鉄りすと

明日は霜降。露が冷気によって霜となって降り始める頃。「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」(10/22 8:19)

全体表示

[ リスト ]

 見晴らしの良い展望所から、鋼鉄製の赤い橋の姿が見える。
イメージ 1

 あれが、国指定重要文化財の筑後川(ちくごがわ)昇開橋である。
イメージ 2

国指定重要文化財 旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)

 筑後川昇開橋は、旧国鉄佐賀線の鉄橋として昭和10年5月に竣工しましたが、急流の中に船の航行を容易にするため、昇降式可動橋を取り込み仮設されている点に特色のある景観を添えております。
 この昇降式可動橋は全体で約507メートルあり、鉄塔の高さは約30メートル、可動桁の長さは約24メートルで東洋一の規模を誇り、さらに現存する可動橋としては最古のものといわれています。
 開通以来、この鉄橋は沿線の地域や住民に故郷のシンボルとして格別の愛着をもって親しまれてまいりましたが、急激な自動車文化の進展に伴い大型橋梁の建設と相俟(あいま)って、佐賀線も昭和57年の国鉄第二次廃止対象路線となり、昭和62年3月国鉄佐賀線の廃止とともに鉄道橋としての使命を終えるところとなりました。
 しかし、この昇開橋に寄せる地元住民の愛着と郷愁の念は止み難く、大川市(おおかわし)諸富町(もろどみちょう)があい携え、歴史的資源並びに地域発展のシンボルとしての保存活動が実り、平成8年4月財団法人筑後川昇開橋観光財団が設立され、遊歩道として生まれ変わりました。
 また、平成8年12月に国の登録文化財の第一陣に登録され、さらに平成15年5月30日に技術的に優秀かつ歴史的に価値が高いとの理由により、国指定重要文化財に指定されました。

平成15年10月
大川市教育委員会

 開通後間もない、昭和13年頃の姿。
 橋の下を潜ってきたらしい大きな汽船の姿が写っている。
イメージ 3


 昭和60年頃の写真はこちら

 そして、これが今の橋の姿。
イメージ 4


 可動橋部分を拡大したもの。
 いま上に上がっている桁の部分が上下方向に移動し、下に下がれば列車が通り、上に上がれば大きな船が下を通る。
イメージ 5


 本来ならこの橋を渡る遊歩道が整備されており対岸の佐賀県側まで渡ることが出来るのだが、既にご紹介しているとおり可動橋の部分に不具合が生じたため、今年6月30日までの間はこの橋を通る遊歩道の通行が出来ない。
イメージ 6


 この橋が渡れるようになったら、出来ればまたこの場所を訪ねてみて是非橋を渡って筑後川の対岸まで行ってみたい。




2013年3月3日撮影
 筑後川昇開橋(福岡県大川市)


閉じる コメント(6)

顔アイコン

ちょっと古い陸橋、東京ゲートブリッジに・・・無理があるか^_^;
筑後川、日本の発展には欠かせない川だったんでしょうね

2013/3/23(土) 午前 0:40 ladybird♪

顔アイコン

6月30日以降は、また渡れるようになるのですね。
ぜひぜひ、頑張って渡ってください。
ナイスポチです。

2013/3/23(土) 午前 7:23 goodlife5859

顔アイコン

向日葵姉さん > 見た目がちょっと似ているところがあるのでしょうかね。 うーん、そういわれてみれば、確かにそんな気もしますな。
九州で最も大きな河川である筑後川は利根川、吉野川(四国)と並んで、日本三大暴れ川の異名を取っているらしいです。
大川という町は古くから家具の町として知られており、現在もなお家具の生産高は全国一らしいですよ。 大分県の日田で伐採された丸太をいかだに組んでこの筑後川に流して運んでいたらしいですよ。

2013/3/23(土) 午後 9:23 ☆Nori

顔アイコン

グッドライフさん > 乗り換える前の車のお別れ旅行として出かけたんです。 出かける前にちょっと下調べしたところでは、滑車が壊れていて可動橋は動かないが、その部分の手前までは歩いて行けるようなことが書かれていたのでちょっと期待していたんですが、失敗でした(笑)。 また修復できてから行ってみたいです。

2013/3/23(土) 午後 9:26 ☆Nori

顔アイコン

これは凄い!佐賀線も初めて知りました。
昭和十年ということは、78年の歴史があるんですね。
川にこんなポンポン船が走っていたとは…想像すると素敵です(^^)
行ってみたいけど、やっぱり、車ですね。。。

2013/3/30(土) 午後 10:30 ガンモ

顔アイコン

ガンモさん > 佐賀線は佐賀から福岡県の瀬高(筑後船小屋の隣)までの路線でした。 一日を通しても運行本数は少なかったですが、昭和55年9月まで長崎から熊本までの急行「ちくご」号が1往復運行されていたこともありました。 本文にありますように、筑後川は昔から水運が発達していたんですね。
はい、今ではバスかマイカーなど自動車交通で行くしか、ここへ到達する方法が無いですね。 佐賀線の線路跡が道路に転用(遊歩道・自転車道区間も含む)されている区間の割合が大きく、航空写真で線路跡をたどりやすくなっていますね。

2013/3/31(日) 午前 10:14 ☆Nori


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事