JL1LOF HamRadio素朴な疑問とつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

1週間前のネタになっちゃいました。
6/16の日曜日の昼前から夕方まで、さいたま市桜区に移動して
ALL ASIAN DX Contest CW で複数の海外局と交信しました。

イメージ 1

イメージ 2

100局交信できるかな?と期待しましたがコンディション悪かったです。
ちなみに過去の交信局数は

2014年 23局 埼玉県和光市移動
2015年 107局 埼玉県富士見市移動 https://blogs.yahoo.co.jp/w156fo38/63442351.html
2016年 23局 埼玉県和光市移動  https://blogs.yahoo.co.jp/w156fo38/63892437.html
2017年 79局 さいたま市桜区移動 https://blogs.yahoo.co.jp/w156fo38/64263737.html
2018年 36局 埼玉県朝霞市移動  https://blogs.yahoo.co.jp/w156fo38/64599502.html

入賞狙っているわけではないので局数にバラつきあります。
いずれも海外局との交信が目的です。
過去を振り返ると2015年は欧州と交信できたのが記憶に残ってます。
昼過ぎから北東にビーム向けると
「え?クロアチア?サッカーの強いあのクロアチア?」とか
「ボスニアヘルツェゴビナ?もしかして珍カントリー?」 ※DX初心者です。。。
「お〜フランスだよ!すっげ〜」
なんて感動したのを思い出しました。

今回はアジア各国にUSAだけって感じでした。
コンディション考えたらたくさんできたのかもしれませんね。

CQもだしてみました。
新規に作成したTwitterのアカウント(JL1LOF)にその動画を投稿してみました。

イメージ 3



開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

WSHさんのいつもの移動ポイントにご一緒させていただきました!
ステージ1は神奈川県小田原市(JCC1107)から50MHz電信電話で運用しました。


1.ステージ1
今年はコンディションがよく2013年の復活以降、最も楽しめました〜。
9エリアと交信できていればAJD達成でした。

イメージ 2

イメージ 3


このコンテストも50MHzに拘っていますが1等賞のハードルはとても高いのです。
一度は1等賞になってみたいので今年もチャレンジです。
いろいろ作戦練っても結果はあまり変わらないので自然体で臨みました。

これだけコンディションよかったにも関わらず、1等賞を目指すには交信局数が伸びませんでした。。。
マルチは例年に比べれば多いですが、これはみなさん同じだと思います。
「ん〜お弁当の権利は今年もムリだなぁ。。。」 
(神奈川支部大会では表彰式で入賞者にご褒美としてお弁当が支給されるのです。)


2.ステージ2

ステージ1終了後、WSHさんとのお話もそこそこにステージ2参加のため場所を移動しました。
ステージ2はHFローバンド部門です。
移動地は横浜市泉区(JCC(AJA)110116)です。
渋滞もなく開始50分前には到着しました。

「さぁ、ローバンドで全国の方とQSOを楽しむぞ〜!」
と設営を始めようとしましたが。。。
車の中は荷物だらけ。
この中から必要なものをとりだして真っ暗な中、設営するのが億劫になってきました。
「こんな夜間にアンテナ設営してたら怪しいよなぁ、どうしようかなぁ」
なんて考えてたら
「ステージ1で楽しめたからステージ2は実家のベランダからでいいか」
「ビールも飲めるしな」

という訳でお手軽作戦に変更しました。
しかし、いざビールを飲み始めると、
「昼間楽しめたからステージ2はいいかな」
なんて思い始め、結局は最後の約30分だけのなんちゃって参加でした。
「だったら最初からそうすればWSHさんともっとお話しできたのに。。。」
ははは、意思弱いですね。

イメージ 4


3.合同運用時の抑圧

合同運用時は相手の抑圧が運用のネックとなることがあります。
アンテナの設置状況や運用周波数、RIGの特性で一概には言えないと思いますが、
対策したほうが安心です。
今回はwshさんが LowPassFilter をご用意いただいたおかげでお互いまったく影響ありませんでした。
合同運用時は必須ですね。


4.ALL JA1コンテスト参加

ステージ2で妥協してしまったので、無線やりたい欲求不満が残ってしまいました。
朝方はコンディションよかったですが、10時ころにはEsも落ち着きハイバンドは閑古鳥が鳴いてました。
「ん〜無線やりたい!」
自宅近くに移動してローバンド部門参加という方法もありましたが、
翌日の仕事を考えるとまた億劫になってしまいました。
「自宅からモービルホイップでちょっとだけ参加にするか」

自宅から3.5MHz部門にモビホで参加しました。

イメージ 5

思ったよりもたくさんできました!
3.5でモビホなんてまったく使い物にならないと思っていたからです。
(自宅から3.5MHzで)初めてCQも出してみました。
意外や意外!9局さんからコールいただけました。
一瞬だけですが、RBNにも載りました。
「このモビホ(コメットHR3.5)、思ったよりも楽しめるなぁ」
「50WでCWだからかも」

よかったよかった、欲求不満を少しだけ解消できました。


各コンテストでQSOいただいたみなさま、ありがとうございました。



(ステージ1 小田原市)
イメージ 1


開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

乗り込み参加してきました!

移動地は
群馬県北群馬郡榛東村 JCG16005E
(シントウムラ と読みます。実は過去に交信するまで何と読むのか知りませんでした。)

HFオールバンド電信電話で運用しました。

イメージ 2

1.放浪の達人のモノマネ

奇跡的に金曜日に休暇がとれたのです。
「放浪の達人が利用している 道の駅 を自分も体験できるじゃん!」
という訳でモノマネさせていただきました。
実は高速代の節約がメインだったりするのですけどね。
金曜日の夜から出発すれば渋滞もなく、節約もできるという算段だったのです。

予想よりも交通量多くスピードは出せないものの渋滞なく現着です。
宿泊地は「道の駅 よしおか温泉」です。
深夜に到着したので温泉は営業終了してました。
残念!
これも放浪の達人のマネで「プシュ!」で心地よくなったところで就寝しました。
(写真撮ってませんでした〜)

いつも感じているのですが、移動運用地で夜を明かすのはとても心細いのです。
それに一般の方が見たときにとっても怪しい目で見られてしまうし。
でも道の駅は同志ばかりなので怪しい感を引け目に感じることなく堂々と振舞えるのです!
さらに、移動運用地で最も苦労する水道とトイレの心配がないのです。
「これはいいじゃん!さすが放浪の達人」
なんて勝手に思ってました。
安心して車中泊できました。

イメージ 3


2.設営からコンテスト開始まで

時間に余裕あったので設営に手間のかかるマルチバンドでも時間に追われることはありませんでした。
しかし一般の方からは怪しい感 満載です。
地元のお爺ちゃんから
「(穏やかな口調で)これは何ですか?」
とお決まりの質問を受けました。
「これはアマチュア無線で、今日は群馬コンテストなんです。
無線のコンテストは限られた時間の中でいかにたくさんの人と交信するかを競うんです。
単純に交信数だけでなく、交信した地域数を掛け合わせた点数を競うんです。
群馬コンテストは群馬県の市町村が地域数になるので
日本全国から群馬県が注目を浴びる機会なんですよ。」
なんて説明したら共鳴いただいたのか
「頑張ってくださいね」
と大福もちと栄養ドリンクの差し入れを頂いちゃいました。
「おじいちゃん、ありがとう〜」


3.コンテスト開始

スタートのバンドはいろいろ考えましたが3.5MHzにしました。
「暗くなったら当然1.9と3.5でしょ」
と翌日7MHzのコンディションが最悪となるケースを想定していませんでした。
まぁ最近の7MHzのコンディションを考えると20時以降に交信できると思ってなかったんですけどね。
ロカコンなのでコンテスト前の周波数確保は激しくなく10分前でも十分に確保できました。
V V V de JL1LOF/1 JCG16005/E
を打鍵してコンテスト開始を待ちました。
V V Vの効果あったのか最初のCQからいきなりパイルでした。
「ちょっと待って、想定の範囲外だよ〜。」
今回はIC7100を使ったのですが信号が重なると聞き分けができないのです。
「ありゃ〜重なっちゃって全然わかんないよ」
更にパソコンの反応がとても鈍かったのです。
カーソルが思ったところに移動してくれないのです。
「おいおい、頼むからスムーズに動いてよ」
という訳でたくさんの方からコール頂いたにも関わらず もどかしいスタートとなってしまいました。


3.コンディションいまひとつ

初日は3.5MHzと1.9MHzのみでした。
群馬コンテストは翌日の6時まで休憩時間があるのですよね。
これいいです〜。
堂々と睡眠時間が確保できるのですから。
2日目は7MHzからスタートしました。
コンディションよくないことは想定していましたが残念にもまったくの予想通りでした。
大票田1エリアの近距離がサッパリでした。
その後14,21,28MHzとQSYしていきました。
ところがハイバンドもさっぱりです。
かろうじて6エリアと交信できたくらいです。
「群馬コンテストは5月開催で1エリアながらEsで呼んでもらえるのは楽しみだなぁ」
と思っていたのですが。。。
結局ハイバンドはグランドウェーブの1エリアとちょっとだけ6エリア各局と交信できただけした。
3月のJAΦコンテストで7MHz近距離のΦエリアが1130ころから聞こえだしたのを思い出しました。
近距離が開けるのを期待して最後は7MHzを運用したがパッとしないまま終了を迎えました。


4.交信ありがとうございます
 
交信いただたいみなさまに感謝感謝です。
 HF全6Bandで交信いただいたのは3局、
5Bandで交信いただいたのは8局、
4Bandで交信いただいたのは5局いらっしゃいました。
ありがとうございました。

イメージ 1

※番外編

ブログ引越しのお話です。
未だに引越しツールが提供されせん。
みなさんFC2に引越す理由が自分なりにわかりました。
引越しツールがなくてもコメントやカテゴリーまで引越しできるのはFC2ブログだけなんですね。
なるほど〜と思いました。
FC2ブログをちょっと試してみましたが、
みなさんからのコメントは20件までしか引越しできないのですね。
このままFC2でもいいかなぁと思いましたが、
写真を掲載する場合、2MBまでに圧縮しないとアップできないのですね。
私のスマホ(正確にはiPodtouch)は普通に撮影すると2MB超なので、
書き込みをするごとに写真を圧縮しなければいけないのは残念だと思いました。
ちなみにlivedoorブログは写真サイズの制約ないので
スマホ写真を圧縮作業なくしてアップできるのは魅力だと思いました。
現段階ではFC2ブログ経由でないと引越しできないのがネックです。

Yahoo!が提供する引越しツールが20件以上のコメントも対象となることを期待して
もう少し様子みることにしました。

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

令和の時代始まる

新しい時代が始まりましたね。
平成は崩御からのスタートだったので令和の明るくお祝いムードは印象的ですね。
カウントダウンや「新しい時代もよろしくね」等、お正月が来たような感じですね。
戦争のない平和な時代がこれからもずっと続くことを切に願います。

平成は災害が多かった時代だと感じています。
歴史に残る大地震(阪神淡路大震災、東日本大震災など)や豪雨など。
被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。
令和は災害が最小限であることも願います。

さて新時代最初に参加したコンテストの話題です。
 
 
・2019 東京コンテスト参加 190503
昨年に続いて東京都あきる野市(JCC1029)から50MHz電信電話部門に参加しました。

イメージ 2
 

イメージ 3


昨年の自身の実績を超えられませんでした〜。 
(昨年の実績)

10連休ド真ん中で参加者少なかったのかな?
自分の実力不足を棚に上げてますね。

交信いただいたみなさま、ありがとうございました。
さて、ブログの引っ越し先を探さなきゃ。

イメージ 1



開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

平成最後の投稿

なんか大袈裟なタイトルになってしまいました。
前回投稿からなんと約2か月も経ってしまいました。

Yahoo!ブログは本年の12月15日でサービス終了です。
過去の投稿やみなさんからのコメントも一切消えてしまうそうです。
それを考えると新しい投稿は。。。
なんて考えてました。
時間がなかったこともあるのですけどね。

ブログを継続するかどうか、引っ越しするならどこへ?
などいろいろ考えてました。
いろいろ調べてますが、引っ越しならなんとなく「Hatena Blog」か「livedoor Blog」がいいかなと思ってます。
Yahoo!ブログの無線仲間はFC2へ引っ越す方が多いですね。
FC2はみなさんのコメントまで含めて引っ越しできるのは魅力ですね。
ツールも用意されるようですがコメントは引っ越しの対象外とか。
もうちょっと悩んでみます。

関東UHFコンテスト以降の主な無線活動を記録しておきます。

1.20190217 埼玉県戸田市(JCC1324)移動
  ショッピングモールの屋上駐車場
  430MHzFM 19局
  Phoneはいろいろお話ができて楽しいですね。

2.20190223,24 広島WASコンテスト  
  3.5Mhz CW 9局 ホームから運用
    7Mhz SSB,CW 34局 埼玉県和光市(JCC1329)から運用
  3,5は5mhモビホでした。
  7は普段CWでしかお会いしない方々とPhoneでもお会いでき感激!

3.20190303 雛コンテスト参加
  3.5Mhz CW 11局 ホームから運用
  モビホ50Wで11局もできた!

4.20190309 JAφ3.5MHzコンテスト
  3.5Mhz SSB,CW25局 ホームから運用
  モビホで初SSB!

5.20190310 JAφ7MHzコンテスト
  7MHz CW 25局 ホームから運用
  県外との交信ばかりで0点かとヒヤヒヤでした。
  終了30分前ころになってようやくΦエリアが入感!

6.20190317 RussianDX Contest
    7MHz CW 7局 ホームから運用
  USA4局、ロシア3局
  自宅から米国とQSOできました! 2mh Zepp 50W

7.CQ World Wide WPX Contest
  7MHz CW 3局 ホームから運用
  USA 2局、Guam 1局
  またもや米国とQSO!

8.20190414 Japan International DX Contest CW
  7MHz CW 3局 ホームから運用
  またまた米国3局とQSOできました。
  7MHzの遠方はコンディションよいのかな?

9.20190420 オール東北コンテスト
  3.5MHz CW 11局 ホームから運用
  モビホ大活躍!

10.20190321 東海QSOコンテスト
  7K2HUG/2 マルチオペレータで静岡県伊豆市から参加。
  430MHzを担当しました。
  参加局少なかったのかな?

11.20190428,29 ALL JAコンテスト
  JA1ASG/2 マルチオペレータで静岡県伊豆市から参加。
  3.5,7,14,21,50MHzをところどころ運用。
  みんなでがんばりました!
  チーム的にはベストを尽くせたかな。

イメージ 1
  
いやぁ、こんなに投稿たまってました。
交信いただいたみなさま、ありがとうございました。

さて、ブログはどうしますかね。
ブログで仲間が増えたので継続の方向かなぁ。
どこに引っ越しするかなぁ。



開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事