家電は消耗品である。
というのが持論です。いつかは壊れるもの。
とは言え、何とか長持ちして欲しいと思っているのはみんな同じと思う。

洗濯機のインペラ、パルセーターというらしい。 これが空回りしているってワイフが嘆いている。
またである。
以前数年前に、パルせーターを注文、これを新換え交換したのでした。 外してみたら、又同じようにかみ合わせ部が磨り減って、空回りしているのでした。 こんどは軸側もかなり損耗しているようでした。
「新換えする?」ってワイフに聞いたら、ちょうど10年経っているから「いいかも」って....。
なんかうれしそう!

とりあえず、軸とこのパルセーターとのかみ合わせ部は、テーパー状になっているようなので、
この間に入れる約1mmのワッシャーを外して、締めてみた。1mm深く締め込んでいるわけだから、・・・もつか?
出来たら、後5年ほどもってもらいたいが。
このブログは記録用かな?

この記事に

開く コメント(0)

IZ

IZ   Somewhere over the Rainbow - Israel "IZ" Kamakawiwoʻole
といっても、知らない人がほとんどだと思う。 私も、知ったのはごく最近です。
効いていると、気持ちが和みます。
お勧め!  
URL

もう、亡くなられているらしいです。素敵な声リズムです。私の息子に似ています!

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

昔のキュウリ

昔のキュウリ、地這いのキュウリです。

ハウス栽培の軟弱なキュウリとは違います。硬くて、おまけに曲がりっぱなしです。
病気や、害虫に強く、多産です。当地では、毎年、春と秋に作ります。

今日は雨の合間に収穫してきました。水洗いしてから塩だけで、生キュウリをかじり、2本も食べました。
前歯が飛びそうな音がして、小さい頃を思い出しました。(笑)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

本格的に暑くなる前に、エアコン掃除をしてみました。

当地では、エアコンの運転時間は、約半年間、ほぼ24時間、設定28度での連続運転といった具合である。
フィルターを除いて、ここ2年間はさわっていなかったので、前面カバーを外して、外せる所まで外して、
掃除してみました。

すごい汚れに、絶句!
なんと表現したらよいのか、特に、ファン部は埃が絡み付き、不潔極まりなしといった感じでした。
こんなで運転していたら、みんな肺炎に罹ってしまうと思う程でした。

分解の仕方は、
のページが最高に参考になりました。 
ありがたいことです。

私の場合、熱交換器(蒸発器?)の掃除はブラシと掃除機で済ませ、その代わり、ファン部まで外して、
洗剤掃除しました。ファンの取り外しは、蒸発器の取り付け部が銅管の為か少し開きましたので、
インペラをごっそり外す事が出来ました。

これで一番汚れのひどいファンと、ファンケース部を徹底的に水洗い掃除することが出来ました。
ついでに、ドレンパンも掃除して、復旧途中には、ドレンパイプの出口を塞いでから、
ドレンパンから洗濯用漂白剤を流し込み、ドレンパイプ内の水垢も除去してみました。
(ドレンパイプの掃除もしないと、運転中パイプつまりで、クーラーから雨が降ることになります。(笑))
イメージ 1

私一人で、作業時間は4時間ほどで済みました。
エアコン掃除は1万円ほどでしてくれるらしいが、シロートの私でもインペラ部まで取り外し洗剤掃除が
出来ます。涼しいうちに済ませておくのがミソですね。欲を言えば、もっと簡単に取り外しジャバジャバ洗えるように設計してもらいたいと思いました。

完全復旧して試運転!
心なしかよく冷えていそうな感じ!
毎年掃除しないといけないですね。
これで夏場の酷暑を、なんとか過ごせるようお願いしたいものだと思うのでした。



この記事に

開く コメント(0)

写真から距離を知る3

前回、実際の距離と写真から得た計算距離との差を、歪曲収差だけに起因するものとして、
収差係数を色々変えて、距離の差が「0」に近い所を探しました。
今回は、逆に、距離差から収差係数を割り出せないか、VBを弄ってみました。

「0」に収束すると言うことで、二分法が出来るんじゃないかと色々やってみましたが、ダメ。
二分法自体が初めての実装ですから、頭がパニクってしまいました。

結局は、For〜nextでループして、マイナス値からプラス値に変わったところで、両者数値を比例配分で、
距離差「0」での収差係数を求めました。
なんか線形補間とかいうらしい。
イメージ 1
ループして探査する回数103回!
距離差の大小で、係数がかなり振れるので、ループする巾を大きくしないといけないみたい。

デジタル写真から被写体までの距離を知るという今回のテーマ、最初から間違っているかも・・・。(笑)
でも、二分法とか線形補間とか算法があるの知っただけでも、うれしく感じるジジイでした。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事