ここから本文です
ブログ始めました!

孫貧乏

色彩が艶やかなお魚です。
イメージ 1
施設のお客様が「この前孫の誕生日でさプレゼントを買うのに金が出る出る、ひ孫入れたら万札が飛んで行くからね」とこぼしている。
私にも孫が居るが仕事の忙しさで子供や孫の事はなるべく関わらないようにしたいと思っていたし心配とか可愛いとかの感情が私は薄い。
私が親元から離れて今までどんなに苦しくても親には相談した事も無く、経済や出産、自宅購入全て自分一人でやり繰りしていたので自分の子供を育て上げたら、
「バンザイ自由な人生だ」と解放されたのものだ。
でも、薄情な私は猛反省させられる、子供に子供が出来るとその愛情などは濃密さが伺える、私は母親として反面教師だったみたい。
だから今日は病院の帰りにご機嫌取りに孫のプレゼントをいっぱい買った。

この記事に

無!

地球上は空と大地の2層、こんな事思うのは変!
イメージ 1
今も頭の中は無、アイディアなど何にも無、先行き無なんだよね、停滞してるって感じで考える事もしない抜け殻かも、
そんな中、会社の利用者を見ていると羨ましいと云うか終末まで生活を保障されている、家族が面倒見ているからネ。
でも、施設の中に追いやられるけど食べて寝る場所が有るのは幸せだと思う。
私の年金はとても一か月生活出来ない金額だし厚生年金でももっと減らされ終末はどうなる事やら!!「自分はどこで死ぬんだろう」と真剣に考えました。
僅かなお金で老後を過ごすなら時計が止まった感じの離島でのんびり海を眺めながら貝殻拾ってその日の野菜を育てて静かに誰にも看取られず人生の終わり方を望んでいるけど、今住んで居る家を売ればグループホームくらいは入れるけど・・・
自宅は売却せず残された者への迷惑料として・・・ズゥ〜〜ト海を見ながら眼を閉じたいのが出来れば最高だよね。

この記事に

前回の続き!

一匹で優雅に泳いでいる、私も早く泳ぎたい。
イメージ 1
精神疾患の若い男性利用者の事でドクターに現在の状況を報告した。
ドクターは前頭葉に障害有る方は周りの状況が理解できなくなり自分の奇怪な行動だけに陥ってしまうので入院治療はなるべく避けて支援できる処を考えてください。
と、薬で抑えて支援出来るようにします、と言ってくれた。
入院すると行動を拘束する形になるので「薬拘束です」で纏まった。
その薬を服用してから大分穏やかに成ったのは良いけど、他の人格が出てきた感じがする、しばらくは状況を観察します。
そんな私も精神疾患ではないかと思うことが最近出てきた。
気が滅入る日が多いし、ダイビングでもと思い計画を立てるがイザとなると中性浮力も自信が無く怖くなって来た。
水中カメラも水没して修理には出したがフイシュアイレンズが完全に使えない状況に
他のレンズだとマクロ専用なのでダイビング計画を躊躇してしまう。
まぁ〜ダイビング無でも身体労りに行きたいなぁ〜

この記事に

明確に言えない!

お客様を迎えに行った先はお花だらけで自然満喫・・・なぜか地蔵様が?
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
何も考えずお花を撮っていたら蝶々も飛んで来て心が和みました。
明確な答えは心の中に、しかし職員は私の答えと反対意見だから職員の言葉も尊重しながら明言は控えた。
全くこの先どうしたら良いのか?精神疾患の利用者を鉄格子に入れるのは措置で入れるが人格を否定され又私の元へは帰ってこない事を考えると年齢が若いゆえに辛い、
明日月曜日がジャッジなんだよね・・・私的には普通に暮らさせてあげたい。

この記事に

どうなるのか?分からない空
イメージ 1
私もどうなるのか?
今朝早く1職員のお父さんから電話が入った。
1職員の名前はGさん「息子のGが精神的ストレスによりどうしたら良いか?」
Gさんは顔立ちも心も優しい感じだったのでこれからの行く末を心配したばっかりだった、「やっぱりね」・・・
現在の私は全く自信が無いのだが「今Gさんが逃げていたら一生這い上がる精神が絶たれるので私が居る内は自信が持てれるよう支援するから頑張れと言って下さい」
と父親に話した。
老々介護や精神的に打たれ弱い人が精神疾患者を看たり世の中の流れが人手不足と
報われないモラルハラスメントで現実から逃げて行く人が多い。
どうなっちゃんたんだろう・・・私の周りは経済的にも精神的にもギリギリの人が多くなったように見受けられる。
モラルの分からない人や空気の読めない人が他人を攻撃する。
もっと優しくコミュニケーションが取れないものか?思いやりを追及している。

この記事に

迷い!

私だけのお花見桜
イメージ 1
最後の桜に成りました、心が迷った時この桜の下で考えていました。
雨が降り、もう葉桜になって来て次はハナミズキの出番です。
前頭側頭型変形性のTさん自分が壊れていく恐怖で幻覚を見ます。
私が名前を呼ぶと「ウワァ〜来るな」と驚いた様子、
「大丈夫安心してズウ〜〜と見守っているよ」と云うと表情が和らいだ。
でもしばらくすると目つきが変わり落ち着かない恐怖で怯えている感じ、
介助したくてもさせてくれないTさんに対して今後どうして行けば良いのか悩んだ。薬を投与しても効果がいまいち、これ以上の薬は本人を廃人に追い込むようで、
ドクターとの相談で普通の人間らしく生きる薬の調整が必要となってくる。
しかし、どんな薬でも副作用が有り投与はしたくないのだが、
本人は段々人格崩壊に成りどうして良いのか分からなくなった。
Tさんだけではなく職員の基盤も危ぶまれ私が懸念している事が的中すると、
私も運営に自信が無く最終的には逃げ出すのではと桜の木の下で考えた。

この記事に

一匹でイヤ一人で漂っているのは私だけか???
イメージ 1
誰か私を助けてチョンマゲ!
4月は法改正で手探り状態で何のこっちゃ分からない、
其の為に何時でも準備で外出できない。
5月はメイン職員がフランス里帰りで半月も休むとなると又私は夜勤出動かいな!
私も休養しないと倒れてしまうけど、どれも息を潜む大事な事だから我慢している。
自宅の公園はお花見で今日も外人さんで賑わっている。
何で外人さんが多いかと云うと★★★星三つで紹介されているらしいと聞いた。
この公園私は犬の散歩でいつもウンチさせているけどね、
よく見ると犬の散歩のウンチの後始末は私以外ペットボトルで水を撒き小さいタワシでゴシゴシやっていると言う事は三ツ星のマナーだったんだ。
知らなんだ、ウンチ持って帰ればよいと思っていた私がオバカだった。
それはそうと夜勤変わってくれる人この指止まって!!!

この記事に

逆境の時こそ!

フーライウオかカミソリウオか何なのか名前が分からない。
イメージ 1
今が一番苦しい時なのかもしれない。
人材不足で4月も夜勤をやってくれみたいな期待の電話がシフト担当から来たが、
もう4月はやりたくない、身体を壊すから無理かもと話したが居ないとなれば、
やる覚悟は出来ている。
3月22日に4月からの法改正にちなんだ国保連の事業説明会に行ってきた。
説明会場は小平市の会館だった、いつも車の私は電車は苦手で先ず小田急で新宿まで高田馬場で西武新宿線に乗り替えるとスマホが教えてくれたのはよいが、
拝島行に飛び乗ったのが各駅停車で小平まではス〜〜〜ゴク遠い。
早い時間に行ったので、こののどかなローカル線みたいなのを味わった。
会場はたくさんの事業者が来ていた、神妙に説明を聞いてる内にお尻に火が付いたみたいに熱くなった、「そうか、腰の痛みにホッカイロを3個貼っていたっけ」
長いコートを羽織っていたので取るに取れなくお尻モジモジ我慢していた。
自宅に帰りお尻を見たら低温やけどで火ぶくれていた。
もう〜ヤダ〜だから夜勤は腰を痛めるチュ〜〜の・・・
来月4月は大変な月だけど反対に海外の南の島でもダイビングでも行くか???

この記事に

骨がガクガク夜勤!

小規模多機能型の宿泊は部屋が一定していない為、宿泊ボードを作成した。
イメージ 1
宿泊する利用者は陽気な認知症のお客様だ、
女性利用者の方々は今日はどの部屋にお泊り出来るのか分からない、
職員が何回も「今日は106号室のラベンダーのお部屋ですよ」と説明してもすぐ忘れて違う方のお部屋に行く事も!!!
小規模多機能型は在宅支援なのでお泊りはショートスティと同じ、入所と違って決められたお部屋ではないので私は迷わない為に宿泊ボードを作りました。
マグネットの上にテプラで宿泊名前を貼って自分のお部屋を確認する。
その点2階・3階はグループホームに成っていて入居しているお客様はご自分のお部屋が分かっているが1階のお客様はその日によってお部屋を割り振られる。
一階の夜勤が一番大変だと思った、私が夜勤すると私の働き方にお客様を合わせてもらう、歯を磨こうとする利用者には自立しているので「私が点検するまでテレビでも見てゆっくりして寝ちゃダメだよ」と全介助の利用者から順番にベッドに休んで頂く。
それまではお茶を出したりしてリラックスして頂くがリラックスし過ぎで中々休もうとしない事も、その頃には腰が痛くなり自分までもが利用者とリラックスモードに入り眠くなる。
宿泊ボードは全て木の幹をくっ付けてエアプランツを差し見ていて楽しい手作りです、また朝に成って今度は骨が痛くなりガクガクに成って家路に辿り着いた。


この記事に

また明日も!

穏やかな波が続きますよう毎日を一生懸命に・・・
イメージ 1
仕事がざわついている、今朝は一人の職員から電話が有り責任感からどうして良いか分からない意見。
私は「そこまで深く考える必要は無い」と応えた。
大事な案件だが後でも修正が効くので、その職員が悩むと労働疲労から精神疲労に移行しかねないので「ポレポレ精神」で大丈夫と。
明日は又老骨に鞭を打ちながら夜勤だぁ〜、なぜか夜勤回数を増やす毎に援助技術が上手くなっているので「やる気十分」なのだ。
上手くなっていても夜勤明けの腰の痛さは年齢を感じざるを得ない。
人手不足で大多忙な毎日が来月も続く、未来への志向がストップしている状態が続くと会社事態が傾いてくる、オ〜怖い。
私の海外ダイビングリゾート計画もオジャンじゃん・・・オ〜怖い。
でも今まで通り「口八丁・手八丁」でポレポレ行きますか???

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事