オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

賀津紀の正体


五十嵐が美佐枝さんをキャンセルしたことで賀津紀は逆にショックを受けた。
その翌日である。
いつもながら校門で美佐枝さんを待っていた賀津紀は友人のサキとユキが心配していた。
どうやら風邪で休んでいるようなのだ。学校が終わった後にまた美佐枝さんに会うとサキとユキが伝授したセリフをそのまま行って攻撃を喰らう始末。

だが賀津紀はやはり美佐枝さんを心配していた。

翌日、賀津紀はまた美佐枝さんを待っていたが彼女は今委員会の打ち合わせで忙しい。
そこで中に入っていこうと思うと、サキとユキが迫って賀津紀を女装させようとしていた。
緊張感あふれる賀津紀。誰かがばれるのか心配していたが誰も気が付いていない。
あるクラスではまだ高校生だった芳野と、まだこの学校の先生だった公子先生も若い姿がりりしい。
>公子さん、風子のときは見えなかったけど、なぜか賀津紀は見えるんだよねえ

美佐枝さんが委員会で発言しているのを賀津紀が見ると、ばれそうになったのでなんとかごまかそうとしたが美佐枝さんにはばれなかったそうだ。
サキとユキのいたずらに振り回された賀津紀は、家に帰ろうとするが実際家に行ったことがない美佐枝さんなので、どうなるかはまだ不透明。
しかも家がどこだったかわからない賀津紀…

とにもかくにもユキとサキが賀津紀の家を見つけたが、賀津紀自身がもうこの世にはいないということを知った上で走って行ってしまう…
つまり、賀津紀は死亡していたのだ。それよりも自分は賀津紀ではないということであり、死んだ人の思いを届けなければいけないし者であったのだ。
だけど自分は幽霊であるということを美佐枝さんには直接言えないことである。

その日は美佐枝さんと一緒に秋祭りへ行くことだった。秋祭りはデーとそのものだった。
賀津紀は女装していたことを知っていた。
そして願い事を言う時が来ました。
美佐枝さんは賀津紀に「ずっといつまでも私を好きでいてください」ということで号泣される…
後でジュース買って飲もうとするもそこには賀津紀の姿はなかった…

賀津紀の姿が遠ざかっていって、それ以来賀津紀のことが気になる美佐枝さん。
のちに男子寮の顧問として君臨するも、一緒にいる猫の「名無し」がそれの生まれ変わりだと美佐枝さんは思っているそうだ。

―――――――――――――――回想シーンここまで――――――――――――――

今、電話で高校時代の同僚のサキと話す美佐枝さん。
いつか、また会おうと約束して…
すると朋也は夢を見ていたらしく、起こす渚。
この日は秋祭りの日だった…

二人で一緒に行くも美佐枝さんがやってくる。猫の「名無し」がどこへ行ったのか・・

名無しは智屋の足元にいた。

すると美佐枝さんはこの名無しが賀津紀の生まれ変わりだと信じているそうだ。
ずっといつまでも美佐枝さんのそばにいるのだから…

――――――――――――――――――――――――――
賀津紀の女装がかわいく見えたのは私だけではないはずです。
というか早苗さんと同様コスプレが連発しているような・…

賀津紀の生まれ変わりがあの猫だからということで非常に思い入れがあるからこそ春原にきつい制裁をしたんじゃないでしょうかね。
若かりし芳野夫妻がりりしいですな。風子はいくつのときだったんだろう?
たぶん小学5年生くらいかなぁ…


来週はまた春原編か…
よほどお気に入りなんだろう。

開く トラックバック(24)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事