ハタ坊(miwako)の徒然…♪

いらっしゃいませ。こちらは、ナレーター畠山美和子(Σ7)の気ままなブログです☆

全体表示

[ リスト ]

近しい方は『今更その話し?』という感じなのですが…(^^;)

1月末に父が亡くなりました。
病気を発症してからおよそ20年。ゆっくりと少しずつ、でも確実に、病気は進行していきました。
長患いでしたから、その間に、家族皆、気持ちの準備もできたかと思います。

母の介護は素晴らしかったです。

介護が素晴らしい…というか…
『この状況下よくネガティブにならないなー!めっちゃポジティブシンキン、ぐー!』
といった体(てい)です。

私はこの20年の間、何よりも
『母さん、貴女(あなた)は素晴らしい!!』と思うと同時に、このヒトの子で良かった〜〜と感謝しきりです。

私事ですが、
私はここ数年仕事が激減し、貯金も底が見えてきて、生活もままならない感じでしたが、
(^^;) ヤレヤレ…
まぁ、でも、母ゆずりの「ポジティブシンキンぐ!」で、
『きっと今は、母と一緒に父の介護しなさい!と、神様が、仕事やお金より、時間をくれたのだ!』
と、思えるようになりました。

ちょっと話は変わって数年前、
私は、義母(in函館)の介護&逝去の折に、
『親の近くに居ないって、何て大変なの!』(;_;)…と実感しました。

ですので、自分の親の介護に、毎日通う事は、
『家が近くて毎日、親の介護が出来るのは、(まぁ適当に大変でもネ)幸せな事だ!☆』
と思えるようになり、父と母と楽しく暮らしてきました。
(長くなるので省いてますが、兄もほぼ毎日、介護に参加してました!)


1月。
家族で相談の末、また本人(元気な頃の父)の意思で、延命処置はせず、
最期は自宅で過ごし、父は眠るように逝去しました。
(寝ているのかな〜?と思ったら亡くなってた!)

葬儀までは1週間ありました。
(えっと〜、…葬儀場が超!混んでいたのですよ!ホントびっり)


けれど、その1週間、
父は、自宅の仏間(母の近く)に居る事が出来ました!
これは「真冬」が幸いしました。
違う季節なら出来なかったでしょう。

1週間、仏間で過ごした父は、毎日、家族に声をかけられながら、
そして近しい親戚とも、ゆっくりお別れが出来ました。

『1週間、寿命が延びたようなものね』と母は言い、
その間に私達は、葬儀と心の準備も出来ました。


貴重な1週間でした。

そして、それから約ひと月余りが過ぎ、
納骨(四十九日)の日、母は父の遺骨に、『お父さん今日、本当にお別れね』と声をかけていたそうですから(←姉の話)、母の中でも、色々段階があったのかなと思いました。

年末に父が緊急入院してから納骨まで、比較的、あわただしくもなく、ゆっくりと時間が流れていたように感じます。


私は、心の準備をする為の時間を、神様がくれたように感じます。。。


ん〜〜
…とか言っても…、
何だかんだで〜〜バタバタしていて〜〜、
そう、日記なんか書く暇も、ゆったりとパソコンに向かう時間もなく(笑)、
今更、こんな日記つけてる訳です。
(^^;) アレレ?

時間の使い方が下手なのでしょうか?
(x_x;) ソウネ…ウン

神様、なんとかしてくださーい!(笑)

閉じる コメント(2)

はじめまして。我が家もつい最近、
父の四十九日法要を済ませました。
第一希望の斎場だと、一週間まちでしたが、違う斎場で済ませました。
御自宅で一週間。
真冬で良かったです。
我が家は冷蔵庫のような処に
いてもらいました。

2016/5/20(金) 午後 9:37 [ Qちゃん ] 返信する

顔アイコン

> Qちゃんさん
コメントをありがとうございました。
ブログほったらかしですみません。。。
(コメントをいただくことが稀なもので…)
(^^;)
本当にいろいろ学ばせてもらって、父にも母にも感謝しています。
Qちゃんさんも、お疲れさまでした。
<(_ _)>

2016/8/26(金) 午後 5:20 [ miwako ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事