河内の樹々

今日この頃・木版画・写真撮影・プチ旅・創作童話・夜ばなし、などなど

全体表示

[ リスト ]

いざ奈良へ 奈良国立博物館 “糸のみほとけ”

さょうのぶち旅は、奈良国立博物館で開催されている “糸のみほとけ”展

日本では刺?(ししゅう)や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られました。とりわけ、古代では大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在でした。綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)(国宝、奈良・當麻寺蔵)や刺?釈迦如来説法図(ししゅうしゃかにょらいせっぽうず)(国宝、奈良国立博物館蔵)は、その隆盛のさまを伝える至宝です。また、糸を縫い、織る行為は故人の追善につながり、聖徳太子が往生した世界を刺?で表した天寿国?帳(てんじゅこくしゅうちょう)(国宝、奈良・中宮寺蔵)が生み出されました。鎌倉時代以降、刺?の仏は再び隆盛を迎えますが、その背景には綴織當麻曼荼羅を織ったとされる中将姫に対する信仰がありました。極楽往生を願う人々は中将姫(ちゅうじょうひめ)に自身を重ね刺?によって阿弥陀三尊来迎図(あみださんぞんらいごうず)や種子阿弥陀三尊図(しゅじあみださんぞんず)を作成しました。
 この展覧会は綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、綴織と刺?による仏の像を一堂に集める特別展です。天寿国?帳、綴織當麻曼荼羅、刺?釈迦如来説法図の国宝3点が一堂に会する空前の企画です。本展を通して絵画とも違う「糸」の仏の世界の魅力をご鑑賞いただければ幸いです。
パンフレットより

鹿を撮影して、大阪に取って返し友人と食事、盛りだくさんな一日になりそうです。

イメージ 1





閉じる コメント(4)

顔アイコン

お早うございます! プー寅です。
暑くなりました。
冷房が効いた室内でゆっくりと文化に触れるのも良いですね。
関西圏は福岡に比べて、文化的施設が多いのが羨ましい限りです!
お互いに熱中症には気をつけたいですね。

2018/7/14(土) 午前 6:46 tor*0*1017

當麻寺の中将姫が一夜で織ったという曼荼羅も展示されているのでしょうか。素晴らしい展示会ですね、楽しんできてください。

中将姫が織った織り糸は東大阪市の「大蓮」で作られたものとも云われておりまして、記念碑が大蓮にありますよ。

2018/7/14(土) 午前 8:44 河内温泉大学名誉教授

顔アイコン

> tor*0*1017様

こんばんは。ご訪問、ナイスコメントありがとうございます。
国立博物館で素晴らしい作品に触れられたこと、光栄に思います。

2018/7/15(日) 午後 9:30 [ 河内の樹々 ]

顔アイコン

> 河内温泉大学名誉教授様

こんばんは。ご訪問、ナイスコメントありがとうございます。
曼荼羅見てきました。素晴らしいもので感動しました。

2018/7/15(日) 午後 9:32 [ 河内の樹々 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事