ハーブの名歌

華の昭和名歌300・華の平成名歌200

全体表示

[ リスト ]

 しばらくチェックしないうちに、ダンス・パフォーマンスも、ぐんとスマートに、華麗になった。特に、今回の曲では、宝塚風の裾が踊る衣装で、コスプレ・マニアにも、向くだろう。昭和40年代前後の、ムード歌謡の中心メンバーの方々が、だいぶ高齢化したいま、新しい勢力の台頭は、喜ばしいことだ。タイトルも、意味深で、あれこれと回想させるようだ。
 (作詩 水木れいじ 作曲 中川博之)
 別れた店で ぐうぜん逢った キャンドル・ライトに 潤んだ瞳 やせたじゃないか どうしていたの 探していたのさ あれからずっと----
(収集プロフィール)
純烈(じゅんれつ、2007〜 )日本の歌謡コーラス・グループ。
2007年、酒井一圭が白川裕二郎と小田井涼平を誘い結成。その後、林田達也・友井雄亮・後上翔太を誘い、全員で同じ所属事務所に移籍。6名中4名が特撮番組でレギュラー出演経験のある俳優で構成されている。グループ名は「純情烈将伝」の略で、「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味が込められている。3年に及ぶ下積みを経て、2010年「涙の銀座線」でメジャーデビュー。メジャーデビュー当日に東京メトロ・銀座駅で行われた発売記念イベントでは、『百獣戦隊ガオレンジャー』で酒井と共演した金子昇からも祝電が贈られた。「みかん箱の上だろうと、どこででも唄う」をモットーとし、「紅白歌合戦出場と全国47都道府県で唄うこと」を目標として掲げている。
2011年の東日本大震災を機に避難所や老人介護施設を積極的に慰問。老舗キャバレー、スーパー銭湯、各地の祭など、活動の場を拡げている。
2012年1月19、20日に開催された「トーキョーナイトクラブ2012」に参加。歌謡曲の聖地・中野サンプラザのステージを踏んだ。
2012年12月20日、日本テレビ系列の番組・『スッキリ!!』において、密着ドキュメンタリー「崖っぷち奮闘記」が3度に渡り放送された。
2012年よりムード歌謡の先輩であり、特撮ヒーローの先輩でもある宍戸マサル(宍戸勝)とジョイント歌謡ショーを行っている。
*強力タッグによる秀逸曲!偶然再会した昔の恋人とのラブ・ストーリーを切なく、甘くささやきます。
 シングル
1.涙の銀座線(# それからの夕子さん 2010年6月23日)
2.キサス・キサス東京(# ひとりじゃないから 2011年7月)
3.恋は青いバラ(# 港町銀河 2013年1月)

この記事に


.


みんなの更新記事