オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

朝、なえかが配達牛乳飲んでいると、何やら金髪の男性が現れてなえかの目をイチコロ。結婚してくれとまで言われ、もう弄していたなえか。
それに惑わされそうになったとたん、後ろから白馬に乗った少女が金髪の男性をけって載せていってしまった。それを連れていったのはリズだった。

なんだかわからないなえかだったが、学校でのホームルームでは新しい先生が赴任してきたらしい。
つか前任の先生を死亡扱いにすなwwwww
名前はヘンドリック。彼は乙女の心をイチコロにさせる先生であったが。
そういや前任の先生は数学担当だったけど、ヘンドリックは何の担当なんだろう。金髪で英国育ちだから、英語担当の先生だろうな。
すると自己紹介する時もなえかを読め扱いにするほど、べったりとくっつく。

ほかの女子生徒も心を奪われて、もはやメロメロ。
すると現れたのはイチゴ仮面ことリズが再びヘンドリックを気絶させる。
イチゴ仮面は窓から立ち去ったが、なにせ3階だったので自業自得といったところだろう。

なんでリズがあの金髪のヘンドリックをけなしたりするのかというと、実はヘンドリックはリズの兄なのである。実はリズは小さい頃に嫁になってほしいと約束されたが・・・
英子の推理でどうやら年を重ねるにつれて忘れないように言ったものの13歳のころにもうでかくなったから飽きたというので巨乳の美少女と付き合うことになってしまい結局、やきもちを焼いてしまったらしい。
案の定、リズが思っていたことらしいが・・・

一方のヘンドリック。
保健室で休んでいたが、保健の先生は学校で随一のスパルタ教師だった。
なのでただ休んでも注射を打つくらい厳しい養護教諭なのだ。
しかしヘンドリックはメガネを取り外して魅力を与えてしまいついには養護教諭も心を奪われてしまう。

コガラシとフブキさんはヘンドリックのことについて調査した結果、魔眼に着目し、
彼の恐るべき能力だと分析する。

そんな光景を見ていたなえか・英子・美和は、洗脳された剣道部につかまってしまう…

おそらくヘンドリックが顧問になったおかげでもうヘンドリック様マンセーとなった女子剣道部員。
そんな洗脳された人たちを開放すべく、なえか、英子、美和が対決するもすでに英子・美和が対案をしても歯が立たず結局はなえかがのこるだけとなった。
後がなくなり、なえかが真剣な勝負を繰り広げている中、リズが苗化が苦戦している中でいちご仮面で登場するかで迷っていたがそれをコガラシが立ち聞きしていた。
そこでコガラシはリズにある茶巾を渡した。

なえかはあえてノーブラで戦っていた。それで目の敵を出そうとしている。ヘンドリックは巨乳フェチなのでそんなのに気に取っている西か見えなかったからだ。

ヘンドリックはすでになえかの制服が汗で胸のところが見えてきていると隙をつき、
先手必勝を取ろうと思えば、するとここでリズことイチゴ仮面が助太刀。
何が何だかわからないなえかはいちご仮面と手を組むことに。しかし…弱点をつかんだヘンドリックは
攻め続けとうとう後がなくなった。
とすると、
リズはコガラシからもらったものを出す時が来た。
実はこれ、リズの胸が今までよりもでかくなっているのはコガラシの作戦。
コガラシからもらったのはブラジャー。だが、これはただのブラジャーじゃない。
実はこれは危機に瀕したとき、いざという時に出る防護用のブラジャー。これは閃光弾のようになり目が失明するほどの輝きになるものであった。

この決選で女子剣道部員・英子・美和も巻き添えでほぼ全員が失明…(カワイソスつか、失明はねーよ)
病院に運ばれた…

コガラシがなえかにリズのような武器を入れているということを言った途端、地雷を踏んでしまい、
ぶっ飛ばした。

今回は巨乳フェチの兄貴が登場して、しかも魔眼で女子高生の心を虜にするとは…
ナンパにもほどがあるやつだな。
しかも中の人はフォルゴレの中の人だったとはな。それ思い出せば、高橋さんのキャラが思い出すな

トラックバックURL http://blogs.yahoo.co.jp/vvvf7765/20670197


メイドガイは最高だ!なんて思った人はクリックお願いします。
https://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック)

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事