ここから本文です
色んな顔のフィジートワレ
沢山知りたい 色々教えて貰いたいな

検診

医師たちが集まる番組などで「検診は無駄だ、検診なんてした事無い」なんて声高に言っている場面が有りますが
皆さんも近頃、イヤ数年前からマスコミをマスゴミと揶揄されるように
インパクトの強い言葉や場面だけ何回も放映を繰り返す
視聴率や販売部数を伸ばす為に何でも書く放映する
そこに思いやりや人情は有るのかと人格を疑いたくなる
ような感覚を抱く事が有りませんか?

でも情報を精査選択するのは自分です
自分の体を守るのは、家族や大切な人を守るのは自分自身です

経験者から言える事は
****乳癌はシコリだけでは有りません****
普段シコリを見た事も触った事も無いのだから見つけるのは大変かも知れません

フィジは左の脇に近い胸の下側によくよく触ると短い鉛筆が縦にいるように
感じました
でも右にも似たような触感が有るのです

お風呂で胸は石鹸を着けた手で洗う事をお勧めします

毎日、触り・・・あれ?と思ったら何だか不安になったら医師を訪ねましょう

月経前や後はシコリが感じるな
特に若い方や授乳中の方は乳腺が発達していますから普段からシコリのような
手応えが有るでしょう
でも毎日、触る事で変化に気づくのです

フィジはあれ?と思いましたが左右に有るし???
大きな鏡の前で裸で万歳\(^_^)/すると
左の胸の下に横2本、わずかな凹みが有る
いやぁ(^_^;)歳とったのだから弛んで(たるんで)来たんだろう
右利きだから右は筋肉が発達していて左は使わないから弛んで来たんだろう

なぁんて、あくまで良い方に考えていた
こんな少しの事で大袈裟に病院に行くのも恥ずかしいし
どんだけ神経質なんだよ(^_^;)ははは・・・なんて
1か月2か月気になりながらも過ごした
しかし妹も乳癌だし母方は癌が多いし
何と言っても友達が病院に行けって言うし

最初の病院では「白」と言われました
しかし、そこで受けた検査の資料を出して貰って
ガンセンターに「癌だと言われた」と電話をして予約を取った
矢張り乳癌初期でした

癌かな?癌だと言われたら嫌だなぁ(T_T)・・・と鬱々と悩むのは
癌だと言われてからでも遅くないのです

癌だと言われたら考えて妄想を膨らませるより
これから、どうしたら良いのか?
どうしたいのか?
結論を出すのは自分自身ですが
色々なパターンを医師に問うのです
*どんな手術があるのか
*これから自分はどんな風に過ごして行きたいのか
*手術しなかったら治療しなかったら、どんな風な過ごし方になるのか
人其々に先の過ごし方が違うでしょう
今、置かれている立場が有るでしょう

でも素人が集まって、あ〜だこうだと妄想を膨らませても妄想なんです
現実逃避なんです

医師は病気に於いての色々なパターンや状況を知っているから
検診を受けないと言えるのです
あれ?これとあれと症状がある、このパターンは不味いぞって条件が整えば
検診受けると思うよ
医者だって人間だもの、人の子だし人の親だもの


尚、シコリはね
手をギュッと握るでしょ
指の付け根と手の甲の間に骨のお山が4つ有るでしょ?
押すとグリグリ硬いでしょ
そんな感じなんですって
でもね、でも、胸にはその上にタップリと脂肪が乗っている
だから解り難いの
その骨の山の上にたたんだ厚めのタオルを乗せて触った感じに近いそうです


石鹸を着けた手の平、指先で少し強めに円を描くように、くまなく触る
胸も脇もくまなく触る
先月は前々月は無かったのに・・・・
生理の前でも後でも無いのに・・・・
ぶつけたり思い当たる節が無いのに・・・・
1か月経っても2か月経っても小さなクリクリやグリグリがある
何だか気になるなぁ(-_-;)
診て貰って「乳腺炎ですよ癌では無いですよ」って言われたら
対処の方法を聞けば良いのです

授乳中の方や被曝が気になる方は先ずはエコー(超音波検査)だけでも良いでは無いですか
若くて乳腺が発達している方はマンモで判明しにくい事も有ります
エコーで気になる事が有ったら更にマンモで診て貰うでも
良いでは無いですか?

気になったら、家族(最低、祖母、いとこ、まで調べます)に乳癌の人がいたら
30歳になったら

検診は大事だと思います



開くトラックバック(0)

時の経つのが早い毎日のストレス解消は
なんと・・・何と草むしりです
何も考えず黙々と草むしりをしていると土の力でしょうか
スッキリします
毎年、春になると初冬まで続く草むしりに追われる日々に辟易としていたのにです

そんな中、友達に何気にやってみたいな本当は1度やったんだけれど
大失敗したのよ
友だちも「やってみたい!」との事で
森林組合に早速、電話して注文しておいた物を軽トラをかっ飛ばして
イメージ 1
積んで参りました。友達と8本ずつです
イメージ 2
電動ドライバーに「椎茸ビット」を取り付けて5センチ間隔で
イメージ 3
穴を開けて行きます
あぁ〜快感
イメージ 4
農協で買って来た椎茸菌です
イメージ 5
こんな風になっております
う〜〜ん湿気臭い
フィジが開けた穴に友達がトンカチで
イメージ 6
トントンと打ち込んで行きます
もう気分はいっぱしの椎茸職人です
沢山採れたらさぁどうするゥ売っちゃうヒヒ
獲らぬ狸のオバサン2人で有ります
イメージ 7
調子に乗り、穴を開けすぎた感はありますが、あっと言う間に
500個の菌は打ち込まれ獲らぬ狸のオバサン二人の肘は
思いっきし腱鞘炎です情けなかぁ

少し日陰のベストポジションと信じて止まない場所に運び
黒いネットをかけて6月まで寝かせ、その後は立てて2〜3か月に1度
天地返しをします
恵みの雨と木漏れ日に頑張って貰います

後は椎茸ウハウハを待つばかり
これでフィジも椎茸お大臣さ
ふふふ椎茸御殿を建ててやる

ポタジェは花桃から椎茸まで幅広く
フィジちゃん、いっぱしのお百姓さん気取りですエッヘン


開くトラックバック(0)

術後、2か月だったかなホルモン療法として薬を飲み始めた
10年と言われたが途中5年で終わりにしましょうと言われた
最初はフェマーラを飲んだが生理が順調に来るので閉経前の薬に変えた
半年経ち落ち着いたのでフェマーラに変えた所、又生理が始まった
また閉経前の薬に戻し完全に落ち着いたのでフェマーラに戻す
フェマーラは結果が良い薬だからだ
閉経は生理が止まって1年経ったら閉経としています

閉経前、閉経後で女性ホルモンの作られ方が違うので
薬が違うのです

服用5年経ったので3か月ごとの検診を半年ごとにしましょうと言われた
最後の3か月のフェマーラ服用、その後3か月飲まずにCTを撮る
それで何でも無かったら正式に終了
フィジ「それで出たら何だかなぁだよね」
主治医「まぁ大丈夫、出るならとっくに出てるから」

今の医学では大体、胃癌術後3年、肺癌5年したら寛解(ガンに完治は無いとも言えます)
と言われている
寛解とは一般的に病状が落ち着いて臨床的に問題が無い程度に治った事を意味します
ガンに於いては完治と断言するのは難しいからです
癌細胞が何処かに潜んでいるかも知れないからです
まぁ寛解が最高とも言えます

人間は毎日、大体5000個の癌細胞が作られています
発症していない人は毎日5000勝しているのです
素晴らしい事です。ビバ免疫細胞様です

フィジは定期的に検診しているので再発または何処かに新たな癌が出来たと
しても早期発見であろうから又、治療、手術すればいいと考えている
だから検診は大事なのです
早期発見は大事です皆さんも検診いに行ってくださいね

何故ホルモン療法をするのか・・・
女性特有のガンは女性ホルモンが癌の餌になるので女性ホルモンを抑えているの
男性特有の癌でもホルモン療法をしますよ・・・例えば前立腺癌

女性ホルモンを抑えているのだから更年期障害の症状が出ます
酷い人も軽い人も人により出方は様々です
副作用も様々あります
それも人によってであります
女性ホルモンは高脂血症を防いだり、血圧を下げたり、女性特有な体つきや
肌の保湿にも関わって来ています

其れで無くても加齢で失って行くのに、えらいこっちゃですよ
フィジはホットフラッシュは軽い物の汗をかきやすくなった
肌がより一層乾燥する目も口も乾く
何より体中の関節が痛い
服用1年経った頃より関節が痛くなってきた
朝の手足の指のこわばりは強くリウマチも疑い(母がリウマチだった為)
主治医の副作用だからの言葉を聞いたが検査した矢張りリウマチでは無かった
副作用であるが喜んで良いのやら何やらです

毎朝、起きる時に、アッ寝ている間に足首折れた(@_@;)と思う
這いずりながらトイレに行く、我ながら毎朝、足首折れまっかいな
乗り突込みを悲しいかな1人で入れながらトイレに行く
トイレで足首が解凍されるように楽になる

手の強張りも段々酷くなり、ここ最近は生卵をコンコン♪してパッカーンする時に
硬いドアをこじ開けるような力の入れようだ
真に不便だ
手の甲も痛いのでフライパンが振れなくなった
足の甲が痛いので自然に指に力が入るのだろう右の親指の隣指が変形して来た
しゃがんだり立ったりする時は膝が外れたかと思う程、痛い
が・・・病気では無く副作用だから原因は解っているのだから気にしない

ただ足首に力が入りにくいので転んだらいけないので
なるべく物に掴まったり行動に気をつけている
特に階段、エスカレーターで若いイケメンが近くにいたら捕まろうと心掛けているので必ず好みの顔か確かめる事にしている
好みのおのこで無いのに好意を抱かれても困るからである
まぁ好みで無くても諭吉臭が沢山したら、そこは要相談だ

大食漢のフィジにとっては顎の骨が痛くならないのは幸いだとも思っている

フィジ「この痛みが無くなりますか?」
主治医「それが最大のメリットだね」
フィジ「痛みが無くなるって事は女性ホルモンが抑えられないって事でしょ?
再発のリスクが多くなるのでは?」
主治医「5年以上、飲んでもメリットが無い」・・・成程〜〜

乳癌は大概、進みが遅い癌だと言われているが再発しやすい癌でもある
寛解と言われても10年経っても20年経っても再発する事が多い

フィジ「今年の発表で何故乳癌が再発するのか、骨髄に潜んで冬眠して、或る日
突然目覚めるシステムだと言う事が解りましたよね
ではペットで見つける事が出来ないのですか?」

主治医「細胞レベルの小さな物だからペットでも無理」

痛みが無くなるのは有り難い
でも3か月服用して3か月服用せずで結果を診るのは何だか
一か八かなような感もあるが・・・薬が減るのは有り難い
痛みが軽減する楽しみと不安が混在する

本当に癌は厄介な奴だ

女性ホルモンがバンバン出てモテ期が来たらフィジちゃん困っちゃう〜〜〜
素敵な殿方に交際申し込まれたら困っちゃう〜〜〜
悩みは尽きぬ春の夜、あぁこりゃこりゃ

開くトラックバック(0)

心臓血管外来と乳腺外来と同じ日にして貰っているので
飛び飛びの時間にやれマンモだCTだ採血だ診察だと盛り沢山で
無駄な空き時間が有る
其処はチャッカリフィジちゃん、順番が書いてある紙なんて見て見ぬふりして
空いて居そうな所からサクサク回る
本来なら11時から16時まで拘束される所だが、この調子だと
若しかしたらギリ、ランチに間に合うかも・・・ウッシッシ
ところがぁ〜〜何とピンポンパンポン♪
「全科に申し上げます電子カルテが不具合になり復旧の見通しが立ちません」
となオイオーイ
結局は所定な時間まで拘束、CTの前だからランチ抜き、お薬を貰う頃には
背中とお腹がくっつくかと思いましたよ

おまけにお薬の順番を待っている時に横のエスカレーターから
何やら大きな声が館内に鳴り響く
どうしてもフィジには「システムが、どうにかなりました、どうにかして下さい」
としか聞こえない

ビックリして横を見るとお爺さんが下りエスカレーターの最後の所でけ躓いたのか
袋のような鞄が少し引っかかったような・・・
フィジが「大丈夫ですか?」と声をかけるが早いか、お婆さんが寄って来て
「なに、やってんの!!」と凄い剣幕
お爺さんは「鞄が引っかかったんだ」と言うとすたすたトイレの方に歩いて行った

大丈夫そうだなぁ・・・と見送っていたら
システム不良で受け付けの前が人だかりだったが
エスカレーターのけたたましい音で受付の女性が慌てて出て来た
フィジが斯く斯く云々
女性は男性を連れて来た、また斯く斯く云々と説明
男性はトイレの方に向かった
お爺さんと一緒に此方に向かって来たので
「そうそう」と首を縦に振って合図をした
お爺さんは元気そうだったけれど、何処かに怪我に気づいて無い事が無いと良いのだけれど

おまけにCTの待合所で上腕部をゴムバンで縛っている男性の腕から
血がポロポロ出ているのを見ちゃった
付添いの奥様が拭いているのだが出血しやすい体質なのか慣れたものだ
看護師も直ぐ様来て絆創膏を貼り換えていた

マンモは相変わらず巨乳のフィジには痛い
貧乳でも痛いそうだが・・・
ペッチャンコにされて撮影、グラビアに載る訳でも無いのに撮影
技師さんが「エックス線出なかったのでもう1回お願いしまぁす」
オイオイこちとら若くないんだぞ!このまま治らなかったら
どうしてくれるんだよ〜〜
自慢のオッパイパイがペチャンコで形状記憶されたら、どうするんだよ〜〜
嫁に貰ってもらうぞーーー

例のエスカレーターは
技術屋さんが来る間、ず〜〜っと、そりゃあケタタマシイ音で
何回も何回も器械音で何回耳をこらしても
「システムがどうにかなりました、どうにかして下さい」としか聞こえない
どうにかなったって言われても〜〜〜
どうにかして下さいって言われても〜

そんなこんなで夕方になっちまったぁー

何にでも好奇心が有るフィジは技術屋さんに
「本当はなんて言っているの?」と聞きたかったけれど
御仕事の妨げになるしお腹は空いたしで
好奇心より空腹の勝ち!!サッサと病院を後にして
浪花屋さんでアズゥイッチ買って成城石井であれこれ買って
あべちゃんで焼き鳥買って車中で食事
運転しながら焼き鳥食べるの難しいね
縦に食べたらオエってなるじゃ無い?
横に食べてルームミラー覗いたら案の定ほっぺに横1本ははは〜

成城石井のミルクパン1個キンパ(韓国巻き)1パック
あべちゃんの焼き鳥5本、ナチュラルローソンのトルティーア2本
お握り1個・・・動くレストランで我慢

あ〜〜ぁ魚河津でお魚定食、食べたかったなぁ(゜゜)。。。。

検診ですよ・・・食べ歩き付き病院視察じゃありませんよ


開くトラックバック(0)

寒い日が続き春は何処にいってしまったのだろう・・・
悲しい日が寒いのは依り一層、寂しく感じる物で
あの日、フィジと妹Mちゃんは新宿で帰宅難民になった
まさか自分が・・・は被災した方々は誰でも思っただろう

あの日、フィジは乳癌を手術しないで済むかもの期待を抱いて
新宿のラジオ波で有名なクリニックを訪ねた
Mちゃんと新大久保で待ち合わせをした
韓流ドラマが流行っていてMちゃんが行きたいと言ったのだ

20年以上前から嵌っていたフィジに暇人だと寧ろ笑っていたMちゃんが
何やら韓国の俳優さんのブロマイドが欲しいと
へェ〜〜と思った
韓国コスメを買ってブロマイドの沢山あるお店に入り飲食店に入った
Mちゃんはコーラを一口、フィジはカクテキに箸を伸ばした所でグラグラっと来た
その場にいた人たちは皆、落ち着いた物だった
NHKの日本人は真っ先に逃げるのを潔しとしない、従って逃げ遅れるとの
実験結果を元に『逃げる先導者になりなさい』の言葉が浮かびMちゃんの手を取って
「ここにいたら危ない!!逃げよう!!」と叫び外に出た
その言葉の後を着く様に皆さんも外に飛び出した

古いビルは揺れベランダの鉢が酷く揺れ、何かに溜めていたのだろう水が
上からピチャピチャと降って来る
ビルが倒れたら危ない、大きな通りに逃げガードレールに掴まる
先の先まで白い大蛇がのたうつ様だった

その後、夜まで何とか帰れない物か右往左往した
結局はMちゃんとラブホに泊まる羽目になった

その時、既に術後8年経ったMちゃんは乳癌の転移に因る(よる)末期な状況で
脚の浮腫みが酷く
早く何処かで休ませてやりたかった
TVを点けるとMちゃんが「これ日本だよね・・・」・・・「うん・・・」
それ以上、言葉が出なかった2人はTVを見詰めるしか無かった

その時は生きている事に感謝とか何も思い浮かばなかった
何をどう考えたら良いのか思考が停止していたんだと思う
なのに小さな事にイラつく・・・
何でこんな日に生検なんてしたんだろう胸が痛くて仕方が無い(−−〆)
何でこんな日に花粉症なんだ目が痒くて仕方が無い(−−〆)
鼻水が止まらない(−−〆)
Mちゃんも「お姉ま、何でこんな日に限って車じゃないのよ!」
フィジも「ほんとよね何処に行くのも車なのに何で電車にしたのかしら!」
電車で来た自分に腹が立つ
Mちゃん「車なら帰れたかも知れないのに、最低でも寝る所には困らなかったわよ」
「フィジもそう思うわよ!!」
やり切れない?やるせない?気持ちを何処かにぶつけたいような
何かに怒っていれば、その場を凌げるようなクダラナイ姉妹喧嘩だ

その時はお互いに5か月後に永遠の別れが来るなんて思ってもいなかった

あの日、最期になるなんて思っていなかった人たちばかりだろう

毎年、色々な事を思い出す日311
何だかねクダラナイ事を思い出す
確かにMちゃんはイケメン好きだ
母とフィジが嵌っている韓流ドラマも影響を受け見始めていた
でも・・・ブロマイドを欲しい何て思うほどだったかな?

未だに我が家に山のようにあるMちゃんの服を片づけながら思う
こんな趣味だったかな?
何で後半にこんなに服を次々買ったのだろう・・・
確かに日に日に腹水が溜まり脚や腕が浮腫み
買わざるを得なかったのかも知れないが・・・・

幾ら考えても本当の所が解る訳では無い
親、兄弟だって夫婦だって、下手したら自分の本当の気持ちだって解らないのだから

でも遺された者は何とかひも解こうとする
残された物から何かを得ようとする
少しでも理解しようとする
其れは本人に最早、聞く事が出来ないから

きっとMちゃんはイケメンのブロマイドにキュンキュンしたかったのだ
変わり行く姿態を可愛く魅せたかったのだ

小さな物から思い出が蘇える

「そうよね・・・」と振り返るが思い出を語る本人はいない

其れでも何かを理解しようとする
何かを得ようとする
その得る物は寂しさでも有るが
何か自分の知らなかった、気づかなかった側面を見つけ
新たなMちゃんを得たような理解したような気持ちに成る
理解したような気持ちになるのは自分自身が生きている事を実感し
勝手に「そう?そうなの?そうなのね」と断定に変わる
勝手に断定しているのだから不確か極まりないのに
それでも理解した気になって何だかホッとする

遺された者が生きて行く為には何か理由がいるのだ
不確かな断定でも、理解したと思い込みでも必要なのだ

悲しみだけでは生きては行けない
何かで開いた穴を埋めたいのだ
イメージ 1
其れが不確かな断定でも部屋の隅から思いがけずに見つけた
パズルのようにピシャリとはまり込むのだ

あんなに探していたのに、こんな所に有ったのねってホッとして
前に進めるのだ


開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事