ここから本文です
沖縄のんびりライフ
雨です。

自給用畑の菜園が生き返っています。
週一ぐらい雨が欲しいですが、こちらは月一かな?

雨の日は、PCの前です。
イメージ 1
M96 M95 M105
NGCナンバーの天体も2個写っています。

d63mmf540㎜ケンコー + CANON X4  45sec*18枚 DSS 25%縮小
赤道儀se2
ガイドなし

このメガネ、星像が素敵! 
もうカビが侵入している。(ジジイの脳みそと同じ (--!)  )

フラット補正してみました。
イメージ 2
                   
全く完璧じゃないね。余り、画像処理は好きじゃない! 
(暗い空を得られない負け惜しみです。)


もう、8等星とかなり暗くなってきています。
光害地の空ではもう無理かな?
イメージ 1
ちなみに黄色い線は位置出しの為に、周囲の星を結んだ線です。



46Pウイルタネンを狙う。
イメージ 1
雲量8という悪環境での星撮りでした。積雲系の雲の中で、雲の動きを見ながらの撮影です。
結果は、ノーガイドでも流れない。  F540mmということなのか?  SE2が優秀なのか?
我ながら立派!

実は、昨日、M81を取りましたが、M81の南側にぼんやりした彗星らしき光が移っているではありませんか?
まさか、あわやって事はないだろうと思いつつも、今日は、移動の確認も含めて再撮影となったわけでして、・・・。
というわけで、ワクワクして、曇り天気の中、撮影に及んだ訳なのでした。

で、今日の画像。
イメージ 2
下から、M82,M81,で、右上のぼんやりが、なんの天体なのか?
後で、ステラで調べてみたら、NGC3077という銀河ということがわかりました。
NGC番号の天体なんてめったにないことでして、まさか新彗星なーんて、思ったりしてー
こんなワクワク感は楽しいもんだなーって爺は夢を語るのでした。

46P 2019-01-24

久しぶりに良い天気!
また、彗星46P 7.5等らしい。
月明かりと光害の中での撮影。しょぼい絵になってしまいました。

レンズ ケンコーD63mmF540mm
赤道儀SE2でのノーガイド
30sec*20枚
イメージ 1
このケンコー 540mm鏡筒はランズにカビが生えてきているが、光軸が良いのだろう星像が実によい。
真ん丸!
こういうレンズはすてきだ!


46P Wirtanen 2019-01-15

ラジオバリコン微動ダイヤルによる微動デュアルフォカーサーのテストも兼ねて彗星を狙ってみました。
このバーニヤダイアルっていうのは素晴らしい。納得いくところまでピントを合わせることが出来ました。
粗動微動とも問題なし、1/10程度の費用でできたので、大成功でした。

彗星の方は、7等星ということで、視野に入れるには難なくできました。SE2はすてき!
で、画像の方は、途中、3枚ほど流れが大きく消去した。
動きも切れて見えます。

46P Wirtanen 2019-01-15
イメージ 1

鏡筒 ED102 FL920㎜、カメラEOSX4 6400 ISO 30sec*10枚 ガイド追尾なし、赤道儀ケンコーSE2
25パーセントに縮小、周囲の恒星をチェック。

夜半過ぎ、久しぶりに風もなく空が晴れていたので、望遠鏡を引っ張り出しました。次は500㎜位のが面白いんじゃないかなと思う。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事