どうなっちゃうの?日本の将来

県から土地の寄附を強要されている。すでに占有されて竹島状態・・・。

全体表示

[ リスト ]

戦艦大和の最後

親父の人生 国内偏

昭和20年(1945年) 28歳

3月10日未明の東京大空襲

3月10日のB-29爆撃機による爆撃は、40K屬留濕上にナパーム製高性能焼夷弾を投下して東京の住民が逃げられないようにした後、その円の内側を塗りつぶすように約100万発(2000トン)もの油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン焼夷弾が投下され、10万人以上の一般市民が虐殺されました。非戦闘員を虐殺する行為は、明らかな戦争犯罪。現在に至るまで誰も裁かれてはいない・・・。

「2・3日前に降った雪が道路の隅に汚れて残ったままの北風の強い寒い夜でした。
  警戒警報のサイレンが鳴ったのは9日の夜10時半頃だったと思います。
  いつものように防空壕に入り、ラジオから流れる東部軍管区情報に耳を傾けていました。
「南方洋上ヨリ敵ラシキ数目標、本土ニ向ッテ接近シツツアリ」という最初の放送が始り、いつ敵機がやってくるのか緊張していましたが、房総半島に向って接近中とか、目下、房総半島の海岸付近にありなどと言うばかりで、いっこうに侵入してくる気配はありません。

そういう放送が30分ほど続いたでしょうか、最後に「洋上ハルカニ遁走セリ」を繰返して終った。

  物凄い爆音に気がついて飛出したとき、墜落するのではないかと思うばかりの巨大なB29が、頭のすぐ上を幾台も並んで轟々と通過していました。
  視界一杯に広がったB29の編隊が、わたしの眼の底に焼ついているのです。
  ありうべからざる異常な光景でした。

  地上からの探照燈の光りと、燃えている街の炎の明りに反射し、鉛色に浮び上がったB29の腹の弾倉の扉が開くと同時に、胡麻粒ほどの焼夷弾がぱらぱら落ちてくるのがはっきり見えるのです。
  それほどの低空でした。
  するとその方角の空がたちまち真赤に染まります。

  B29の編隊は途切れることなく続いています。
  本所、深川の空は既に真赤です。
  私たちは悪夢を見ているように茫然とそれらを眺めているだけでした。
  そのうち上空からひらりひらりと左右に舞いながら、私たちに向って落ちてくる大きな物体に気づきました。
  どこへ逃げても右往左往しても私たちに向ってきます。
  いざというときには防空壕の中に飛込むつもりで私は必死でそのものの行方を追っていました。
  幸い隣の北十間川に落ちましたが、それは日の丸のついた戦闘機の片翼でした。

3月10日の午前2時頃だったと思います。

  工場の裏手に続く昔の吾嬬町界隈はまだ焼夷弾にやられてなかったので、炎を避けて避難する道が自然に通じていました。
  隣の北十間川の向こう側一帯から、東京湾までの今の墨田区、江東区のほとんどの全域で、焼夷弾攻撃で逃場を失った多くの人々が、炎で焼かれ亡くなっている最中なのでした。

  とにかく道路という道路は避難する人々で真直ぐ歩けないほどごった返していました。
  ほとんどの人が大きな荷物を背負ったり手に下げたりしています。
  幼い子供と家具を満載したリヤカーが動けない状態で行悩んでいるのを見たとき、体一つが一番いいのにと感じたのですが、家を捨てて避難する人にとっては少しでも家財を持出したいのは当然かもしれません。

  吾嬬町界隈の狭い曲がりくねった道を迷いながらやっと明治通りに出ると、物凄い北風が吹荒れていました。
  体が前に倒れるほど前傾させて歩いても、押し戻されそうな強い風でした。
  もともと強かったその夜の北風が、火災による上昇気流で一層激しさを増したものでしょう。

  白髭橋方向へ体を折り曲げながら進むうち、風に混じって雨のような冷たい雫がほつぽつ顔に当りだしました。
  そんなに長い時間ではありませんでしたが、周囲の人の中に「ガソリンだ。アメ公のやつ、ガソリンを撒きやがった!」と叫んでいる男がいます。

  誰もが家を捨てて命からがら逃げているのです。
  その無人の家屋に焼夷弾が落とされれば、物凄い風に煽られてたちまち燃えあがります。
  そういう家屋を遠くから見つけて、風の方向を確めながら右に曲ったり左に曲ったりしながら、ただ炎を避けて明治通りの周辺を長い時間さまよっていました。

  気がついたときは堤通りの、墨田公園の入口に近い川添いの工場の事務所にいました。
  同級生10人ほどと一緒でした。
  先生も1人混じっていたような気がします。
  さまよっているうち同級生たちと出会い、先生にも会って、この無人の事務所に入ったのだと思います。
  あたりは静かになり、空襲は終っていました。
  窓越しに見える対岸の今戸の高射砲陣地から、ときどき発射される爆発音の「ドーン」という響きが、なにか空しい感じであたりの空気をふるわせています。
  薄汚れた顔の同級生たちは皆疲れきった表情で呆然としていました。
  仮眠しながら私たちはここで夜の白らむのを待ちました。 
 
  3月10日未明の東京大空襲の夜、ガソリンらしい液体が撒かれたのは事実のようです。

  後の記録を読むと、避難する人々の中に臭いなどから間違いなくガソリンで、それもゼリー状だったと言う人が多くいるそうです。

  3月10日の東京大空襲は、現在の墨田区・江東区域を中心に未曾有の被害をもたらしました。
  深夜に始まった2時間余りの空襲で、死者10万人以上、焼失家屋約27万戸、被災者100万人という甚大な、広島・長崎の原爆に匹敵するほどの、惨禍だったのです」
(東京大空襲の記録より)

親父は、北の空が真っ赤に燃えあがる東京大空襲の状況を川崎の自宅の側から見ていました。

沖縄戦 4月1日 米軍、沖縄本島に上陸開始。

戦艦大和の最後

7日戦艦大和、沖縄に向う途中、東シナ海で米軍艦載機の猛攻を浴び撃沈。

5月31日那覇が陥落。

6月18日沖縄本島南端の戦場で負傷兵看護の師範女子校生
(ひめゆり部隊)が集団自決。
イメージ 1

米軍の攻撃を回避する戦艦大和
イメージ 2

戦艦大和は・・・。

男たちの大和/YAMATO
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%92%8C

「男たちの大和/YAMATO」映画紹介
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5151


沖縄司令官大田中将は「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と打電して自決しました。23日沖縄戦が終った・・・。

4月5日小磯内閣、天皇の信任を失い総辞職。

4月12日ルーズベルト大統領急死、トルーマン副大統領が大統領に。

東京空襲

4月13日と14日に東京にB29が飛来しました。城東、城北地区と現在の千代田、文京、豊島、新宿を空爆し、投下焼夷弾4,553死傷者135被害家屋160,539罹災者547,690の被害を出していました。

親父の一番長い日。「疎開」
昭和20年4月15日。

 前日の14日、前々日の13日と東京への空襲が激しくなり、昨年の3月に出された「一般疎開促進要綱」縁故疎開促進の原則が通達されましたが、親父は自分達の疎開先を野田の姉夫婦が住む船形ではなく、妻久の実家がある松戸を選びました。

 近いうちに川崎にも空襲が有るだろうから、早く疎開をしようと考えた親父の判断は、川崎市民なら誰でも考えていた事です。
 川崎の臨海部には、軍需産業を数多く抱えていました。 
 戦時経済を支える産業の密集地帯が、これまで直接の攻撃対象として見逃されていたほうが、むしろ不思議なくらいだったからです。

 しかし、この時の男手は親父一人。
 家財道具と家族全員が一緒に疎開するのは不可能でした。
 トラック等の車両は簡単に見つからない時代です。

 養母のとくは67歳になり、病弱でリュウマチの持病を抱えていました。
 一人では、日常生活は勿論、電車の乗り換えも出来ないのです。
 妻の久は満2歳の長女と満1歳の次女の二人から手が離せない状態でした。

親父が一緒で無ければ家族で電車にも乗れなかったのです。

親父の一番長い日(川崎空襲)へ続く・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/28222030.html



最初から御読み戴くなら↓から
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/9263796.html









閉じる コメント(12)

顔アイコン

はじめまして。ブログマンション『街ログ駅ログ』の管理人です。このたび,ブログのためのポータルサイトの運営をはじめました。現在,街や駅の情報を発信してくれるガイド(ブロガー)を募集しております。 コメント欄をお借りして,ガイドを探しています。もしご興味がございましたら,よろしくお願いいたします。

2007/1/29(月) 午前 10:54 [ - ]

戦艦大和の最後!!映画で見ました。。主題歌は群青!!涙がでましたね。。父親が大和で沖縄特攻、息子が鹿屋基地から屋久島上空までの護衛兼見送り飛行!!壮絶でした。。。

2007/1/29(月) 午後 0:16 公衆でんわ

顔アイコン

勝てば官軍とは正にこの事ですね・・・

2007/1/29(月) 午後 2:49 [ カメさん ]

顔アイコン

machilog_ekilogさん。お伺いが出来ないような・・・。

2007/1/29(月) 午後 3:37 w19*9t*ka

顔アイコン

公衆でんわさん。命を賭けて国の為に戦った先人達は、現在の日本をどのように思っているのでしょうね・・・。

2007/1/29(月) 午後 3:42 w19*9t*ka

顔アイコン

カメさん。歴史は勝者の論理。しっかり学ばないと騙される。特に戦中、戦後史は「捏造あるある大事典」で〜す。資料は沢山有るので簡単に騙され無い様にして下さ〜い。

2007/1/29(月) 午後 3:50 w19*9t*ka

「命を賭けて国の為に戦った先人達」ですが、随分前に鹿児島知覧の特攻記念館に行きました。。そこでは若くして国のために命をささげた人たちの遺書を閲覧できます。。涙なくしては読めませんでした。。先人は嘆いているでしょうね。。国家・国民の総意としての価値観が失われ、ただただお金儲けだけ!!になってしまった日本を!!!

2007/1/29(月) 午後 4:03 公衆でんわ

顔アイコン

公衆でんわさん。知覧特別攻撃隊は前回「富屋食堂」の「鳥浜とめ」さんの事等少し書かせていただきました。若い人が多かっただけに辛いですね。宜しければ・・・http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/27770980.html

2007/1/30(火) 午前 1:25 w19*9t*ka

東京大空襲が意図的な市民大虐殺だったことが分かり易く説明されていますね。 広島・長崎に勝るとも劣らない陰険なやり方です・・・

2007/1/30(火) 午前 1:52 coffee

顔アイコン

戦勝国が「善」で敗戦国が「悪」?ベトナムやイラク戦争の状況を踏まえて日本人の手で「大東亜戦争」の総括が必要だと思うのですが・・・。

2007/1/30(火) 午前 2:33 w19*9t*ka

もう既に「日本人は全員無罪」ということで【総括】は済んでいます。 1953年7月23日、遺族援護法が衆議院にて全会一致で可決。「遺族援護法」の改正により、「戦犯」とされた人々を国内法上での犯罪者とはみなさず、その死を「戦争による公務死」と認定。8月3日、「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議案」が衆議院にて全会一致で可決。 http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934017.html

2007/1/30(火) 午後 10:52 coffee

顔アイコン

・・・「戦犯」についてはハッキリしていると思うけど。「東京空襲」「広島・長崎の原爆」等の民間人の虐殺は?「戦争の悲劇」「だから戦争反対」のネタ(大前提)にされている。ベトナムやイラク戦争ではかなり問題になったと思うけど・・・。

2007/1/31(水) 午前 6:02 w19*9t*ka

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事