Kの見た景色

自然とか歴史とか...

全体表示

[ リスト ]

 
 
島崎藤村は、この飯山を「小京都」と呼んだ。
その名を信濃川に変えようとする千曲川のほとり、
奥信濃の静かな山里にたたずんでいる。
鉄棒を曲げてしまうほど降る雪の冬が終わると、
待ちに待った春。
それは鮮やか。寺から寺へ。
歴史とかくれんぼしながら歩くと、
いつしか誰もが、
少年少女になってしまう町。
 
※寺めぐりスタンプオリエンテーリング パンフレットより
 
 
イメージ 1
 
 
     称念寺(真宗大谷派)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 7
 
 
開山は親鸞の弟子の宗諦(しゅうたい)。
 
 
イメージ 8
 
 
大正9年の冬、山門と鐘楼を残して焼失し、現在の本堂は、正倉院校倉式を模したもので
 
昭和43年再建。
 
イメージ 9
 
 
NHKの除夜の鐘に登場します。
 
 
山門から境内までたくさんのもみじが植えられています。
 
秋の紅葉はきっと綺麗でしょう。
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
      常福寺(曹洞宗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
七福神の大黒天が迎えてくれます。
 
 
スタンプラリーとあわせて、飯山七福神めぐりもできます。
 
台紙にスタンプと御朱印をいただきます。
 
(ここ常福寺を含めた6寺社と、斑尾高原ホテルを巡ります。)
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
      本光寺(日蓮宗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
こちらは弁財天のお寺です。
 
 
イメージ 4
 
 
飯山で数々の用水を開設し、現在の飯山水田をつくった野田喜佐衛門の墓があります。
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
    妙専寺(真宗大谷派)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その3で登場した妙専寺の分院です。
 
こちらは東本願寺派ですね。
 
 
イメージ 6
 
 
 
続きは その5 で。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事