中高年相手のボーカル、危険

 中高年を対象に音楽を教えるところが増えている。会員数3000名以上、年売上3億円と言う所も現れた。  人間一生、勉強だ。別に私は中高年が生きがいのために音楽をすることに反対ではない。  しかし、生きがいが死にたいに変わることもある。  たとえば中高年で詩吟を始める人がいる。習えば習うほど声が出なくなる。口の傍に耳を近ずけないと聞こえない。どんどん声の響きが少なくなるのだ。  バンドのボーカルも同じだ。20才の若者でも声が壊れている。それは練習の結果だ。  俗にボイストレーニングと言うものがある。学べばすべてよくなるとみんなは信じる。ところが私に言わせると95%まで返って悪くなる。トレーナー、先生が悪いのだ。声をよくする方法を知らない。たまたま自分が声が出るので、真似しなさいと強要する。身体すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

立川談志、汚い声が命を奪う?

2011/11/26(土) 午前 5:50

 落語家の立川談志さんがなくなられた。多くの著名人が涙をながした。  声は毎日たくさん使う。特に噺家や俳優、歌手は声帯を壊す。歌手の安室さんも最近、声が出なくなり、ライブの途中でなきながら中止をした。  浜崎あゆみさんはテレビ朝日の歌番特集をドタキャンした。アメリカで声の調子を狂わせてだろう。  風邪を引くと声を壊すとみんなは信 ...すべて表示すべて表示

大川小、死亡70%、教師無罪

2011/6/6(月) 午前 2:18

 宮城県大川小学校の児童が大量に津波で死亡した。  県教育委員会は「教師に落ち度はない」と判定した。  大地震の後、40分間も児童を安全なところに避難させなかった。その結果、70%以上の生徒の死亡になった。  一方、近隣の保育園児、約100名全員生存。この園は日ごろから避難対策を十分にやっていた。予め決められたルート以外に農家の ...すべて表示すべて表示

電力中央研究所は即時解体しろ

2011/4/30(土) 午前 11:45

 福島原発は10兆円を超えるかも知れない損失を国民にもたらせた。  月刊文春には「東電の大罪」という文章が掲載されている。  事故に対する備えがお粗末すぎるのだ。  今も日本全国の原発の緊急電源車の調査が行われ、ほとんどの原発が応急電源で不足していた。災害があれば福島原発と同じになるわけだ。  電力中央研究所なるお役所 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事