W124090_560TEの備忘録&時々W109の話

ちょっと変わったW124メルセデスワゴンの備忘録です。少しだけ縦目メルセデスも登場します

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

初年度登録 平成7年式の商用車ですから、ウレタンバンパーとか傷だらけです。
オレはこんなに擦ってないよ?
荷物の積み降ろしの傷は仕方なし。

傷の件はさておき白縞模様なったバンパーはケミカル剤使用で一時黒く戻っても、また白くなってしまいます。
サンバートラックは白斑は無くメラミンスポンジで年式相応に程良く改善したのですが、
こいつには全く効かないのでバーナー炙りの刑です。
(良い子はヒートガンでやろうね)
イメージ 1 

新車並みに真っ黒になりましたが、擦り傷が目立つようになったかもしれません。
・・・作業前の写真がないよ(笑)

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

日常使用ではこの車の赤白カラーはマズイということで、あちらこちら白く塗りつぶしてあるのですが、
まぁ、一部にはやっつけ仕事でありまして・・・、今回は後部を集中的に。

(赤色を全部研ぐと地の白が出てくるはずですがね、非現実的)
2日間掛けてコーキング材を取り除き、
ラッカー的塗装のパー吹きが剥離した部分を削りとって段差に薄付けパテ盛って、
イメージ 1 

研いで、
イメージ 2 

サフェーサ。
イメージ 3 

十二分に乾燥させたら、も1回研いで、平滑出したらサフェ拭いて磨いて・・・終わりです。
おぃ、白、塗らないのかよw!

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

M117エンジン用エアクリーナを魔改造しようと思いまして、先ず中古探しに着手しました。
ところが、今時はW126(560SEL)用の中古エアクリーナは市場で枯渇していて探すのに苦労いたしました、
値段が高いのも除外しますし・・・。
なんとかギリギリ出せる価格で手に入れました。
イメージ 7

かなり外観が汚れているのは磨くとして・・・不注意でボルトが折れ(折り)ました。
イメージ 1 イメージ 2 

裏側から確認しますと、ビスがスタッドとして溶接?ロウ付け?されています。
イメージ 3 

ベルトサンダーで母材(エアクリーナの方)に傷を付けないように削りました。
ここまで削ると、もうボルトを押すとポロっと取れます。
イメージ 4 イメージ 6 

ステー部分を磨いたところで、元通り風にボルトをロウ付けしようと思ったのですが、
スペースが十二分にありそうなのでボルト&ナット(緩み止め剤使用)で取り付けてみました。
イメージ 5 

うん、フタも密着して閉まります無問題です、修理完了。

・・・ここからケースはバフ掛けして、中身の改造です(何をやるのかな!?)。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

6.3 オイル滲み

去年末にフードインシュレータを貼った後で、リフトアップして下回りをチェックしました。
イメージ 1 イメージ 2 

オイリーなのは、エンジンオイルパンとベルハウジング、AT周り、デフ周り、パワステギアボックス。
紙パッキンやら、コルクパッキンでの結合部分なので仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。
エアコンホースは別件ですね。

パーツクリーナで掃除して、リークストップ剤を軽く塗布しました。
スプレー剤は広範囲に出すぎてしまうので、指に取って手塗りとしました。
対処療法。
イメージ 3 

正月明けに確認した限り、
デフ周りは、かなりクリーンになっています。
エンジンオイルパンは、まぁクリーンかな。
パワステ・ギアボックスからの微量なリークは確定(シール剤を塗っていない部分) 
ATのシフトバルブは持病レベル(シール剤を塗れなかった部分)。
クランクシールからの滲みがあるかは今のところ「?」です。
エアコンは多分ホースがダメなので根本的に解決しないとダメでしょう。

エンジンのみ暖機運転しようと思いましたが、走行しない暖機は排気ガス滞留させてしてしまうので無し。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


さて、大部分は貼れたフード・インシュレータですが、貼れていない部分に余った材料やらを動員します。
コッチ(桟の根元部分)はインシュレータの左右を切った余りを寸法取りして切り出し貼って耐熱塗料で塗装。
ガラス繊維の白い断面も目立たなくなりました。
イメージ 1 

先端部の欠損部分は入手しやすく安価な糊付きの耐熱シート(銀色)で。
追加する場合、断熱材の型取りは本体貼り付け前に行った方が楽チン確実なので忘れずに。

今回は、合わせ面の型取り用に捨てずに保管していおいた離型紙で突合せますが、少々苦労しました。
イメージ 2 

なので、余計なことをして一部の淵をニ段にしてしまった。
・・・見栄え的に気に入らないのは本人だけかなぁ?
(他人は気にもしないであろうか)
イメージ 3 

まぁ、断熱シート1枚を無駄にすればやり直しができますよ・・・

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事