オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

音楽

[ リスト | 詳細 ]

クラシックだけでなく、アニソンやJPOPなどを語ります。
記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

おばんです。
 
今日のN響アワーは私の好きなブラームスのヴァイオリン協奏曲。
この曲はのだめ映画後篇三木清良がコンクールで披露したのがこの曲でした。第3楽章ですね。ちなみに私の好きな楽章で、妹も「あ、これ知ってる!」というくらいにうるさいほど聞いてましたからね。
 
ソリストがなんと旧ソ連出身のヴァイオリニストで今も紛争状態のあるグルジア出身なのだとか。今はDGでレコーディングされている方で、DECCAレーベルのデュトワ氏との移植の共演ともなりました。
いろんなソリストを聞いています。同じソ連出身のクレーメル、ハイフェッツ、オイストラフ、それに対してフランス出身のクリスチャン・フェラス、ミシェル・オークレール、フランス系ベルギー人のグリュミオー…と弾き方によって違いが出てるんですよね。ロシア系とフランス系とは演奏がまるで違うのです。
前者は技巧的にうまく弾くように、まるで芸術家のような演奏体系をもつのに対して、フランス系はどちらかというと優雅さやゆったりとしたテンポで芸術はゆったりと貴族的なものなのだよと表現しているんだなと私はいろいろ聞いててわかりました。
クレーメルなんて、カデンツァにマックスレーガーの前奏曲を弾いてますし、ハイフェッツは自分のカデンツァまで描いているほど技巧が鬼才なほどの天才でしたからね。
 
で今回のソリストはどちらかと言えば優雅さもあれど、技巧を意識して芸術とは何者ぞというのをとらえての演奏だったと思います。
 
で私のお勧めはギドン・クレーメル、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、マックスレーガーが出てきます。テンポも早く、これぞロシアが生んだブラームスの演奏だぜ的なノリで聴くと面白いですよ。
 
そして番組の最後、衝撃のお知らせが。
N響アワーが3月をもって番組終了となるそうです。(|||゜Д゜)ガーン
うそ・・・だろ!?って思いましたよ。このおかげでクラシック幅広くなったのにぃ…なんでと思いました。貴重なクラシック番組が…地上波のクラシック番組が…と思いました
 
今年のNHK響の庭園が若手ピアニストで演じたラフマニノフ第3番ピアノ協奏曲が名演奏だとよく聞く。
 
実はこないだ、アマゾンで注文したリーリャ・ジルベルシティンの演奏を購入。
 
聞いてよかったと思った!
 
それは躍動感とベルリン・フィルの重厚な演奏にあると思う。
 
あとやはり躍動感か。
 
第2協奏曲もなかなかいいが、メインは大3番協奏曲。
 
自分としてはおすすめですw
 
 
久々の音楽レビューです。
 
今回は最近の演奏会より。ベートーヴェン作曲ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61をお届けしました。
この曲、カデンツァが多い協奏曲なんですよね。もともとはウィーンの宮廷ヴァイオリニスト、フランツクレメントにより献呈された曲です。のちにベートーヴェン自身がピアノ協奏曲に編曲しています。
一般的にはクライスラー、ヨアヒム、オイストラフ、ハイフェッツなどのカデンツァが使われますが、一般的にクライスラーのを使っていました。
 
実はこの前に、アルテュール・グリュミオーの芸術という1000円で名盤が聴ける期間限定の奴を手に入れましたが、グリュミオーはクライスラーを使っていて意外でした。ヨアヒムあたり得意そうだと思っていたので。
 
演奏は、ドイツの銘ヴァイオリニスト、フランツペーターツィメルマン(ピアニストのツィメルマンではない)の息子さんが演奏。指揮はスウェーデンの名門オケ、エーデボリ交響楽団の音楽監督を歴任したネーメ・ヤルヴィ氏。彼の息子である、パーヴォ、クリスティアンが活躍している中で父がN響に客演するのは珍しかったです。
ネーメ・ヤルヴィの名盤と言えば、北欧系、ロシア音楽のレパートリーが有名です。とくにリムスキーコルサコフの交響曲は名盤中の名盤。北欧音楽に興味を持つ方はネーメ・ヤルヴィ氏を聞いたことはあるはず。
 

開く トラックバック(1)

この前のN響アワーでラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第3番の演奏を見ました。
 
この曲は映画シャイン、のだめ欧州編で登場した曲であり、超絶技巧を多数要求されることでも名高い曲です。
また指揮に携わったマーラーは、「名曲だ」と評したほど。さらに初演当時はラフマニノフとホロヴィッツしか弾けなかったというエピソードもあったそうです。
 
独奏はアンスネス、指揮はヘルベルト・ブロムシュテット。北欧出身同士の演奏はなんともものすごく北欧とロシアを両方のように聞こえてしまうため、ふけってしまいました。
 
ところで数日後の今日、タワーレコードでシューラ・チェルカスキーの晩年の録音があったのでゲット。
チェルカスキーはロシアのピアニストで来日回数も多い親日家でもありました。リストやシューマン、ルビンシュティンなどの作品に優れ、ラフマニノフも重要レパートリーに入っていました。
管弦楽はロイヤル・フィル、指揮はユーリテミルカーノフ。
 
全体的に晩年なのかテンポは遅め。晩年でありながらこの感情の入れ具合はさもありなんと言う演奏。
とはいえ、ロシア風の味わいも出てくると言うのは否定できません、ロシア人同士ということもあるので。
 
また聴き比べ対象として、アルゲリッチとアシュケナージ。このお二方はショパンコンクールに入賞した強者。
だからショパンのごとく技巧をガンガンテンポを意識するアルゲリッチの演奏。一方でショパンを意識しながらもロシアを意識するかの如くふるさとを愛するかのような感情をいれるアシュケナージの演奏。
 
それを比べるとラフマニノフをまさになんだろう真に受けた演奏だなというのが全体の印象です。
 

日常の合唱曲

おばんです。
 
イメージ 1
さて今日はアマゾンにて注文をしていた「日常の合唱曲」を引き取りに近くのローソンへと行ってきました。
今まどマギフェアが終わったというか今度はまたとあるシリーズのタイアップキャンペーン。(JCがイラストにかかわっている、現在はシャナが放送中)
店内では井口ゆかちーのアナウンスが聞こえたりと、本当にローソンはどこへ向かっているのやら。
 
日常の合唱曲を聞いて改めて母校の中学の卒業アルバムのCDを聞いていいなぁと思ったのが、旅立ちの日やレッツサーチフォートゥモローとか。あとはマイバラードだな。
というか小学校の卒業アルバムCDどこへ行ったんだ…と思い探してみようと思う…
 
では。
 

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事