オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

北条美華魅初登場、彼女もまた元神霊


シュタイナー・エクセルから聞いた沖縄の事件に関連してとりあえず出かけてくる慶太だったが、
あえて茜さんは心配症なので言わないでおく。

するとそこで美華魅と出会い、トライバルエンドだと思った慶太は警戒するがあえなく拉致される。
異変を感じたクロは外に出ると、偶然茜さんが返ってくる。
と同時に電話がかかる。彼女はどうやら後で来いと言われ、慶太を預かっていると切って現場へと向かう。

一方、藏木たちもまた沖縄の事件においてクロをとっ捕まえようとたくらんでいた。
もちろん、トライバルエンドやあの事件を引き起こしたのも、獅子神一族だったという。
クロが打つべき相手の一人だ。

拉致されて連れてこられたのはどうやら美華魅のアジトだ。
どうやら契約者もいるそうなのだが、なぜか契約者が老いている。もう死に際そのものである。

そのころシュタイナーやエクセルはほかの元神霊を集めて作戦を実行しようとしていた。
そこはかつて、元神霊の墓場そのものを著している。

慶太は美華魅とともにクロの本性を話される。
どうやら、慶太はクロの秦の契約者ではない。真の契約者であるならば、必ず一般の人と比べれば老化が早くなり寿命も短くなるという。
しかも美華魅もまた30代でありながら老化が激しい契約者の慎吾と契約している元神霊だった。

クロは着くが慶太自身がサブの契約者だと知ってもうやけくそになっている頃、
美華魅はクロを襲いかかる。
美華魅の攻撃が圧倒的のいま、シンクロで攻撃を繰り返す。

すると美華魅も老化が激しい真悟がシンクロすると、攻撃をする。
しかし、その直後、慎吾は呼吸停止して死亡してしまう…


―――――――――――――――――――――――

とりあえず、慶太はサブの契約者だったわけですが、
それがどういう意味を持っているのか。それから真悟が老化してパートナーが死んだ場合はどうなるのか。
ではシュタイナーとエクセルの場合はどうなのかというとこれまた疑問を持たざるを得ない。

次回はクロの過去。
これが一番知りたい話ですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事