全体表示

[ リスト ]

安達太良山(下山編)

 
帰りはゴンドラを使わず下山するためこの稜線を歩いて行きます。
 
左は立入禁止区域(有害なガスが発生してるため)
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
霧で登山道をそれてこの有害ガスで亡くなってる方もいるので注意が必要です
 
 
稜線は遮るものがないので強風が直に当たり、寒さで耳はちぎれそうに痛いし、飛ばされそうになり何度もバランスを崩して怖かったです
 
 
また霧がかかってきました
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他の登山者が少ないのがこれまた恐怖を煽ります。。。
 
 
30分ほど歩いたところで別の登山道から下りてきた山ガール達に会いましたホッ
 
カラフルな山ガール達
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山ガール達、すごく早くてすぐ見えなくなりました。。。寂しい
 
 
そしてここで事件が。。。
 
 
母が浮石に足をとられて転びまして。。。手首を捻ってしまいました
 
左手首を押さえて「痛い。気持ち悪い」と言うので骨折ったかな〜(骨折すると貧血になることがあるので)と
焦ったのですが、「捻挫だと思う」と言うのでしばらく座って気分が回復するのを待つことにしました。
(本当はヒビが入っていたのですけども〜
 
そこへ下山してきたおじさんに「大丈夫ですか?どうしましたか?」と声かけられたので説明したところ、スプレー式のサロンパスを貸してくださいました(おじさん、ありがとう!)
 
 
お礼を言ってまた下山開始
 
 
中腹のくろがね小屋に到着
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左側の道は立入禁止です
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
くろがね小屋では岳温泉(400円)に入れますが、母は手首を温めないほうが良いので私と叔母でサッと入ってきました
 
白濁した硫黄の温泉で最高に気持ち良い〜!
 
母にも入ってもらいたかったくらいの良い温泉でした
 
 
温泉から上がると母の手首に湿布と添え木がされてました。
(この頃には手がパンパンに腫れてました)
 
くろがね小屋の方が応急処置してくださったそう。本当に感謝、感謝です
 
 
さぁ、ゆっくりはしてられません!下山しないとっ!
 
 
2時間くらい経ったでしょうか。渓谷が見えてきました
 
あだたら渓谷遊歩道
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時点で私達の疲労度はピーク
 
下山で足がガクガク。。。
 
 
それでも記念写真は撮らないと〜(母とパチリ
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おっと〜、バスの時刻まで時間がない〜
 
渓谷をゆっくり見ながらの下山はできず、とにかく先を急ぎます
 
 
みんなゼーゼー言いながら登山口に到着。。。
 
なんとかバスに間に合いました〜
 
 
もちろん帰りはこれね
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駅弁とビールでカンパーイ
 
 
 
それにしても今回はハードでした。
初めて山の恐ろしさを知ったし、死の恐怖も味わいました。
 
母が怪我したときも湿布すら持ってなかった私達。。。準備不足を痛感。
何があるか分からないですもんね。反省です
 
 
 
昨日、今日とロボットな動きの私
 
尻筋、太もも、ふくらはぎがバキバキに痛い。。。
 
 
それでもまた山に登りたい気持ちが湧いてきてます!
これはなんでしょうね。
 
怖い思いをしたときもアドレナリンが出てるのかテンション上がってましてドキドキだけど楽しいみたいな感じでした。。。

閉じる コメント(30)

顔アイコン

お母さんお大事に!!

安達太良は日の出でしょうね。

2010/9/22(水) 午後 11:02 [ ロンギーネ ]

とってもサバイバルな日帰り登山でしたね!
お母様、早く良くなりますように!
一歩間違えると大怪我しちゃうので、慎重な行動としっかりした下準備が必要ですね!(^^)!
渓谷はマイナスイオンたっぷりって感じ!
登りきった後の駅弁とビールは格別だろうな(^^♪
(もんぴんパパ)

2010/9/23(木) 午前 8:59 もんぴん

お母様大丈夫ですか?私今自分がそうだから他人事じゃないですよ〜〜〜。。。。
先日テレビで山岳救助隊の訓練を放送してましたよ。彼らトレーニングで40キロの荷物背負って山頂から下山する訓練を連日しているそうです。取材中も足を踏み外して骨折した男性を背負って下りてきていました。この人たちが山を守っていてくれるのですね!
安心して飲むビールに駅弁、最高だね。お疲れ様でした、そしてどうぞお母様お大事になさってください。ぽち☆

2010/9/23(木) 午前 9:59 ♪tomo♪

顔アイコン

>サーモの海さん 登山は母と叔母と共通の趣味なので一緒に行けることに意味があるのかもしれません^^
横浜の喧騒から離れて山の空気、景色を堪能することがリフレッシュになって良いのですよね。

2010/9/23(木) 午後 0:21 ヴィヴィ

顔アイコン

>バニラちゃんママ クライマーズハイってやつですかね?そんなに険しい山に登ってなくても恐怖を感じるとこういう気持ちになるのでしょうかね?不思議です。。。
そう、下山のほうが足腰には大きな負担がかかるのでそれがいけなかったのでしょうね><
母は病院行ってヒビが入ってることが分かったのですが、骨がもろくなってるのでこれからは登山よりもハイキングを増やしたほうが良いかもですね。

2010/9/23(木) 午後 0:27 ヴィヴィ

顔アイコン

>もっぷのばあやさん 高村光太郎の詩は道程しか読んだことないのですが、他の詩に安達太良山が出てたのですかね?
そんなにハードな山ではないはずなのですが、天候と強風と霧で難しい登山となってしまいました><
帰りのバスに間に合って良かったです^^

2010/9/23(木) 午後 0:31 ヴィヴィ

顔アイコン

>凶暴男さん 遭難者や死亡者のニュースを見ると私も怖くなりますね。。。山に登る理由。。。やっぱりそこに山があるからでしょうか?
私の場合はリフレッシュですね!登頂するという目的を達成したときの気持ち良さ、良い空気を吸って景色を堪能することがとても楽しいです。

2010/9/23(木) 午後 0:33 ヴィヴィ

顔アイコン

>凶暴男さん Wポチありがとうございます♪

2010/9/23(木) 午後 0:33 ヴィヴィ

顔アイコン

>ショコメルちゃんママ 登山歴の長い母が怪我するとは思ってなかったのでビックリしましたが、いつ何が起こるかは分からないですね。
帰って病院行ってヒビが入ってることが分かったのですが、そんなにひどくないようで安心しました。
くろがね小屋に泊まったことがあるのですか!ここの温泉が本当に良くて感動しました^^
やっぱり帰りはビール飲まないとって感じですね。みんなでお疲れ様〜!って乾杯する瞬間が幸せです♪

2010/9/23(木) 午後 0:36 ヴィヴィ

顔アイコン

>うさこちゃんママ 母はヒビも小さかったようでとりあえず良かったです><
足を怪我していたら下山できなかったでしょうから手で良かったと母も言ってましたね。
幸い利き腕ではなかったのですよ。でもしばらくは不自由でしょうね。。。

2010/9/23(木) 午後 0:38 ヴィヴィ

顔アイコン

>くりぼうさん 私は2年くらい前から登山始めました^^
一度行ったら自然の美しさと登頂することの楽しさを知ってしまい、それからハマってしまいました。
母の怪我は心配でしたが、幸いひどくなくてホッとしてます。。。
これからは登山よりもハイキングを増やすほうが良さそうですね。

2010/9/23(木) 午後 0:41 ヴィヴィ

顔アイコン

>羽さん 初めまして♪
今回は天候の変化に苦労しましたが、それでも登山はやめられませんね〜。
羽さんは最近登山デビューされたのですね^^
山はなんでしょうね。パワーも感じますし、空気は良いし、登頂したときの達成感は最高ですね!

2010/9/23(木) 午後 0:43 ヴィヴィ

顔アイコン

>てん姉さん 母の怪我はヒビが小さかったようで治りも早いようです。とにかくホッとしました。
いつも山は慎重に登っているのですが、下山は気が緩んでいたのか転んで怪我したようです。。。
浮石をうっかり落としてしまったときは登山者に知らせるために「ラーーック!」と叫なくてはいけないのですが叫ぶ日がこないようにしたいものです><

2010/9/23(木) 午後 0:46 ヴィヴィ

顔アイコン

>ロンギーネさん ありがとうございます。
母の手首は貼れもだいぶひいたようです。しばらく不自由な生活になるでしょうが、大事に至らなくて良かったです。
安達太良山は日の出が良いのですか〜!

2010/9/23(木) 午後 0:47 ヴィヴィ

顔アイコン

>もんぴんパパさん 本当に今回はハードな登山になりました〜。
それにいろんなことが起きましたし。。。><
そうですね。いつ何が起こるかわからないので今度からはしっかり準備していこうと思いました。
渓谷沿いを歩くのは本当は気持ちよいのでしょうけども疲労がピークに達してまして景色を堪能して歩くことができなくて残念でした。。。

2010/9/23(木) 午後 0:51 ヴィヴィ

顔アイコン

>tomoさん 母の手首のヒビは小さいそうなので治りも早いそうです。
自分が登山をするようになってから登山の番組や山岳救助隊の番組をよく見るようになりましたね。
そうやって情報を得たり、緊張感を持つことが登山者にとっては大事なことなのだろうと思います^^
疲れた体にビールは染みますね〜。最高です♪

2010/9/23(木) 午後 0:54 ヴィヴィ

顔アイコン

お母様、手首ヒビが入っていたんですね><; 考えただけで痛そう。。お大事になさって下さいね....
絆創膏は持って行っても、湿布までは準備品として思いつきませんでした。
ママさんのブログを拝見して 私も勉強になりましたw
あだたら渓谷、マイナスイオンたっぷりで素敵な所ですね〜♪
すごい水量ですね@@! フル活動の日帰り登山だったんですね^^

2010/9/24(金) 午後 9:14 [ ミルク・チョコの母 ]

顔アイコン

ここはほんと硫黄が凄いですよね。車で走ってても窓を開けられないことがあります;><
お母様!!手首にヒビが〜w( ̄Д ̄ w
登山に慣れていても何が起きるかわかりませんよね。。
岳温泉に入れなくて残念でしたね;><
それでも山に登りたい気持ち・・・「そこに山があるからっ!」ってヤツでしょうかねw
お母様、お大事に〜〜〜!!

2010/9/27(月) 午後 6:43 ぴっぴこ

顔アイコン

>ミルク・チョコの母さん 母も私達もずっと捻挫だと思ってたのですが、帰宅して病院に行ったらヒビが入っていたと。。。!
母は骨粗相症なので骨がもろいのかもです><
いつもは湿布とか薬セットを持ち歩いてるのですが、こういうときに限って持ち歩いてなかったのですよ〜。
日帰り登山はきつかったですが、いろんな?思い出が残りました♪

2010/9/28(火) 午前 7:54 ヴィヴィ

顔アイコン

>ぴっぴこちゃんママ 硫黄の匂いがすごいのですね〜!
でも、岳温泉は白濁した硫黄泉で最高でした♪これは大変な思いして行ったかいがありましたよ^^
母は骨がもろいので少し転んだだけでもダメージが大きそうです。。。><
ほんと「そこに山があるから」でしょうかね^^
今度は紅葉を楽しみにどこかへ行きたいです。

2010/9/28(火) 午前 7:59 ヴィヴィ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事