地 獄 へ の 階 段

このブログの記事内の意見部分は、私の個人的見解であり仮説に基づく類推です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【不思議発見!】「しんぶん赤旗」と「全国貸金業政治連盟」
「しんぶん赤旗」と「全国貸金業政治連盟」
宣誓!私は、政治資金規正法の趣旨に則り、正々堂々、監視することを誓います!(v^ー°)



行政刷新会議の事業仕分けWGの人選が決着しそうですね。
党は小沢さんの調整で当選3回以上で国会の役職に付いてない議員を推薦するようです。

郵政人事では、なぜ斉藤次郎さん?これも驚いたけど、なぜ新人さん?こちらも不思議でした。
国民の代表たる国会議員を単なる予算書のチェック作業員に使うのはモッタイナイ。

小沢が言うように、細かな作業は官僚を使いこなすべき。
理念や目標を示し官僚を働かす司令塔には、新人よりベテランが適任。
さすが小沢さん。

ところで、枝野議員は仲間を増やそうとの野心から無垢な新人を抜擢したの?
もしそうなら、万死に値する下劣な行為です。
そのようなことは無かったと信じたいので、説明責任よろしく。なぜ新人なの?(笑)



さて、本題へ。
イメージ 1


ちょっと古いけど、「しんぶん赤旗」2003/9/12(金)アーカイブを見ました。


サラ金業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」がパー券購入政治家リストを作成していた!との内容だ。
グレーゾーン金利が注目された数年前、ちょっと騒がれましたっけ。


記事の中で、公明新聞の購入について会計責任者の見解を求めている。
 ――パーティー券のほかに公明新聞の購読費が九十九万九百円と突出しているが、なぜか。
 答 公明党はあんまり政治資金パーティーを開かない。
 ――その代わりか。
 答 はい。

ということで、
その「全国貸金業政治連盟」18年分収支報告を見ると、あら?
【全国貸金業政治連盟18年分収支報告】 

イメージ 2

なるほどねぇ〜。

P15/17の政党広報誌購入費には、
共産党から、「政党新聞縮尺版CD-ROM」(日本共産党中央委員会)を55,530円で購入ってあるZO!(笑)
翌年も同じ。


何が問題か?


2003年(15年)の記事では、公明党機関紙購入にちゃちゃ入れたしんぶん赤旗ですが、
その後、18、19年とちゃっかり赤旗をお買い上げいただいているYO!(笑)


ちなみに赤旗さんが、再度、貸金業政治連盟を取材したらどうなるだろうか?
 ――しんぶん赤旗の購入費が6万弱計上されている、なぜか。
 答 共産党は政治献金を受け取らない。
 ――その代わりか。
 答 はい。
こんな感じの一問一答になるのかもしれないね。(笑)
しんぶん赤旗さん、愛読者を晒し者にすることはないでしょう・・・。(笑)


「全国貸金業政治連盟」のその後



「全国貸金業政治連盟」は、世間の批判を受けH19年に廃止となる。
【全国貸金業政治連盟19年分廃止届】
残預金1,882,690円は、同額が新たに設立された「全国貸金業発展の会」へ寄付されたようだ。


全国貸金業発展の会の収支報告19年分を覗いて【不思議発見!】

P6/8を見る。
支出>政治活動費>その他経費の頁に、民主党埼玉県連に2万を支出したとの記載!
(右上部分、その他経費の横にカッコ書で民主党埼玉県連との記載がある。)

なんじゃこれ?
2万円といえば、パー券の標準単価だな。(笑)
おいおい勘弁してくれYO。
民主党のイメージダウンになるような行動はやめてくれ。

サラ金業者の政治団体からの2万円とは?
民主党埼玉県連会長の枝野議員は速やかに説明責任を果たすよう「望みま〜〜〜〜す!」












(ご注意下さい)
当サイトは、ネット空間に漂う情報をパズルのように組み立て、あーだこーだと思いを馳せる与太話です。









この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事