ここから本文です
白根真理子のPOPJAZZ=LIFE
銀座No Bird LIVE お越しいただき有難うございました!

書庫CD制作について

記事検索
検索
イメージ 1



これが 今回 ワタクシ用にご用意頂いたマイク

hyacinthさん ノイマン M149ですって〜♪

一日目は 福田さんの背中

イメージ 2



二日目は 古川さんの背中が

イメージ 3



私のブースから見えてました(^^)


布川師匠は大きなお部屋に ベーシストさんやキーボードと一緒

イメージ 4



こんな感じで 録ってました

他にドラムブースがあって。

歴史あるスタジオです 

とても良い音で 私も師匠も 大満足!!



とある行きつけのお店で

福田さんもご一緒だったんですけど 

馴染みのみなさんと レコーディングの話になって

ラフミックスですが 

ALFIEだけお店でかけて頂いたんです

なんか じわ〜〜〜っと感動

綺麗な音に入ってて。

自分の声が こんな素敵なピアニストさんと一緒に入ってる!!
っていうのが 嘘みたいで+。:.゜d(ゝc_,・*)゜.:。+


色々 思い切りが必要だったけど
実行してよかったなぁって 思いました。


あともうひと頑張り!(^^)!

ALFIEの時は 完璧デュオなので福田さんのブースの前で アイコンタクトとりながら
歌ってます

イメージ 5


録音後のほっとした表情

イメージ 6

この記事に

レコーディングを終えてから

最初は 興奮冷めやらず
なんか呆然と(笑)聴いてたんですけど

昨日 一日 じっくりとヘッドフォンで何度も聴いていると
ちょっとした自分の歌が気になって。。

大体ヴォーカルもの2日で12曲はかなり無謀なスケジュール

・・・だったんですねぇ

しかも 私のポップジャズならではの曲ごとの色が まったく違う個性



知らぬが仏で(苦笑) みんな上手いから自分が頑張れば平気♪って思ってました


しかぁし、


一番 気になるのが 声枯れしてるところです

よぉく聴くと 微妙にいつも鳴らないような雑音が声に混じってる(+o+)

これは 自分としては とっても残念で。

昨日の夜 ず〜〜っと考えていて

やっぱり 気になる部分は 録り直してもらおうって決心しました。


ミックスダウン前にやるしかないんです。

で、昨日の夜遅くから 今日の午前中 連絡とりあって

ミックスと 修正の時間を延長してもらうこと 決定です!!


ほーーーっ。良かったぁぁ。

ここまで来て 自分の声が疲れてる状態で残ってしまうのは
あまりに悲しい。。  ってね〜。

その時の自分だから。 って潔くあきらめる気持ちもあったんですけど
とりあえず あがいてみようかなぁって みなさんにご相談しました。


本当に私は 周りの方に恵まれてます〜。

感謝の日々〜<(_ _)>

この記事に

イメージ 1


レコーディング・エンジニアの菊地氏と。


今回の音決めの重要人物のご登場です

ワタクシ こちらでもたくさん書いたように

とにかく わくわくのウキウキ状態で ひたすら楽しみにしていたレコーディング♪


しかしですねぇ

アレンジを作りながらの録音という方式でしたので

カラオケに合わせて歌うのとは 全然違う

一応 自分なりにイメージ決めていたのですけど

ミュージシャンの演奏とともに歌い方を 少し変えたくなる曲も。


彼らの 素晴らしい感性に触発されて

自然とテンションも上がるし。


「これだけ練習したから だ・い・じょーぶぃ(^^)」な そんな甘いもんじゃ
ございませんでしたぁ〜〜


もちろん 私の「こう歌いたい!」っていうのを瞬時に察知してくださって
思い通りというか それ以上の広がりでキメてくださるし


本当に 驚きとワクワクの連続でした



ハードスケジュールだったから

のどは辛い

二日目の一番最後の曲なんて 自分としては声枯れしてて
いつも練習してて 軽々出来ることが 思うように行かない(*_*)

これは きつかった

もう 神様〜〜って 祈るような気持ちで 何度も。。

ヴォイトレ講師の技術をもってなかったら 出来なかったと思います

ある意味人体実験できちゃった(^^ゞ


録音を終えて各ブースから出て ミキシングルームに入ってみんなで聴くんですけど
その時に 菊地氏が 満面の笑みで迎えてくださるんです

これは 大きな力になりました(感謝)

私にはこれが限界。ってところまで出し切っても
心は不安でいっぱい。。

そんな時に 録音のプロの方に迎えていただくことで 

「うん、大丈夫よ、きっと!」って思えて次にいけました(・∀・)/



手際よく 勧めてくれたエンジニアの両氏

左が瀧澤氏 

イメージ 2


まさに 仕事師的な早業で びっくりの連続!!

2月1日にもお世話になります

この記事に

おはよーございます

昨日のメンツ
樋澤さんとみんなでおふざけモードで撮った写真(笑)


イメージ 1



一日目は電車帰宅でしたが

昨日は終電に近いし 自分にご褒美??で
腰も痛くなってて さすがにタクシーで帰りましたぁ(^^ゞ


一日目のレコーディングは 深夜まで声もそんなに調子落ちなかったんですけど
二日目は そのツケが回って来て
喉のご機嫌うかがいながら のど飴とぬるま湯でうるおしつつ
霧吹き持参で ヴォーカルブースのカーペットに少しずつお水スプレーしながらの
レコーディングとなりました

眠ったのは午前2時ですけど
興奮してるのか 5時ごろ目が覚めて ラフミックスのCDをベッドの中で聴きました

なんか 自分の声が入ってるのが信じられない

ヘ〜〜〜〜ン、、な感じ(笑)

珠玉の??バラードあり、ものすごい盛り上がったプレイあり
ウキウキダンスミュージックあり
心地よく「おやすみなさ〜い」な安眠導入剤的チューンあり、

まぁ 我ながら よくもまぁ こんな選曲のわがまましたなぁって
呆れるほど(笑)

きっと ミックスダウン 大変です!!

昨日 ミキサーさん、つまりレコーディングエンジニアさんが

「これは丸一日かかっても終わらないかもですねぇ」

「そうですよねぇ、それぞれ曲のコンセプト違うし 演奏してる人も違うし」

「バランスとるの 大変そう〜〜(・o・)」

「使用してる楽器も重ねてるものも違うし」

「ご希望があったら チェックしてきてくださいね」

「ハ〜〜イ、ありがとうございます」


っとみんなでお話しておりました

2月1日終日!(苦笑)の予定です。

も〜〜 ひとえに 私の自主制作の窮状(^^ゞを 救ってあげよう!っという
皆様の温かい思いやりのたまもの

本当に頭が下がります


この二日間

自分が歌ってみたかった曲が 大好き&大ファンのミュージシャンたちの手によって
カッコよく「白根真理子ポップジャズ」というオリジナリティーを考えて頂きながら仕上がっていくのが

とてつもなく嬉しくて

レコーディング中 ヘッドフォンを聴きながら 
    ↑
(Shimaさん、言葉足しましたぁ。自分の歌はどうだか分からないので(^^ゞ
  あくまで、ミュージシャンの方々の演奏に!なのですわぁぁ)

「きゃ〜〜、す、すっごぉぉい!」

     とか

「チョー、カッコエエ!!」


     とか


「わぁぁ 惚れるわぁぁぁ」


     とか


独り言 連発しておりました(笑)


ヤッタ  !(^^)!!(^^)!!(^^)!


これから少しずつ 小出しで記事書いていきまっす


私のわくわく珍道中??ならぬ レコーディング体験
ご一緒に楽しんで頂ければ 幸いです〜♪

で、正しい集合写真はこちら(笑)

左から 樋沢達彦氏 布川俊樹氏 ワタクシ ジーン重村氏 古川初穂氏

イメージ 2

この記事に

はぁぁぁ  声が、、、大変でした

今日はリハなしの6曲

なんと11時半からぶっ通しで12時間!!!

よく なんとか持ちました。

これもヴォイトレの先生のプライドにかけての ド根性物語〜〜(笑)


これぞプロのお仕事!!っという テダレ!!皆様

びっくり〜 うわぁぁ 思ってたのより数段カッコいい!!の仕上がり(☆。☆)


もう〜〜ミュージシャンの方々

プロデューサー&ミュージシャンで仕切ってくださった

布川俊樹大先生

エンジニアの菊池さんと瀧澤さん コーディネータの池上さん

皆様のおかげです

すっご〜〜〜く素敵なCDが出来ます!!

ヴァラエティに富んでいて

自分の歌人生 思いっきり出せました(^^)

二日で ヴォーカルもん12曲

自主制作の余裕のなさを 皆様のご厚意で

凄い音源が作れました

と〜〜〜〜〜〜〜っても幸せ

頑張って来てよかったです


今 一人でワイン飲んで祝杯あげてます

さすがに疲れたぁぁ

これから 眠ります

とりあえず 感激 感謝 感動!!の怒涛の二日間

無事終えることができましたこと

ブログに残しておきたくて!(^^)!


♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚ありがと〜〜〜♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事