鉄りすと

明日は霜降。露が冷気によって霜となって降り始める頃。「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」(10/22 8:19)

全体表示

[ リスト ]

 12月3日・4日の両日かけて高速道路を運転し、約1か月半ぶりに水戸まで戻ってきた後…
 またまた、半月後の22日には佐世保へ向かう必要が生じた。

 時は既に青春18きっぷを使える時期となっていたが…
 ここで私はいろいろと考えた。

 青春18きっぷで佐世保へ向かった過去2回の経験から行くと、途中の行程に若干なりとも余裕を持たせるためにはどうしても片道で2回泊まることが必要で、片道3日分使うこととなる。
 そうすると、1冊5回分の18きっぷを2冊買って、4回分余ることになる。
 4回分を他に回して使うことは可能だが、それもちょっと今の私の状況だとどうなのか。
 仮に2冊使っても青春18きっぷ(1冊:11,500円)だけしか使わないから、移動にかかる費用は極端に安くなるものの、往復合わせて4回の宿屋利用というのがちょっと引っかかる。
 仮に、宿屋の会員特典を最大限活用し、安いプランを利用して1泊6,000円としても、4泊だと…。

 比較のために、最も安くなる方法で寝台特急列車を利用した場合のことを考えたのであるが、長崎・佐賀ゾーンの周遊きっぷを使えば46,540円で往復寝ながら移動出来るし、現地で特急列車を使って周遊できる。
 費用では客観的にハジき出す事は出来ないが、乗り換えの手間を極力減らすことが出来るというのも効果は大きい…。

 やっぱり、自分が今一番乗りたい列車で行こう!
 洒落にならない状況での所用の旅だからこそ、往復だけでも楽しもう。
 ということで、こうなった。
イメージ 1



 ところで、発券時にとても手間が掛かるとあまり評判の良くない周遊きっぷであるが…

 前回、別な駅で頼んだときには、依頼したきっぷはきちんと発券して貰えたものの、1つしかない窓口を30分くらい塞いでしまい、窓口の駅員氏にも、他の利用客の方にも大変申し訳なかったのだ。
 窓口の方がとても親切な方で、長時間待つこととなった私に気を遣って下さりつつも、端末と格闘して目的のきっぷを発券して下さったことだけは記しておく。

 今回はというと、窓口には充分に余裕のある水戸駅で依頼したが…、
 念のため周遊ゾーン券の確認をマニュアルで「これですね?」と私に確認していたものの、その後は、私が指定した、ゾーンへの出入口駅とそこまでの経路を受けて、すべて画面だけを見てテキパキと操作され、私がのぞき込んで見ている前であっという間に発券して頂いた。
 さすがの発券対応に、プロ意識を感じた。


 水戸を12月20日の15時の普通電車で出発した。
 行きの最初だけでも疲れない方法でと思い、この日が土曜日であることもあって、グリーン車にした。

 途中の土浦で、後ろに5両を増結したり、上り特急「スーパーひたち42号」を待ち合わせるために14分停車。
 ホームに入るときに、ある機関車の姿がチラッと見え、カメラを持って到着したホームを後方へ駆け出した。
 下り高速貨物列車を引く機関車は、EF81 95号機であった。
 ご覧の特徴的な側面塗装で有名である。
 この列車の到着と入れ替わりに下り方面へ発車していくために、すぐ動き出したのだが、何とか間に合った。
 でも、カメラの調整が全くで、白く飛んでしまった(写真掲載にあたり、明るさなどを相当調整している)。
イメージ 2



 17時過ぎ、上野到着。
 一旦改札を抜けて、駅ナカの食料品店で晩御飯の弁当を調達したあと、山手線電車に乗り込み、東京へ。

 中央通路で撮った、出発案内表示機の表記。
イメージ 3

イメージ 4


 そうして、10番線のこの札の下でしばし待つ。
イメージ 5





2008年12月20日
1枚目:
 JR常磐線・水戸駅みどりの窓口にて撮影
  往路のきっぷ(寝台特急「はやぶさ」号特急券・B寝台券、周遊きっぷ(ゆき券))

2枚目:
 JR常磐線・土浦駅3番線ホームから撮影
  下り高速貨物列車B 2095列車
   牽引機関車: EF81形交直流電気機関車 95号機

3・4枚目:
 JR東海道本線・東京駅中央通路にて撮影
  出発案内時刻表

5枚目:
 JR東海道本線・東京駅10番線ホームにて撮影
  乗車位置目標


 お願い

 いつものお願いですが…
 くれぐれも、寝台特急「富士・はやぶさ」号に関する後ろ向きなコメントは厳に控えてください。
 収拾が付かない場合は、このレポートは掲載を停止します。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

旅行いいですね!仕事がヤバイ状態ですので今は、どこへもいけません。

2009/2/2(月) 午後 1:31 [ yuki ]

顔アイコン

ゆうちゃんのブログさん > コメント頂きまして、ありがとうございます。 m(__)m
ごもっともですが、私も次なる生活の糧を求める旅なのです。 ただ、それだけでは寂しいしつまらないので、行き返りだけでも楽しませてもらうことにしています。

2009/2/2(月) 午後 2:45 ☆Nori

僕はまだ寝台列車には乗車したことがありません。
でもいつか寝台列車に乗ってみたいと思います。
いいですね〜寝台列車♪

2009/2/2(月) 午後 5:30 ひゅうが

顔アイコン

えち鉄♪さん > 乗ってみたいと思ったときが吉日です。 是非乗ってみてください。

2009/2/2(月) 午後 8:20 ☆Nori

駅の窓口にいらっしゃる方って本当に大変ですよね〜。
私も数十分塞いでしまったことがあるのですが、並んでいる方にご迷惑が^^;
さすがに大きな駅ともなると、手さばきが違いますよね。
Noriさんも仰られているように、これぞプロ!!っていう感じがします。
その手つきに感動しながらも、対応してくださる方の雰囲気が良いとまた感動します。
これから向かう旅が良いものになる…そんな気持ちにすらなりますね(^^)

2009/2/4(水) 午前 8:21 まりも。

顔アイコン

まりもん > そう思いますね。 お客が口頭で告げる行先、経路と列車をちゃんと把握して、端末に入力しなくちゃならないですもんね。
私としては、前回は、その駅の売上に貢献できるかな?ということで、わざとそっちの駅に行ってみたんですが、失敗だったかなー。 (^^ゞ でも、寝台券のほうは比較的簡単だから、前回と同じ駅に買いに行きました。

2009/2/5(木) 午後 9:50 ☆Nori


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事