河内の樹々

今日この頃・木版画・写真撮影・プチ旅・創作童話・夜ばなし、などなど

全体表示

[ リスト ]

其の四  フラワーショップ

ざわめく店内から階段を上がり外に出ると雨はすっかり上がり、暗い雲の間から月が濁った色で顔を覗かせている。男は何処に行くあてもなく、ふらりふらりと歩いていると、フラワーショップが開いているのが見えた。花を買うつもりは無いが、店内から匂ってくる花の香りに誘われて一歩入ってしまった。2坪ほどしかない店の中には、胡蝶蘭や薔薇等の花が咲き誇り、男に、おいでおいでをしている様に思えた。
店員は2人の女の子で、今では珍しいおさげ髪をしている。ひと通り見たが、これといって買う花も無いので、店を出ようとしたのと入れ違いに、先ほど相生橋で見かけた女性が店の中に入っていった。
 
男は煙草を吸う振りをしてフラワーショップの前で話を聞いていると、女はどこかのクラブのママらい。
中座に花を届けるようにテキパキと注文の花を頼んでいる。しばらくして女が店から出てくるのを人待ち顔の振りをしていると、女のほうから声をかけて来た。時間は8時をとっくに過ぎている。

「 どうも、先ほどは急に降りだしたので困りましたわ・・・・」

親しげに話し掛けてくるので、興味をそそられながらも話をあわせていると、

「 どうぞ店にいらしてください。雨降りの日は暇なんです」

男は興味半分で聞いていたが、だんだんと好みのタイプに思えてきた。一見で誘われたのは嬉しいが、店に入ってぼったくられてはと思い言葉を濁していると、女のほうから

「8千円だけです、それだけ・・・・ それ以上は頂きません」 と言う。

言葉を信じて女に案内された店に向かった。和風作りの表に紫色の暖簾が架かった長細い店である。店内には和服に鬘をつけた女性が4人と、背に丸八の文字を染め抜いた半纏を着た賄の男だけである。 やはりこの店は8千円では収まらないと思った。しかし、男はママの色香に酔い、「どうにでもなれ」と心の中で呟いていた。
テーブルに座るとすぐビールが出された。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事