ここから本文です
VOSOT ぼそっとプロジェクト
ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

支援者だった私(9)片隅の彼<4>」からのつづき・・・
by 鈴木良太

私は両親の公認の下、
暫く伯父の家に預けられることになった。

西東京の外れにある借家で、
伯父や伯母と一緒に、
非行歴のある少年たちと共同生活を始めた。

そこでも最初私は相変わらず
以前とは人が変わったように無口であったが、
そこでの生活は色々な意味で私をほっとさせた。

私に息吐く暇を与え、私を寛がせた。
次第に私の中の様々な思いが言葉となって溢れ、
すぐにも私は共に生活をしていた私より二、三年上の
様々な過去を持つ少年たちの言葉に耳を傾けることも、
私自身の話をできるようにもなっていた。

三月の終わりに、私は父と母の下に戻った。
三年の進級と同時に学校にも復学を果たした。
それはもちろん、私が自分で望んだことだった。

私はもう誰の言葉もそれほどうるさく感じなくなっていた。
それから一年、私は自分の意思で受験勉強に精を出し、
翌年志望した学校に無事合格を果たした。

その結果を最初に伝えた相手も伯父と伯母だった。
二人ともそのことを自分のことのように喜んでくれた。
だが、それから間もなく伯父と伯母の二人とはまた疎遠になる。






その年の夏休みに、伯父の私塾のキャンプがあり、
私も一年前まで寝食を共にしていた仲間たちと
一緒に参加させて貰った。

伯父や伯母を始め、
嘗ての仲間たちと再び巡り合えたことを、
最初は私も素直に喜んでいた。
が、次第に私は
自分一人蚊帳の外に置かれているような
居心地の悪さを覚えるようになる。

伯父や伯母と、
嘗ては私も共に生活をしていた少年たちとの絆は、
以前にも増して強くなっているように思えた。
もう私が入り込む余地は
どこにもないような気がした。

次第に何とも名付けようもない感情が沸き立ち、
キャンプが終わりに近付く頃には、
私は不貞腐れているような、
怒っているような態度ばかりを取っていた。

当時私はそんな自分の気持ちを理解できずにいたが、
今なら分かる。
多分私はあの時、
伯父や伯母と彼らを取り巻く少年たちとの関係に
嫉妬のようなものを感じていたのだ。

キャンプが終わると、
今度は私の方から伯父や伯母たちを避けるようになっていた。
時々電話で話したり、
年賀状のやり取りをしたりすることはあっても、
西東京のあの家に遊びに行くようなことは
もうなくなっていた。

だが、何にしても、
私がそうやって伯父夫婦に世話になったことは間違いないのだ。

伯母も伯父と一緒に非行少年などの面倒を看てきただけあって、
私の知る限り豪傑肌の人だった。
長い間疎遠になっていた上、
伯母の言葉は恩着せがましく聞こえなくもなかったが、
柄にもなくこの人に哀願されると
やはり私は弱かった。

それで私は「分かりました」と渋々了承した。
同時に電話の向こうで
伯母が安堵の悲鳴のような声を上げるのが聞こえてきた。

それも私には意外なことに思えた。
本当に余程困っていたのだろうか。
それとも、すでに私がその申し出を受け入れることを
前提に話を進めていたのだろうか。

恐らくその両方だった。
その日の内に、
スタッフとして私の名前が記載された
その自助グループのチラシの見本が
ファックスで送られてきた。

私には勝手に南国若者支援センターの
「サポーター」とかいう肩書が付いていた。
それどころか

「中学生の頃から不登校、
最近もまたひきこもりがちになるが、
現在はそうした自身の経験を生かして、
ひきこもり支援のNPO法人のスタッフをしている」

とまるででっち上げの経歴まで記されていた。

伯母には電話で「知りませんよ」と言ったが、
伯母は「いいのよ、分かりゃしないわよ」と
気にも留めない様子だった。

「大体、あなた最近本当にひきこもり気味らしいじゃない。
昔も学校サボってうちに転がり込んできたし」

電話を切る間際に、もう一度だけ私は
「本当に僕でいいんですか。どうなっても知りませんよ」
と念を押したが、
「大丈夫よ。適当にやりゃいいわよ」
と相変わらず伯母は楽観的であった。

そのくせ、盆明けに、
伯母と一緒に財団の本部に挨拶に行った時のことだった。

財団の本部は築地の本願寺の傍にある
四階建ての細長いビルで、
受付で伯母が名前を告げると、
応接室に案内され、間もなく、
今回の企画を立案した野間さんという人がやってきた。

野間さんは以前特別支援学校の教師をしていて、
現在はある寺の住職をしているそうだ。
眼光が鋭く、恰幅もよく、
ヤクザの親分か相撲部屋の親方のようにも見える人だった。

が、笑うと途端に目尻が下がり、
瞬時に大食いタレントのような
底の浅い顔になる人でもあった。

話が私のことに及ぶと、
「さぞ、お辛い思いをされてきたのでしょう」
とその鋭いのか、下品なのかよく分からない眼差しを
急に潤ませた。

伯母がこの人に私のことを
どのように話していたのかは知らない。

だが、元関取のようなこの住職が大きな身体を屈め、
急に悲しげな眼をするのを目の当たりにすると、
何だかこの人が気の毒になった。

それで私は「いやァ、気楽なものですよ」と言った。
「毎日昼過ぎに目を覚まして、
小説を読んだり、DVDを観たり、
いい加減次の仕事探さなければいけないのかも知れませんけど、
できることならこのまま一生ひきこもっていたいです」
と言った。

更に私がアハハと声を上げて笑うと同時に、
伯母が素早く私の膝を叩いた。
それから、野間さんに気付かれないように私を睨んだ。
野間さんは拍子抜けしたような顔をしていた。

「まあ、この子も
これだけ軽口利けるぐらいまで回復したってことです」

伯母がそう言って
野間さんに変に取り繕ったような笑みを向けた。

野間さんはまた虚を突かれたような顔をした。
そして、程なくして、
私は伯母が野間さんに向けた笑みが、
やはり偽物だったことを思い知らされる。

野間さんに別れを告げて、財団の本部を後にした時だった。
急に伯母が怒ったように、
「あなたねェ……
何が一生ひきこもっていたいです、アハハよ。
余計なこと言うんじゃないわよ」
と言った。

「そんなこと言われても……
今の生活本当に結構気に入っているんですよ」

「それはあなたが偽ヒキだからそう思っているのでしょ? 
今のままずっとひきこもっていたい、
なんていうひきこもりが本当にいるとでも思っているの? 
野間さんにはあなたのこと、
本物の元ひきこもりだって話しているのだから
それらしくしなさいよ。
あの坊主、使えない奴だけど、
純粋なところもあるのだから、
偽ヒキだってばれたらどうするのよ」

「偽ヒキ……ですか? 
何ですか、それ?」

坊主呼ばわりについては触れなかった。

「だから、偽ヒキは偽ヒキよ。
偽物のひきこもりのこと。
この世界には時々そういうのがいるのよ。
実際は本物のひきこもりとは全然違うのに、
心情的に彼らに共感して、ひきこもりを自称するような人たちが。
あなたみたいに失業保険や貯金で食い繋いで、
真面目に働こうともしないで、
大手を振って遊び暮らしているような人も立派な偽ヒキよ」

「そんなこと言われても……」

そもそも、別に私は
ひきこもりを僭称したことなど一度もないのだ。
今回の話にしても、
伯父や伯母に頼まれたから渋々引き受けただけだ。
「偽ヒキ」云々言われても訳が分からない。
大体、ひきこもりらしくするとは、一体どういうことなのか。

「だから、神経過敏なぐらいに人目を気にしたり、
自信なさそうに振る舞ったり、
少し考えれば分かりそうなものでしょ。
ひきこもりの子たちは、仕事をしたり、学校に行ったり、
世間並みのことをしてないってことで、
皆自分のことを責めているのだから。
それを最初から偉そうに足組んでソファに踏ん反り返って、
あなた一体何様のつもりよ」

そこまで言われると、
さすがに私も面白くなかった。
それなら今回の話はなかったことにしましょうか、
との言葉が一瞬喉元まで出掛かったが、
結局何も言い出せなかった。

伯父が入院してから、
伯母は塾の経営を一身に任され、
毎日猫の手も借りたいほど多忙な日を送っているらしかった。
それに今更断るのも大人げない。
それで仕方なく私は「はあ」と言ったきり黙っていた。




開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事