どうなっちゃうの?日本の将来

県から土地の寄附を強要されている。すでに占有されて竹島状態・・・。

パチンコ

[ リスト | 詳細 ]

普通に打ったら儲からないようになっています。隙間を探して・・・

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

パチンコ中に車内で…

男児死亡 親がパチンコ中に車内で…熱中症か 秋田


 27日午後1時半ごろ、秋田県由利本荘市上大野のパチンコ店駐車場で、同県にかほ市の主婦(31)が自分の車の中で長男(生後11カ月)がぐったりしているのに気づき119番した。
 長男は搬送先の病院で死亡。
 熱中症とみられ、県警由利本荘署は保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて母親から事情を聴いている。
 同署などによると母親は、寝ていた長男を後部座席のチャイルドシートに座らせて、車の窓を閉めたままパチンコを始めた。
 午後1時半ごろ車に戻り、異変に気付いたという。
 エアコンをかけずに2、3時間放置したとみられる。
 駐車場に屋根はなかった。
【坂本太郎、小林洋子】

8月27日21時35分配信 毎日新聞




・・・・。

困ったもんですね・・・。

毎年、同じ過ちを起こして、
人間は他人の過ちから、学ぶ事が出来ないのだろうか・・・。


寺山修司が、
「人間は長い歴史の中でたいして進歩しない、文明が進歩しただけだ」と言っていた。
だから、現代人でも「万葉集」等の古典も理解し、歴史も判るのだと・・・。


確かに、人類は進歩していないのかも・・・。















パチンコ店放火

大阪のパチンコ店放火、常連客が負けた腹いせか


 大阪市此花区のパチンコ店「cross(クロス)ニコニコ」で5日夕、侵入した男が店内に液体をまき、火をつけて逃走、客と店員の計4人が死亡、19人が負傷した事件で、大阪府警は現住建造物等放火と殺人などの容疑で此花署に捜査本部を設置、6日午前、市消防局と合同で現場検証を始めた。
 男がまいた液体はガソリンとみられ、府警は液体の成分を詳しく分析するとともに、放火当時の店内の状況を詳しく調べる。
 捜査関係者によると、店が放火される約45分前、30歳前後の常連客の男が、パチンコで数万円分を負け、パチンコ台をたたくなどして店員に注意された後、店を出ていったのを、複数の客が目撃していた。
 「『注意した男が店に戻ってきて油をぶちまけた』と、店員が話していた」と客の一人が証言しており、府警は、パチンコに負けた腹いせに放火した疑いがあるとみて男の特定を急ぐとともに、現場周辺の防犯カメラの映像の分析を進めている。
 一方、府警の捜査関係者によると、放火したとみられる男はやせ形で、黒色のTシャツにジーンズ姿、茶髪だったという。
  店内には、男が液体をまくために使ったとみられる水色のバケツが底の部分だけ焼け残っていた。
  府警は午後から遺体の司法解剖を行い、死因を詳しく調べる。 

最終更新:7月6日12時5分配信 読売新聞





パチンコ屋は非常に危険な場所だと思う。
通路は狭いから、ドル箱を積まれると歩けない。

昔、打ち手の側にはドル箱は4箱までとされて、それ以上は別の場所に置く。
この様に決まった気がするのだが・・・。

いつの間にか元に戻ってしまった〜。
何度か他人のドル箱を蹴飛ばした事が有る。


もっと以前にはドル箱を積まない、玉が一定量しか出てこない台が開発されたが流行らなかった。

パチンコファンの心理として儲けたいのは当たり前だが、
もう一つ、対抗心がある。

ドル箱を積まない台では、パソコンゲームと変わらない。
他人との比較が無く、優越感が無いのだ。


だから、打ち手の側にはドル箱が山済みされてしまう。


ハンドルを固定するのは違法。


何年かに一度は店員が注意をするが、普段はしない・・・。


これらの決まりは、徹底しないのがミソ。
警察は上納が少ないと行う「意地悪」規定だからだ。



高齢者がハンドルを同じ状態で長時間維持するのは大変。
だからメーカーによっては、コイン等で固定出きる様にしているのに・・・。



現代のパチンコ台はコンピュータの塊。
常に熱を持っている。
地域性もあるが、パチンコ屋は冬場でもクーラーをかけているとか・・・。


発火点の低い揮発性の引火物にはひとたまりも無いのかも知れない・・・。

警察が「天下り先」として育てているパチンコ屋は究極のCO2発生元なのだ。






パチンコ店放火、此花区の41歳男逮捕


 大阪市此花区のパチンコ店「cross(クロス)ニコニコ」で5日、4人が死亡、19人が重軽傷を負った放火事件で、大阪府警此花署の捜査本部は6日夜、同区春日出北、職業不詳、高見素直(すなお)容疑者(41)を現住建造物等放火と殺人、同未遂容疑で逮捕した。
 高見容疑者は同日昼過ぎ、山口県警岩国署に出頭、
  「誰でもいいから人を殺したいと思い、人が多数いる所に火をつけた」と容疑を認めている。
 調べに対し、高見容疑者は「複数の消費者金融から借金があった。仕事も金もなく、人生に嫌気がさして、通り魔みたいに人を殺したいと思った」とも供述。
 放火したパチンコ店については「過去に何回か行ったが、事件当日はパチンコはしていない」と説明、店とのトラブルは特になかった、としている。 

最終更新:7月7日3時12分配信 読売新聞



パチンコ屋は「北朝鮮」の資金源だと言われて「似非右翼」に攻撃されている。
だが「警察」が「娯楽」を「博打」に変えてしまった「パチンコ」を「天下り先」として利用している。
更に「北朝鮮」の資金源を容認し上米を撥ねているのだ。

適切に取り締まれば問題は無いと思うのだが・・・。



亡くなった方々のご冥福をお祈りします。











警察手帳

宮崎県警の巡査長、パチンコ中に車から盗まれる


 20日午後4時すぎ、宮崎県警日南署交通課の巡査長(30)から同署に「警察手帳などの入ったバッグを盗まれた」と連絡があった。
  同署は手帳などが悪用される恐れもあるため、全署員を出勤させバッグを探している。
 調べでは、巡査長はこの日宿直明けで午前中まで勤務。
  正午過ぎから自家用車で日南市平野のパチンコ店に行き、約4時間後に駐車場に止めていた車に戻ったところ、助手席の窓ガラスが割られて車内にあったバッグ2個が盗まれていた。
  バッグには手帳のほか、名刺や交通捜査用の制服などが入っていた。
 同署の吉田繁人副署長は「警察手帳を携行しなかったのは、注意不足だった。全力を挙げて捜査し、再発防止に努めたい」と話している。
【塩満温】 

7月21日0時42分配信 毎日新聞






パチンコで約4時間。
現在のパチンコは「大当たり」をしなければ、1時間で15000円位は消える。
4時間で6万円?

警察官が、こんな金額をパチンコにつぎ込めるはずが無い。
当然「大当たり」を引いて、ドル箱を積み上げていたと考えるべき。

警察は「パチンコ屋」所轄組織で、天下り先。
警察官に眼を付けられると、商売が出来なくなる。
だから、洞爺湖サミット期間中「パチンコ屋」は新装開店をしなかった。
警察に協力をしていたのだ。


「パチンコ屋」は客が警察官だと判れば、当然の様に勝たせる。
常にドル箱を積んでいるケースが多く、確実に数時間は車に戻らない。

だから「パチンコ屋」の「駐車場」で「車上あらし」をするには警察官の車は狙い目。

いつも積み上げられたドル箱を横目に見ながら、負続けている常連客の犯行かも〜〜〜。











人気ブログランキング
現在のランクは?ここをクリック

taspoが“たばこ離れ”に拍車 きっかけ禁煙者が増加傾向

『taspo』の申請状況【申請する予定はない】が46.8%を占める結果に


 たばこ自販機の成人識別ICカード・taspo(タスポ)が7月1日より、すべての都道府県で運用が開始された。
  未成年者の喫煙防止対策の切り札として颯爽とスタート!
  といきたいところだが愛煙家たちの審判は果たして…!?
 オリコンが20〜40代男女の愛煙家を対象に『taspoの申請状況』について調査を行ったところ【申請する予定はない】という回答が46.8%を占め、【すでに申請した】の30.9%を上回った。

  【申請する予定はない】という人たちのコメントの中には、予想されていた「面倒くさいから」という意見とともに「これを“きっかけ”に禁煙する」というものも少なくない。
  現時点においては、taspo運用は、時を同じくして叫ばれている“たばこ増税”とともに、愛煙家のたばこ離れに拍車をかけていることが如実に表れる結果となった。 
 全体の半数近くを占める【申請する予定はない】には「書類内の証明写真を用意するのが面倒だから」(静岡/30代/女性)に代表されるように「面倒くさい」という意見が全世代にわたって寄せられた。
  そして意外にも多かったのが「禁煙するから」というたばことの“決別宣言”。
  「良い機会なのでやめようかな」(群馬/30代/男性)、
  「禁煙のきっかけにしたいから」(埼玉/20代/男性)という“きっかけ派”から、
  単刀直入に「禁煙するので」(東京/30代/女性)、また「自動販売機で買えない状況なら吸わなくてもいい」(愛知/30代/男性)という“キッパリ派”まで、手厳しい意見が数多く見られた。
  さらに「普段から家のそばのコンビニで買っているため自販機を利用する機会がかなり少ないので」(神奈川/20代/男性)、
  「自販機は使わないし、免許証認証の機械もあると聞いたので必要を感じていない。24時間営業のコンビ二やスーパーがあふれているし」(北海道/40代/女性)という“自販機不要論”や、
  「個人情報がきちんと守られるかどうか不安だから」(茨城/30代/男性)というコメントも寄せられている。 

 一方、全体の約3割が回答した【すでに申請した】には
  「たばこを扱いたい時、コンビニが見つからないと不便なので」(東京/30代/男性)、
  「コンビニにあまり置いていない銘柄を吸っているので、不便さをいつか味わうような気がするから作った」(大阪/20代/女性)、
  「近所にコンビニがなく、カードがないとたばこが買えない」(島根/40代/男性)という愛煙家ならではの不安を解消したいという声が届いた。
  また目についたのは「近所のスーパーでtaspoを作るキャンペーンをやっていて、書類などをポストに入れる状態までフォローしてくれたから」(神奈川/40代/女性)、
  「無料でその場で写真撮影をしてくれたから」(大阪/30代/男性)というコメント。
  現時点での利用者数は、パッとしない感が拭えないtaspoであるが、ユーザーへむけてのアプローチ次第では、その普及率が伸びる可能性もうかがえる。 

 ここで気になってくるのが【これから申請する予定】と回答した22.3%の人たちの動向。
  こちらでも多くあげられたのは「面倒だから」という意見である。
  なかでも「写真を撮るのが面倒くさくて、手続きしていない」(北海道/20代/男性)というものが目立ち、写真や証明書を提出するという手間が、申請へのネックとなっていることが浮き彫りとなった形だ。
  しかし「コンビニがないところなどで不便を感じたため」(青森/30代/男性)、
  「もう5月から開始している地域で、コンビニを中心に買っているが、自販機で買えないのは非常に不便だから」(岡山/40代/女性)というコメントが見られるように、実際にtaspoを持たないことによる不便さを体験した人が現れ始めており、今後の普及に向けての“追い風”は静かに吹き始めているようだ。 

 「これ(taspo)、すぐに見直しになるね」(客)、
  「うん、間違いないね」(店員)。
  都内某所のたばこ自販機前では、こんな会話が交わされていた。

  そしてラックに無造作に差し込まれている大量のtaspo申込書を横目に、揃って「あぁ面倒くさい(苦笑)」。
  まだスタートしたばかりのこの施策だが、彼らの予想は果たして的中するのか否か…今後の展開が注目される。 

(6月26日〜6月30日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の20代、30代、40代の男女、各150人、合計900人にインターネット調査し「喫煙している」と回答した188人からの調査結果)

7月8日10時15分配信 オリコン






・・・タスポの姿が段々と見えてきた。

タバコの自動販売機を改良するのに掛かった費用が約900億円。
タスポを運営する団体に同額位の税金が投入された。

確かに、テレビコマーシャルの放送量から逆算すると膨大な金額が「増すゴミ」に流れているのは事実。
タスポを管理するには半永久的に税金予算が必要になる。
・・・厚労省の「天下り機関」に成るようだ。

未成年者の喫煙を防止するだけで、こんなにも多額の税金が使われて良いのか。



昔、パチンコ業界の脱税を防ぐと言う名目でカードを使用する「CR機」が導入された。
カードは日本全国、何処でも使えると言う事で、弱小店舗にも強制した。
導入費用は数千万円に成ったので弱小店舗は廃業、又は大手のチェーン店に吸収されてしまった。

「CR機」導入を推進したのが国会議員の「亀井静香」と当時警察官僚だった「平沢勝栄」。

これは「警察官僚の天下り」を狙ったのだが、現実には数百億円が闇に消えている・・・。


昔の様に、じっちゃんやばっちゃんが、自分も遊んで「孫」にお菓子でも・・・。
こんな人達の姿は確実に消えた。

札を持っていないと遊べないし、大当たり確率も高くなって「バクチ」になったのだ。
しかも現在のカードは、その店舗だけでしか使えない。
現実には、札を投入するだけで打てる店舗もあり、導入前の現金機と変わりがない。


「綺麗事」で血税を使った「官僚の天下り先」を作る必要は無いと思うのだが・・・。














人気ブログランキング
現在のランクは?ここをクリック

遠隔操作?

パチンコは遠隔操作が多い?





パチンコは熱くならない方が良い?





人気ブログランキング
現在のランクは?ここをクリック

開く トラックバック(3)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事