河内の樹々

今日この頃・木版画・写真撮影・プチ旅・創作童話・夜ばなし、などなど

全体表示

[ リスト ]

其の参  バニーガールのいる店

男はずぶ濡れになりながら、ビルの地階にある店に飛び込んだ。上着もズボンも大粒の雨にうたれ、七三に分けた髪もまるでハリネズミの様である。
2ヵ月に1度位しかこない店であるが、大変気に入っている。女子大生のアルバイトか、20代位の女性の、スラリと伸びた足が、黒い網ストッキングに包まれて、白いシッポが発育の良いヒップにしがみついている。

席に案内される前に、洗面所でハリネズミの頭を直す事にする。櫛で何度も梳きつかせるが、髪の毛がピンと立ってしまい、もとの髪型にはなかなか戻らない。鏡を見ていると情けなくなる。
洗面所から出ると待ちかねたように、少し小柄なバニーガールがとんできた。

「ようこそ いらっしゃいませ お席にご案内いたします」

少し甘えたような商売用の声である。時間が早いのか、先ほどの夕立のせいか、客足はまばらだ。6人用のボックス席がいくつかと、あとはピアノの前のカウンター席だ。男はカウンターに座るとビールを頼んだ。小さめの細長いグラスに入ったビールが運ばれてきた。
一気に飲み干す、ゴクゴク ゴク ズズズー 泡まで飲み干す。お代わりをもう1杯注文する。

2杯目のビールがきたところで、あたりを見渡すと、少しずつ席がうまってきている。
この店は男性のグループ連れがほとんどで、たまに女性がいても、数人の男性グループの中に1人か2人位である。女性から見て同性のバニーガールの姿は、見ていて落ち着かなくまた、男性客との応対も嫉妬を感じる以外の何ものでもない。何人かのバニーガールが、それぞれの受け持ちのテーブルへ行き来する。その度に男性の視線がバニーカールのシッポについてまわる。

8時をすぎるとピアノの生演奏があり、ロングドレスを着た30歳ぐらいの少しむっちりした女性がピアノを弾きはじめる。ピアノカウンターに座った常連客は、落ち着いた様子で静かにピアノから流れる音を楽しんでいる。ボックス席はざわざわと、演奏が始る前と変わらずに賑やかな様子だ。店の天井、客席の上には透明のアクリル板が張ってあり、レールにのった汽車がたえず走っている。 珍しいのか、はじめて来た客達は頭の上を走る汽車を見て、口をポカンと開けている。

ほぼ席が埋った頃、男は心地良い気分で店を出た。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事