焚火

数年前薪割り台として設置していた原木。

痛んでヘロヘロになってきたので処分することにしました。

土の上に置いていたものをコンクリの上に移動させて数週間。

この程度で乾く訳も無いのですが、幾らかマシになるかななんて・・・


イメージ 1


丸ごと焚いても効率が上がらないので


イメージ 2


ザックリ割ってみたら白アリが大量出現。

慌ててあぶり焼き。

何とか細かく割れた物は井桁に組んで焼却。


イメージ 3


帰る時間が近付いたので快調に燃えていた腐った原木に水を掛け捲り

井桁以外はバラバラに解体。

随分と水を掛け続けていても、暫くすると煙が上がり始め・・・

結構な長時間を消火に費やしました。

結構しぶとい。

何回確認しても湯気や煙が上がらなくなるまで随分と時間を要しました。

異常なくらい乾燥しているこの時期。

火事には注意したいですね!








この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

原木回収

予告した通りの現場に原木回収に行って来ました。

夫婦2組、単身参加2名の6人体制です。

最近メンバーが揃う事が少なく、寂しい!


イメージ 1


先ずは積み上げられている樫や椎などを解体し始め


イメージ 2


皆でドンドン切り進め


イメージ 3


あっちでもこっちでもドンドン解体。


イメージ 4


解体した原木を斜面の下に投げて

表から回収するか裏側から回収するかで悩みましたが

結局裏から回収。


イメージ 5


視察に行った時には倒れていなかった欅が回収を阻みます。


イメージ 6


谷になっている通路を塞いでしまっています。


イメージ 7


これさえなければ軽トラ横付けできるのに・・・


イメージ 8


仕方が無いので欅ギリギリまで軽トラを入れて


イメージ 9


ギリまで原木を運び、軽トラに積載するという

効率の悪い回収でした。

それでも、皆の車に満載。

早く欅を回収してくれたら嬉しい!

効率を上げたい!

皆ヘロヘロです。
















この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

今度の現場

土曜日回収が終わった後に、次の現場の視察に行って来ました。

千葉のおうちから10分と掛からない現場です。

裏側に回ったら数年前に回収した場所に出ました。


イメージ 1


直径40〜50cm程の樫。


イメージ 2


60センチ級の椎。


イメージ 3


樫と楓とモチノキ。

イメージ 4


樫。

樹種は良し。

難点は軽トラが横付け出来ない事。

運搬車かネコが必要です。

この週末は運搬車の持ち主が居ないので

仲間にネコを持ってきてもらいましょう。

頑張りましょう!










この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

薪割り

回収してきた薪は出来るだけ速攻で割ることにしている私達。


イメージ 1


日曜日のうちに全て割り終えて無理やり積み上げました。

この薪棚はこれで終了。

桜は腐りが入ったものが結構多く

それはファイヤースペース近くに積み上げました。

暇を見て燃やしてしまいましょう。

見るからに腐っていた原木は現場に放置してきましたが

結構気が付かずに回収して来てしまいました。

見る目が腐っているんでしょうか?









この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

原木回収

土曜日は昨年末に引き続いての場所で原木回収。


イメージ 1


桜と樫と椎がメインで椚が一本。


イメージ 2


この日は夫婦2組と単身参加2名でチト人数が少ない。

このままでは回収しきれないので

一番近い我が家に1台分を搬送。

天気予報に反して早々と雨が降り始めましたが

小降りになったのを見計らって、作業再開。

全てではないけれどある程度は回収しました。

皆でランチを食べに行ってから解散。

そのまま夕食の買出しに行ってから薪割り開始。

以前薪割り機を壊した反省もあって

この日は暗くならないうちに終了。

続く・・・








この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事