この所は専らTwitterの方がメインなのですが、文字数の都合上たまにはコチラに書いてみます
ハリコレエンドスケルトン1/2スタチューには製作した時期によるものなのか、大まかに二種類の歯のタイプがあるのではないかと以前↓コチラ↓で触れました

https://blogs.yahoo.co.jp/voice630mh_0410m/56387659.html

私は幸運にもジャンク状態ではありますが、前半ロット、中盤ロット、後半ロットの3体を所有しております
初期ロットと中盤ロット以降のものでは歯の造形が明らかに異なる様です
初期ロットは中盤以降に比べて歯が大きく長い印象です
メーカーの参考画像の歯は当然と言いますか、初期ロットのものと同じ造形です

中盤以降のものはハーフバスト(ハーフスカル)の前期型の歯と同一の様です
ですが、歯の造形は同じでありながら、不思議な事にスカル自体の造形は別物です
スカルver.3は購入してすぐに歯をイジッてしまったので定かではありませんが、またさらに別物だったと記憶しています

何故、どのタイミングで変更したのかは謎です

因みにT-STUDIOのハタナカさんが最初に改修された個体は、ロットナンバー60番台だったと記憶してますが、歯はこの時点ではまだ初期タイプです


イメージ 1

10番台と200番台中盤
異なります
因みに500体限定

イメージ 2

200中盤と400後半
同一です


イメージ 3

ハーフスカル初期型と200中盤
スカル自体は違いますが、歯は同一です


イメージ 4

メーカー広報画像と10番台
同一です

画像編集が雑ですいません

歯は形状だけで無く、質感も異なります

初期のものは乳白色でツルツルしてます
中盤以降のものは、レジン感が強く、白っぽかったり黄色っぽかったりします

メッキは後期に行くに従い、厚くなっている印象です
その分ディテールが甘いです

しかし、これらはただの個体差や、型の劣化かもしれません

最近再販されたものはどうなんでしょうね

以上、どうでも良い事ですが、気になったもので!

Twitterはじめました

スマホの機種変更をしたら、アカウントがどうのやらなんやら、メールアドレスが〜パスワードが〜とか引き継ぎがどうのやらなんやら(本当に疎いので、単語すら出て来ない)で手間取り、すっかり更新止まってました

イメージ 1


ところで、ヤフーブログが12月15日にサービス終了しますね
私の様なまだまだ浅いユーザーはともかく、老舗ブログの方々にとっても、そのファンの方々にとっても非常に残念な事だと思います

という事で、当面はブログと並行してツイッターを発信の場所として利用してみる事にしました

と言う事で

使い方よく分からないまま

Twitter始めました!

https://twitter.com/garpike_sato?s=09

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


フォロー宜しくお願いします<(_ _)>

高校野球

小学三年頃からソフトボールを始め、六年からリトルリーグ、そのままエスカレーター式に中学でシニアリーグ、そして高校野球と、野球というものに人並みには携わってきました
でも正直、野球が好きかと聞かれると、プロ野球に特別贔屓チームがある訳でもないので、多分「好き」では無いのでしょう
夏の甲子園選抜にも興味が無いので、やれ「〇〇高の〇〇っていうピッチャーはどうだ」とか、やれ「今年は〇〇が甲子園行きそうか?」とかの話題を仕事の一服時間に振られると困る事この上なし

野球未経験のアンタらの方がよっぽど詳しいよ、と

興味があるといえばイチローか大谷翔平くらいです

野球というものが心底からは好きになれず、むしろトラウマの様になってしまった理由としては、星一徹より遥かにタチの悪い父親の存在と、小中高と巡り会う指導者がことごとく県内屈指の鬼であった事、高三の夏の最後のプレーがフィルダースチョイスで、それが結果的に決勝点となってしまった事

とはいえ、小中高と、それなりに良い待遇を受けてはいたので、感謝はしていますよ

悲しかったのは、小中学時代あれだけ熱心に遠征に付いてきたり体罰を行なってきた(笑)父親が、高三の最後の試合後に怒らなかった事
まあ、文句言われたらどうせ逆ギレしていたんでしょうが、気を使ってか、それとも潔く息子の実力を諦めたのか、何も言わなかったのが逆に寂しかったです
期待に応えてあげられなかったという申し訳なさもあり、当時はエラく複雑でした

そんな、野球を巡って争ってきた親子関係を、リトルリーグ時代から間近で見てきた一つ歳上の従兄弟がいるのですが、彼は野球センスもあり人望も厚く、どの時代も常に主将を務める様な、自分とは正反対の人間であり、チーム内でイジメにあっていた私の相談に乗ってくれたり、暴れ狂いそうな父親をたしなめてくれた様な記憶もあります(若干美化された記憶かもしれません)

一緒のチームでやれたのは短期間だけだったのですが、近い様で遠い存在でした

そんな彼の息子が、今日の選抜高校野球大会5日目、神奈川桐蔭学園の主将として出場します

やはり、血って凄いなと思います

応援ツアーは仕事なんで断りましたが、私なりに精一杯応援しようと思います

そんな野球嫌いの私ですが、過去に戻って高校野球やらせてあげると言われたら多分やるでしょう

不思議なもんです

スカルの鼻下

スカルの鼻下が気になって仕方ありません

イメージ 1


最初はあまり気にならなかったのですが、見れば見る程、鼻下のノッペリ感が目に付いてきました

中程を彫り込み、鼻の直下に明確に影が落ちる様に加工
2つの穴も四角く修正

イメージ 2


鼻下から歯茎までの間も少しだけ詰め、間延びした感じを修正
歯茎(唇?)の特徴的な波模様(歯の食い込みによる)にも良い感じに明確な影が落ちる様に加工

イメージ 3


ついでに歯も再度フルスクラッチ中

イメージ 4

イメージ 5



むう‥‥

イメージ 6

イメージ 7

鼻下詰め過ぎたかな?‥‥

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

留之助エンドはもっとアゴが横にズレて半口開けてますが、取り敢えず噛み合わせ確認の為にマトモに取り付けています
若干アゴが後ろに引いてますけど


ビフォーアフター

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



歯をもう少し大きくしよう

イメージ 1


恐らく、胸郭の胸側と背中側で上下のズレが大きく、背中側が高すぎる様です
胸側の一番上端(蝶ネクタイの様な部分)と、背中側の一番上端(二つの突起)とのレベルの差は頚椎ブロック1つ分位だと思われるので、これも直します


イメージ 2

こうやる他に方法が見つからないので、なんとか無理矢理馴染ませます
これにより、左脇腹のみにある四角い窪みも修正を余儀無くされました←これが一番メンドくさい



前の記事で貼り忘れがありましたのでここで貼っておきます

背中側のビフォーアフター

イメージ 3

イメージ 4





留之助エンドの腰椎ですが、当初はワンブロック抜けてるものだとばかり思っていたのですが、通常背中側から見える5つ分の内、一番上のブロックが背中に入り込んでいるだけの様です(画像を見る限り)

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


うーん‥‥

イメージ 8

イメージ 9


まだまだ修正の余地は

イメージ 10

イメージ 11


ありそうです

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事