オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

映画のロケはいかに容易でないかがわかる


前回に引き続き、
イメージ 1

「朝比奈みくるの冒険」の収録中のSOS団。

勝手に神社の境内でロケをしたためにハルヒが神主めがけてモデルガンを打つ始末。
これはひどいw
人に向けて撃つとかありえないだろ?

蕎麦屋で休憩中、
イメージ 2

みくるはダウン。むしろ、ハルヒが無理やりそうさせてしまってストレスがたまりすぎている。

気を取り直して、再び戦闘シーンを撮影中だったその時の出来事だった。

本来長門とみくるが戦闘するシーンでは「みくるビーム」を叫ぶシーンだ。強引すぎる演出。そこで、
一生懸命叫んでも本物は出せない。
その瞬間のひと声が、SOS団に震撼を震わせた。
イメージ 3

それは実際みくるがビームを出し、そのついたてを一刀両断するかのような勢いで長門に向かったのだ。
イメージ 4

そのあと、みくるとハルヒは打ち合わせしている間、長門は実際みくるから浴びたビームの損傷を自然治癒で一瞬で治した。古泉によれば、これはハルヒによる意思がそのままみくるのビーム(目に見えないもの)に変わったものだと推測する。

衣装を変え、すぐ戻ってきたので点々と収録を積み重ね、そして、その真相をハルヒに聞こえないくらいに話した。
イメージ 5

イメージ 6

キョン、一点に集中するなw

するとハルヒは、エキストラも予防ということにした。もちろん、エキストラは谷口と国木田だ。
イメージ 7

そして谷口と国木田を呼んで、ロケを開始するもハルヒは怒鳴っていた。それは度重なる収録などで目立つ衣装を見られては困ると意思表示しているのと、休みたいというかひきこもりたいということで拒否反応をしているみくるからの言葉だった。
イメージ 8

偶然、鶴屋さん(ちゅるやさん)が国木田や谷口とついてきて撮影したいと言い出したのである。
とはいえ、鶴屋さんって「だわさ〜」とか「めがっさ」は言わなかった。

ハルヒはこうなったら、タクシーを使ってもみくるを連れてきた。
イメージ 9

そんな強引なハルヒがやっぱりハルヒらしい。

――――――――――――――
とりあえず今回はここまで。
意外なのはこのみくるビームは嘘ではなく、本当だったのか。
ていうかそれ映画流したら、「すげー」の大合唱。というより当たったら死ぬぞ、マジで。

んで、谷口と国木田はどんな役で出るんだろう?
なんかキョンの雑用係の負担を軽減する役割でもあるのかもしくは…
そして新作品でようやく鶴屋さん登場。にょろ〜んとかはしないんだろうな。

来週に期待します。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ついに目からビームが発射しましたね。
後何話くらい今回は続くんでしょうねぇ。
僕も期待しています!

2009/8/30(日) 午前 9:20 ken

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事