オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

なえかが赤点ピンチ!


変なメイドと言われるコガラシがきて早3日。
そのおかげでそれを止めるための道具をフブキまでも渡された。

そんな中、美和と英子が数学のテストの点数競いでなえかが29点と最下位。
それはお前が巨乳だから頭が悪いとしか言えないといわれショックを受ける。
それを演奏して聞いていたコガラシは追試対策を考えることに。
剣道部では部長が点数が低ければ部活動停止処分を下され勉強に励むようにと言われる。
それでもお前の原因は巨乳じゃないかと疑われ、さらには男子部員までもがそのときめきを表していた。
ダイエットにするために剣道をやってきたと野田という事実を発覚。

そのためにコガラシは追試対策として、
ある飲み物を用意した。それは何やらトカゲやらなんやらでまるで漢方薬を作っているようだが…
これは栄養ドリンクだといわれんばかりに、コガラシが強引に飲ませようとする。

すると弟の幸助がそのドリンクを飲むと、やはり肥満になってしまう…

おして次にやったのはついに数学をおしえることになった。
実はコガラシはMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業生で驚くほどの頭脳の持ち主であった。
その結果なえかの数学の教科書の問題をすべて解いた。

すると本気にさせようということで徹底的に頭に入れておこうということで、
幸助のパソコンのプリンタを使う。パソコンがないのにどうやって使うかと言うとコガラシが
耳につけてその記憶に入っているものを映し出すということであった。
そこにはやっぱり先生が描いた黒板のものがちゃんとついていた。
それを参考にすべく勉強をするもすぐに居眠りしてしまう。
こうなったらと思ったコガラシはなえかの記憶すべてを取りだしてコガラシの頭脳を入れるということだった。そして英子や美和に言われた巨乳を何とかすべくコガラシの鉄甲冑で補強する。

なおフブキさん曰く胸と頭脳には大きな関係があるとドイツ人学者は提言したって…
極端な理論を見つけたんだなとしか思えてこない。

そしてテスト当日。
やはり効果はある。この調子でいこうと思ったその時であった。
胸が急に音がきしんでる・・
まさか・・
杏の城の展開。破裂した鉄板で教室がめちゃくちゃになってしまった。
おいおいそれでなるという考えからして凄過ぎだろ…

というか自分の努力は自分でやらないとね。



開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事