JL1LOF HamRadio素朴な疑問とつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。
遅まきながらコンテストの結果です。

1..2017 6m AND DOWN コンテスト 結果

イメージ 1

入賞は3位まで、残念ながら入賞ならずでした。
前々から6Dは標高の高いところで参加したい!と思っていました。
そんな中、wshさんとの合同運用が実現しました。
ラッキーにも前日の金曜日に休暇がとれ、コンテスト開始約31時間前に現地到着するほどやる気マンマンでしたが荒天に負けました。
が、合同参加と熱海の温泉を楽しみました!

(当日の参加記)


2.2017東京コンテスト賞状受領

2016年は都外で入賞できたのですが、支部大会での表彰対象外で残念な思いをしました。
そのリベンジ?を果たせました。
イメージ 2

(当日の参加記)


交信いただいたみなさま、ありがとうございました。


この記事に

開く コメント(10)[NEW]

開く トラックバック(0)


AJA134406 さいたま市桜区に移動しオールバンド電話部門でガッツリ無線を楽しみました!

イメージ 3

イメージ 4


1.参加部門&運用場所の選択

土曜日は出勤でした。
仕事何時に終わるかわからずフル参加は早々に諦めてました。
「参加部門は電話オールバンドがいいな。一昨年前に参加して楽しめたし、マルチバンド運用の勉強できるし。」
そして移動ポイントです。
「VUがあるから標高の高いところがいいけど途中参加じゃどこも空いてないだろうな。」
という訳で平地移動にしましたが無線に最適な場所は先客の可能性大です。
「どこも空いてなかったらどうしよう?自宅じゃロケ悪く設備貧弱で全然楽しめないよ。神様どうか空いてますように(>人<;) 」
祈るような気持ちで出発しました。
目的地に近づくにつれ
「空いてますように、空いてますように。。。」
そして目的地に着くと。。。

「ラッキー!空いてたよ!」
一安心です。
スーパーで買った食糧類がムダにならずに済みました。


2.設営

月明かりで思ったより明るかったですが電灯ないと設営できません。
「3.5MHzのZeppと50MHzのデルタループだけ設営してあとは明るくなってからかな。」
いざ設営を始めると月明かりとLEDヘッドライトで意外にも作業が苦になりません。
「明るくなってまた設営するのも大変だからこのまま全バンドやっちゃおう。」
シングルバンドでも入賞を狙えるよう50MHzは6eleも設置しました。
車内シャックの設営まで終えたのは深夜01時過ぎでした。
「やっぱりオールバンドは設営大変だな」

今回のアンテナ群

3.5MHz 6mh Zepp
7MHz  6mh Zepp
21,28MHz 7MHzのZeppをチューナーで強引に流用
50MHz 7.5mh 6eleYagi
          4.5mh Single DeltaLoop
144,430MHz 7.5mh MobileWhip


3.夜が明けるまでの運用

IC7100とTS660の2Radio体制で参戦しました。
2RadioといってもTS660は50MHzの呼び回り専門です。
「さぁどのバンドからスタートするかな?VUはグランドウェーブでいつでも交信できるし深夜は寝てる人多いだろうな。」
そう考え3.5MHzの呼び回りでスタートです。
でもパイル厚く思うように交信局数が伸びません。
「社団局ばかりかもしれないけどVUで局数稼ぎだ。」
144MHzでCQ出しながら2Radioで50MHzの呼び回りです。
苦労しながら交信を続けるも時間経つにつれ眠気が襲ってきました。
「月曜日に疲れを残したくないから思い切って寝ちゃおう!」
車内の寝床メイキングをしておやすみタイムです。
一応足を伸ばして寝れるようにしてメイクしました。
寝つきがよく、気が付いたら朝でした。


4.明るくなってからの運用

目覚ましをセットしていなかったので、
「何時?」
時計を見ると8時半前でした。
「げっ!4時間強も寝てしまった。。。」
速攻で寝床を片付けて参戦です。
「50MHzの08時前後はグランドウェーブ伸びるんだよなぁ。よし、50MHzの西ビームでスタートだ!」
でもよく考えるとACAGは市郡区がマルチです。
無理して西ビームで遠方狙わずとも近隣で未交信地区を狙ったほうが確実です。
それに気が付いたのは西ビームで空振りが続いて時間を浪費してからでした。
「あちゃ〜23区等の大票田にビーム向けたほうがよかったかも。失敗したなぁ」

思うように50MHzで局数積み上げられなかったので7MHzにQSYしました。
「一昨年前、10Wの7MHzで苦労したなぁ。今回も苦労するだろうな」
呼び回りするも交信に至るまでにかなり時間がかかります。
かといってCQ出す空き周波数もありません。
「よし、2Radioで7MHzの呼び回りと50MHzの呼び回りを同時進行だ!」
ところが呼び回り×呼び回りの2Radioは聞き取りがうまくできません。
「器用じゃないからCQ×呼び回りの2Radioしか対応できないかも」
時間かかりながらも7MHzの局数少し積み上げできました。
12:45の時点で総交信局数は148局でした。
「VUのほうがCQ出せるだけマシかも」
50,144MHzの後、430MHzにQSYしました。
「SSBは誰も出ている人いないじゃん。よしFMだ」
なんとメインチャンネルのお隣433.02MHzが空いていました。
「ラッキー!」
平地のモビホなので期待していなかったのですが意外にもコール頂けました。
3.5や7MHzでピックアップを待っていた時間がウソのように次々とコール頂けました。


5.夕方から終了までの運用

日が暮れる前の7MHzが聞こえてるうちにと思い再度QSYしました。
がピックアップまでに時間がかかりCQ出す空き周波数もなくヤキモキしながら運用してました。
「そうだ。まだ明るいうちなら3.5MHzで空き周波数見つかるかも」
予想通り空いてました。
しかもそこそこ聞こえ始めてます。
「7MHzはもういいや。時間のムダだ。3.5MHzで交信数伸ばそう。」
一昨年前の知恵からわざと中途半端な周波数でCQ出しました。
「ここならコンディション上がってきて全国が聞こえ始めても重なることないな」
周波数確保できたものの430MHzに比べるとコール頂けるペースが悪くです。
「やはり10Wじゃ気が付いて頂けないのかな。それとも明るいからまだ3.5MHzで運用してる局少ないのかな。」
それでも数分おきにコール頂け、コンディション上がってくるまで1時間強粘れました。
「さすがにコンディションよくなると潰されてダメだ。」
同様の発想で7MHzにQSYしてみました。
遠方 はまだ聞こえてます。
「みなさん3.5MHzにQSYされたのかな?パイルも薄いな」
そう思い聞こえている局をコールしてもなかなかピックアップ頂けません。
「あっそうか、近場が聞こえないからパイルになっているのがわからないんだ。50MHzのEsのときと同じだ」
という訳で時間かかるのでVUにQSYしました。
残り1時間で再度430MHzで運用しました。
途切れた時点で21や28、3.5MHzに行こうと思ってましたが順調にコール頂け終了まで430MHzで運用しました。


6.結果

終ってみれば一昨年前のスコアを上回ることができました。
過去のスコアをみると3.5MHzや7MHzでログを提出しもいいかもしれません。
どの部門にするか迷ってしまいます。

交信頂いたみなさま、ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

※いつものカメラを忘れ違うカメラで撮影したので粗い画像となってしまいました。

この記事に

開く コメント(32)

開く トラックバック(0)

久しぶりに土日続けて休みでした。
標高の高いところでガッツリ無線やろうと思ってましたが遠いので   やっぱり近場の平地を選んでしまいました。

最近は公園アワードが流行りですよね。
「近くでレア度の高いところないかなぁ」
公園アワード対象地リストを眺めていると
「23区のビジネス街なんていいかも!」
と閃きました。
渋谷区、千代田区、港区、中央区、それぞれ対象地がありました。
「そうだ、前から行きたいと思ってた中央区にしよう!その後 港区、千代田区、渋谷区とハシゴしよう!公園アワードマラソンコンテストが今日から始まるみたいだしちょうどいいかも」

まずは中央区(JCC100102)の晴海ふ頭埠頭公園を目指しました。
「地図で見る限りは車停めるスペースありそうだな。もしかしたらフルサイズ張れるかも」
期待して行きました。
しかしオリンピックの準備が始まっているのかナビが案内する道はことごとく通行止めです。
ナビにはない道を道なりに進み なんとか目的地に到着。
ところが!無線できる駐車スペースが全くないのです。
「交通量少ないから路上で運用しても短時間なら大丈夫かも」
そう思ったのですがほとんどが駐停車禁止です。
「マジ?これじゃ公園アワードできないよ」
という訳でPK移動は諦めました。

イメージ 3


「でも中央区から運用したいな。7MHzならニーズありそうだし」
行き当たりばったりでポイント探しを始めました。
途中、コンビニでランチを調達。
景色のいいところに車を停めてランチタイムと思いましたが、いい場所はことごとく進入禁止や駐停車禁止です。
「なんだよ制約ばっかりだなぁ。息詰まりそうだよ」
勘に任せて運転していると、たまたま交通量が少なく停車ができる場所を発見しました。
「空腹には勝てないや、取り敢えずここでランチタイムだ」
最近のコンビニの商品、おいしいもの多いですね、満足満足 ^_^
おなかも膨れ何処行くか考えました。
「こんな路上じゃロケ イマイチだけど他に中央区で運用できるところなさそうだしダメモトでここで運用してみるか。釣竿バーチカルなら目立たなくていいかも」
アンテナ設営して気がつきましたが、釣竿の先端にはすぐ横に電線がありました。
「ありゃ〜こりゃダメだ。でも電線から遠い側にアンテナ設営しても目立つだけでそんなに変わらないだろうな」
このまま運用することにしました。

イメージ 4

いざ運用開始!
「CQ出しても空振りの連続は覚悟のうえだ!」
と思っていましたが空振りは数回ですみました。
その後も1局ずつでしたがコールが続きました。
「うれしいなぁ。こんなロケで、こんなコンディションでもコール頂けるなんて。」
さすが7MHzですね。
日曜日の午後だったのもラッキーだったかもしれません。
順調に交信を積み上げ、コールが途切れた時点でCLとしました。
次の移動地、東京都港区を目指す予定でしたが時間の余裕なく断念しました。
晴海ふ頭公園の隣にある晴海客船ターミナルで時間を浪費してしまいました。
今回は交信数少なかったですが、こんな環境でも16局も交信できたことに感激でした。
コール頂いたみなさま ありがとうございました。

イメージ 5

イメージ 6



おまけ
晴海客船ターミナルで普段目にすることのない光景に思わずシャッターをきってしまいました。

1.晴海客船ターミナルから見た東京タワー(右側のビルとビルのあいだ)
イメージ 1

2.晴海客船ターミナルに停泊中の海王丸(商船学校の練習帆船)
イメージ 2



この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

無線機が欲しい!


気がついたら9月になってもう17日も経ってます。
なんと8/27以来QSOゼロです。
気軽な平地移動も7MHzのコンディションが今ひとつで行く気になりません。
それと移動・固定でRIGが兼用になっていることもあります。
移動後、固定で使うためにはバッグからRIGを出して各種ケーブルをつなげてます。
そして移動の際にはケーブルはずしてバッグに入れます。
これが面倒で移動運用から帰ってきて、そのまま放置することが増えてます。

固定用のRIG欲しいなぁ
と思うようになり、
もし買うとしたらどんなRIGがいいかな?
なんて悩むようになりました。
移動ではHFが多く、固定ではVUの方が多いかな。
それならFT991Aですよね。
固定はアンテナ貧弱な上にロケーションも悪く、
より多くの方とQSOするのにwiresXが使えるのは魅力です。

でもIC7300にも魅力を感じてます。
移動でコンテストに参加することが多いからです。
あのスコープはイイですよね。
空き周波数が見つけやすそうです。
991Aにもスコープありますが7300の方がコンテストで役立ちそうな気がします。
普段使っているIC7100と同じICOMなので操作に迷うこと少なく、周辺機器も共用できそうです。
VUを7100、HFを7300で2Radioなんて考えるとワクワクしてきます。
7300はUSBIF4CWなしでもCTESTWINでCW自動送信できるようですし。

ということで買いもしないのに どっちがいいかなんて悩んで楽しんでます。
仕事で嫌なことあってもRIGのこと考えると紛らわすことできますしね。

ん〜まずは固定用のRIG欲しいなぁ。。。
欲を言えばターミナルモードでD-STARできるID31plus や山岳移動に最適なFT817も。。。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)


23位/43局 
レベルの高さを痛感しました!

イメージ 1

泉区から市内電信電話部門での参加でした。
早朝05:00〜07:00までのスプリントコンテスト、集中して参加したのですが。。。
運用地 泉区は地形的に不利かと感じていましたが、電信部門の一等賞は泉区の方でした。
電信電話部門でも上位に泉区の方がいらっしゃいました。
相当修行しないと上位入賞は難しいと感じました。

参加時の状況

交信いただいたみなさまありがとうございました。


余談)
息子の高校の文化祭を見学してきました。
展示物が少なく居場所見つけるのに苦労しました。
そんな中「無線部なら公開運用やってるかも?」
と探してみましたが、無線部ありませんでした。
昔も無線部ある高校は少数でしたけどね。
「ハムのラジオ」でYOTAという言葉を聞きました。
Youngstars On The Air の略でIOTAやSOTAと同様のネーミングで、
若人の無線グループだそうです。
ネット全盛の中、無線を楽しいと感じる若手が増えることを期待したいですね。

私の場合はまず息子に免許をとってもらいたいです。
なかなか無線の楽しさを伝えられないんですよね〜。
どう説明すれば若い人に興味をもってもらえるのでしょうね。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事