河内の樹々

今日この頃・木版画・写真撮影・プチ旅・創作童話・夜ばなし、などなど

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

其の五  堕ちる 

そのうち店内には2組の客が入り、ママがテーブルを離れ女の子も入れ替わり、男はすっかり酔ってしまった。

「少しピッチが早いぞ」

と思いながらもグラスに手を出してしまう。時計を見ると午前0時を過ぎている。そろそろ帰ろうとするが、

ママが 「 もう少しお願い・・・・」

もう少し待っていれば、なにか良いことでもあるのかと思い、仕切りなおしにビールをぐいと飲む。他の客が帰ると言うので、男も勘定を1万円札で支払いお釣りを2枚もらった。
そして、賄いの男も、女の子もみんな帰り二人きりになるとママは

「 今日は無理を言ってごめんなさい・・・・」

「さあ飲みましょう」

グラスを持ち上げようとするが、グラスが鉛で出来たように重い。男はしまったと思った。ある期待があったのだが、今はそんな事よりグラスも何もかもが重たくなっていく。身体もソファーの中に沈みこんでいく様だ。男はすべて飲み過ぎた所為だと思った。

ママは言った。

「 私は阿波の八右衛門狸の末裔で、1年に1度だけこうしてお店を開いているのです」

八右衛門狸とは、阿波の鳴門の狸で、芝居が大好きで1年に何度か、人間に化けては中座に芝居見物に来ていたのだが、ある時、芝居があまりにも面白くて、とうとう正体がばれてしまって犬に噛み殺された。この話は男もよく聞いて知っていたのだが、あまりに深酔いし過ぎてママが冗談を言っているのだと思っていた。

「 夜も明けそうなので、私は帰らなくてはなりません、今夜は大変なご無理を言いました。有り難う御座います 」


男は急に深い眠りに・・・・・・・・・堕ちた。




生臭い息と、蒸し暑さで眼を覚ますと、1匹の犬が男の顔を舐めていた。
周りを見渡すと、ビルとビルの谷間に段ボールをひき、その中に男は寝転んでいた。回りには缶ビールの空き缶が山積みになっている。ポケットを探ると2枚の木の葉がハラリと落ちた。

男は深酔いの頭を抱え、自分の居たあたりを探し回ったが、フラワーショップもママの店も何処にも見当たらない。


その後男は、憑き物がついたように、毎日夕方になると相生橋に立っていた。

                                    おわり
其の四  フラワーショップ

ざわめく店内から階段を上がり外に出ると雨はすっかり上がり、暗い雲の間から月が濁った色で顔を覗かせている。男は何処に行くあてもなく、ふらりふらりと歩いていると、フラワーショップが開いているのが見えた。花を買うつもりは無いが、店内から匂ってくる花の香りに誘われて一歩入ってしまった。2坪ほどしかない店の中には、胡蝶蘭や薔薇等の花が咲き誇り、男に、おいでおいでをしている様に思えた。
店員は2人の女の子で、今では珍しいおさげ髪をしている。ひと通り見たが、これといって買う花も無いので、店を出ようとしたのと入れ違いに、先ほど相生橋で見かけた女性が店の中に入っていった。
 
男は煙草を吸う振りをしてフラワーショップの前で話を聞いていると、女はどこかのクラブのママらい。
中座に花を届けるようにテキパキと注文の花を頼んでいる。しばらくして女が店から出てくるのを人待ち顔の振りをしていると、女のほうから声をかけて来た。時間は8時をとっくに過ぎている。

「 どうも、先ほどは急に降りだしたので困りましたわ・・・・」

親しげに話し掛けてくるので、興味をそそられながらも話をあわせていると、

「 どうぞ店にいらしてください。雨降りの日は暇なんです」

男は興味半分で聞いていたが、だんだんと好みのタイプに思えてきた。一見で誘われたのは嬉しいが、店に入ってぼったくられてはと思い言葉を濁していると、女のほうから

「8千円だけです、それだけ・・・・ それ以上は頂きません」 と言う。

言葉を信じて女に案内された店に向かった。和風作りの表に紫色の暖簾が架かった長細い店である。店内には和服に鬘をつけた女性が4人と、背に丸八の文字を染め抜いた半纏を着た賄の男だけである。 やはりこの店は8千円では収まらないと思った。しかし、男はママの色香に酔い、「どうにでもなれ」と心の中で呟いていた。
テーブルに座るとすぐビールが出された。
其の参  バニーガールのいる店

男はずぶ濡れになりながら、ビルの地階にある店に飛び込んだ。上着もズボンも大粒の雨にうたれ、七三に分けた髪もまるでハリネズミの様である。
2ヵ月に1度位しかこない店であるが、大変気に入っている。女子大生のアルバイトか、20代位の女性の、スラリと伸びた足が、黒い網ストッキングに包まれて、白いシッポが発育の良いヒップにしがみついている。

席に案内される前に、洗面所でハリネズミの頭を直す事にする。櫛で何度も梳きつかせるが、髪の毛がピンと立ってしまい、もとの髪型にはなかなか戻らない。鏡を見ていると情けなくなる。
洗面所から出ると待ちかねたように、少し小柄なバニーガールがとんできた。

「ようこそ いらっしゃいませ お席にご案内いたします」

少し甘えたような商売用の声である。時間が早いのか、先ほどの夕立のせいか、客足はまばらだ。6人用のボックス席がいくつかと、あとはピアノの前のカウンター席だ。男はカウンターに座るとビールを頼んだ。小さめの細長いグラスに入ったビールが運ばれてきた。
一気に飲み干す、ゴクゴク ゴク ズズズー 泡まで飲み干す。お代わりをもう1杯注文する。

2杯目のビールがきたところで、あたりを見渡すと、少しずつ席がうまってきている。
この店は男性のグループ連れがほとんどで、たまに女性がいても、数人の男性グループの中に1人か2人位である。女性から見て同性のバニーガールの姿は、見ていて落ち着かなくまた、男性客との応対も嫉妬を感じる以外の何ものでもない。何人かのバニーガールが、それぞれの受け持ちのテーブルへ行き来する。その度に男性の視線がバニーカールのシッポについてまわる。

8時をすぎるとピアノの生演奏があり、ロングドレスを着た30歳ぐらいの少しむっちりした女性がピアノを弾きはじめる。ピアノカウンターに座った常連客は、落ち着いた様子で静かにピアノから流れる音を楽しんでいる。ボックス席はざわざわと、演奏が始る前と変わらずに賑やかな様子だ。店の天井、客席の上には透明のアクリル板が張ってあり、レールにのった汽車がたえず走っている。 珍しいのか、はじめて来た客達は頭の上を走る汽車を見て、口をポカンと開けている。

ほぼ席が埋った頃、男は心地良い気分で店を出た。
其の弐 相生橋

川面に映るネオンが、生暖かい8月の夜風に、ゆらりゆらりと揺れている。相生橋は道頓堀川に架かる橋で、日本橋より一本西、太佐衛門橋との間に架かる橋である。

戎橋より人通りも少なく薄暗い。男女の待ち合わせには好都合と思われるが、しかし、この橋で待ち合わせた男女の恋は実らなかった、と昔から言い伝えられている。

水商売風の女が、橋の上から澱んだ道頓堀川をじっと見つめていた。
客と待ち合わせて同伴出勤だろうか?年の頃なら30代半ば色白で、ぽってりとした下唇が色っぽく感じられた。男は急ぐ事もないので、しばらく女の様子を見ている事にする。待ち合わせの相手はどんな男だろうか?現れる相手を色々と想像する。それよりこの女に興味が湧いてきた。スナックのママか、何処かのクラブ勤めか、よく見ると化粧も着ている物も、まわりのネオンのケバケバしさから比べるとおとなしく感じられる。もう2、30分にもなるだろうか、現れる人もなく、女はじっと暗い川の澱みに映ったネオンを見ていた。

その時、ムッとした風が澱んだ川から吹き上げると同時に、大粒の雨がポツリ、ポツリと降りだしてきた。語り合っていたアベックや、通りすがりのサラリーマン達は小走りに駆け出して行った。本降りの雨となり、いつの間にか、女の姿が消えていた。

川面に映るネオンが、生暖かい8月の夜風に、ゆらりゆらりと揺れている。相生橋は道頓堀川に架かる橋で、日本橋より一本西、太佐衛門橋との間に架かる橋である。

戎橋より人通りも少なく薄暗い。男女の待ち合わせには好都合と思われるが、しかし、この橋で待ち合わせた男女の恋は実らなかった、と昔から言い伝えられている。

水商売風の女が、橋の上から澱んだ道頓堀川をじっと見つめていた。
客と待ち合わせて同伴出勤だろうか?年の頃なら30代半ば色白で、ぽってりとした下唇が色っぽく感じられた。男は急ぐ事もないので、しばらく女の様子を見ている事にする。待ち合わせの相手はどんな男だろうか?現れる相手を色々と想像する。それよりこの女に興味が湧いてきた。スナックのママか、何処かのクラブ勤めか、よく見ると化粧も着ている物も、まわりのネオンのケバケバしさから比べるとおとなしく感じられる。もう2、30分にもなるだろうか、現れる人もなく、女はじっと暗い川の澱みに映ったネオンを見ていた。

その時、ムッとした風が澱んだ川から吹き上げると同時に、大粒の雨がポツリ、ポツリと降りだしてきた。語り合っていたアベックや、通りすがりのサラリーマン達は小走りに駆け出して行った。本降りの雨となり、いつの間にか、女の姿が消えていた。
大阪南地の 夜ばなし をお話しして参ります。


其の壱  法善寺水かけ不動


法善寺横丁の、水かけ不動さんには1日中お参りする人が絶え間ない。

夜遅くまで横丁一帯が賑わう中、親子ほどの年の違う男女が、戯れあうようにネオンの渦にすい込まれていく様子を男はボンヤリと見ていた。
近くにある立ち飲みの店で飲んだビールのほろ苦い酔いが心地よくまわってきた処である。

男はポケットから五円玉を1枚取り出すと手の中にしっかりと握り締めた。
前の人に並びタイミングを計りながら順番を待つ。狭い境内で混んでいる時、お不動さんにかける水が空っぽで、二つある予備のバケツも空の事がある。その時、自分の順番が回って来たら格好がつかない。急いで列から抜け出すと、バケツを両手に、すぐ横にある井戸、いまではめったに見られなくなった、手漕ぎ式のポンプで井戸水を汲む。

キーコ キーコ ギーコ ギーコ 

勢いよく漕ぐと ギー ギーと、手漕ぎのポンプが悲鳴をあげる。

ざわめきと、線香の煙りの中で、苔むした不動明王と、暫しの間向い合いながら、男は今夜の無事を祈るのである。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事