ったモノなんです。

SINCE2002年ですからもう6年以上前になるんですね。

ホームページを作ったキッカケは、
たまたま高校の友達がホームページを持っていて

自分も是非作ってみよう!

となって、高校生の頃からの自分の絵の作品をネット上に公開したく、作ったものです。


しかし、自分一人のホームページでは少々さみしいので、
高校時代からライバル友達的な存在、
お互い絵が大好きで知り合ったTH君と合同して作り上げました!
TH君も絵などがうまく、

 ・TH君がうまい絵を書けば、自分も対抗して書く、

 ・TH君がうまい模型を作れば、自分も対抗して作る。

 ・TH君がバイトを始めたら、自分もバイトを始める。

 ・TH君が海外に行くなら、自分も事前に海外に行ったりなど

ライバル友達的なヤツです。

ただし、TH君が車S15シルビア(四輪)を購入したら、
自分も対抗して、スズキ ハヤブサ1300(二輪)を購入!

ここでTH君は四輪、自分は二輪、
これが火種となり、今は


TH君:四輪の方がイイ!
自分:いやっ二輪の方がイイ!

となり、永遠のライバルです(笑)

だから、自分のホームページはバイクだけのトゥーリングレポートだけでなく、
バイクと車との共同ツーリング、トゥーリングドライブレポートがたくさんあるんです。


話が少しずれましたが、このホームページ、

そう!
最初は、TH君とペイントプログラム(拡張子BMP)で作成した絵のホームページだったのです。

だからホームページネームはBMPで、クラフト(ものづくり)する、
そして『BMPクラフト』となったのです。


それから、絵からプラモデル、プラモデルからマイマシンコーナー、
マイマシンコーナーにトゥーリングレポートもできたわけです。


今ではページは280ページ以上あり、
画像は2270枚以上あります!?


さて、リニューアルしたホームページを是非ご覧下さい!

http://www013.upp.so-net.ne.jp/viteiyu/

自己紹介!

イメージ 1

初めまして!

大阪在住の隼ライダー
街乗りの隼viteiyuと申します。

バイクが大好きで、週末はトゥーリングなど、
色々なバイクイベントに参加しております。

初めてのバイクが隼で21歳からずっと乗り続けています。
走行距離(2008年10月現在)約70000kmです。
北海道から九州までトゥーリング大好きライダーです。

また2006年に半年間、ワーキングホリデーでカナダの
バンクーバーに住んでいて、バイクショップを歩き回りました。

カナダ、アメリカもバイクでトゥーリングしました。
(ホームページにツーリングレポート有り)

また現在、カナダ、アメリカトゥーリング時に
見つけたバイクショップからバイクコレクションを輸入したりもしています。

とにかくバイク、ハヤブサが大好きで、
バイクやトゥーリングにまつわる話や、
色々な事にチャレンジしてしていこうと思います。


コンセプト

ホームページも持っています。
主にトゥーリングを紹介し、またオリジナル自作作品やコレクションもあります。
自作隼ベストや、自作隼携帯ストラップ、タミヤ模型の隼など。
絵も少しあります。



ブログは主にトゥーリングにまつわる色々な話や、
ふと思った事や、また色々なチャレンジをしていくところを
つづっていこう思います。


これから是非よろしくお願いします!

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事