どうなっちゃうの?日本の将来

県から土地の寄附を強要されている。すでに占有されて竹島状態・・・。

日本の外交

[ リスト | 詳細 ]

明治時代に不平等条約を解消した、日本の外交は何処へ行ってしまったのか?

「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す」(日出處天子致書日沒處天子)『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」聖徳太子が当時の強国「隋」に送った文章

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

<日韓首脳会談>どうだった? 友好演出、成果乏しく…

 ◇EPA交渉、再開道筋描けず
 野田佳彦首相は19日の李明博(イミョンバク)韓国大統領との会談で、緊急時に外貨を融通し合う通貨融通(スワップ)協定拡大で合意し、植民地時代に日本に渡った古文書を引き渡した。
  いずれも韓国支援や未来志向の関係強化の一環だが、経済連携協定(EPA)締結交渉の再開を巡っては実務者協議の加速化で一致するにとどまり、再開への道筋は示せなかった。
  台頭する中国などをにらみ韓国との連携強化に努める日本に対し、韓国には国内政治が安定しない日本への関心の低下もみられる。

【日韓首脳会談】EPA実務者協議加速 図書5冊引き渡し
 首相は、国際会議出席以外で就任後初の外国訪問先として韓国を選び、韓国重視の姿勢を鮮明にした。
  信頼関係を構築し、経済分野での連携強化をテコに関係を進展させたい思惑をにじませた。
 日韓スワップ協定の限度額を700億ドルまで拡大することで合意したのも、欧州債務危機に伴う通貨ウォンの急落でドルなどの外貨不足を懸念する韓国を支える狙いがある。
  危機時に相互にドルなどを融通する内容だが、実態は日本のドル資金を韓国に供給するパイプを広げることで、新興国からの資金流出が加速してウォンが暴落するような事態を回避したい考えだ。
 しかし、首相が最も意欲を示していた日韓EPAの締結交渉再開に向けた道筋は描けなかった。
  日本側は首脳会談に先立ち、韓国側に「米韓はここまでやるのに、日韓が止まったままでいいのか」と日韓EPAに取り組むよう促したが、対日貿易赤字の拡大への韓国側の懸念は強い。
 首相が信頼関係の演出と経済面での連携を打ち出した背景には、竹島(韓国名・独島)の領有権問題や旧日本軍の元従軍慰安婦の賠償請求問題が横たわり、日韓関係がきしんでいる現状がある。
  同行筋は「竹島の領有権問題など政治的課題はどう調整するかしかやりようがないが、経済や人的交流では前向きな話ができる」と解説する。
 民主党政権のもと、米軍普天間飛行場の移設問題の迷走で日米同盟は揺らぎ、領土問題も絡んで日中、日露関係は冷え込んだ。
  韓国との関係は「外交で前向きなメッセージを出しやすい数少ない関係」(政府関係者)と位置づけられた。北朝鮮問題に加え、「力をつけた中国と話すには日韓が協力しなければ無理だ」(外務省幹部)との状況が後押しし、韓国重視の路線がさらに強まった。
 しかし、3月の教科書問題に端を発し、韓国の閣僚らが相次いで竹島を訪問。
  逆に、8月には自民党の国会議員が竹島に近い鬱陵島訪問を計画したのを韓国が入国を拒否するなど関係は険悪化した。
 韓国は来年「選挙イヤー」に入り、4月に総選挙、12月には大統領選を控える。
  今回は「大統領の政治決断」(韓国政府筋)でこれらの問題を取り上げなかったが、会見では「過去の歴史に起因する問題に対して日本側の積極的な努力が必要だ」とくぎを刺した。
  国賓としての訪日についても「両国間に懸案があることは事実で難しい点もある。首相が積極的に問題を解決されると期待する」と日本側にさらなる行動を促した。
【ソウル横田愛、西田進一郎、坂井隆之】

 ◇韓国、内向きな日本への関心低く 進むグローバル路線、FTA発効の米欧優先
 韓国では、日韓スワップ協定の枠拡大や、朝鮮半島由来の図書を野田首相が持参したことは注目されたが、日韓EPAに関心を持つ人はほとんど見当たらない。
  日本サムスンの鄭〓明(チョンジュンミョン)元社長は、日韓EPAに対する韓国経済界の視線について「何年も前から『あっても、なくても構わない』という程度。これ以上もめるなら不要論が増えるだろう」と話す。
 背景には、韓国が97年の通貨危機以降、生き残りをかけて規制緩和と自由貿易促進というグローバリズム路線を取ってきたことがある。
  隣国とはいえ、内向き志向の日本への関心は低下する一方だ。
 自由貿易協定(FTA)を積極的に進めた盧武鉉(ノムヒョン)政権(03〜08年)での交渉対象国の推移は象徴的だ。同政権で閣僚級の通商交渉責任者を務めた金鉉宗(キムヒョンジョン)氏の回顧録によると、政権発足時は日本が最優先だったが、04年に対日交渉が中断すると、当初から日韓FTAに懐疑的だった金氏は米国や欧州連合(EU)との交渉を積極的に進めた。
  EUとのFTAは今年7月に発効。米議会が今月批准した米韓FTAも、来年1月の発効を目標に韓国側が批准を急ごうとしている。
  塩漬け状態の対日交渉とは対照的で、韓国ではむしろ中韓FTA交渉開始の方が現実味ある議論の対象となっている。
 ただ、国民感情を刺激する歴史問題では、依然として日本が一定の存在感を持っている。
  ソウル大の朴〓熙(パクチョルヒ)教授は「過剰反応する韓国側にも問題はある」としつつ、「日本には東アジア全体の国際環境という大戦略を考えてほしいが、現実には、国内向けのことしか考えない日本の政治が韓国世論を刺激することが多くなっている」と指摘。
 元慰安婦への賠償問題も「簡単には終わらないだろう」との見通しを示した。
【ソウル澤田克己】

毎日新聞 10月20日(木)9時15分配信



記事の内容に問題があると思うけど・・・。

女子挺身隊=慰安婦?


共産党員の「吉田 清治」は
1983年、従軍慰安婦問題の発端となった『私の戦争犯罪』を出版したが、
1989年8月14日
韓国済州島の地元紙『済州新聞』が『私の戦争犯罪』は捏造と報じている。

詳しくは↓
「従軍慰安婦」も工作員の造語?
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/54227915.html



毎日新聞が以前、世界に配信した内容


この内容の配信責任者は現在、民主党所属の衆議院議員(1期)矢崎公二だ。
選挙当時、知名度バツグンで民主党好みの捏造貢献度も満点だったが、当選させた選挙民に問題はないのか?

毎日新聞社が事実無根な猥雑・低俗なHentai記事を海外に発信した毎日デイリーニューズWaiWai問題当時の担当局プロデューサーであったが、同事件の発覚後も他部署へ異動したのみで処分には至らなかった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


毎日新聞は聖教新聞の印刷所になってしまったが、その原因を作ったのも民主党。
佐藤首相の沖縄返還問題をスッパ抜いた「西山記者」
これを国会で取り上げたのが、現在衆議院議長に成った「横路議員」

議事のソースを不倫に置き換え起訴したのが、最高検察官だった「故佐藤道夫」
後に、二人とも仲良く「民主党」の議員になった。

これが原因で不買運動が起こり毎日新聞は倒産寸前になり、聖教新聞の印刷所として現在に至っているのだ。


「増すゴミ新聞」と言われても無理は無い。




















おまけ



【竹島問題】李ラインと韓国の非道
http://www31.atwiki.jp/turu_takeshima/pages/16.html









.

中国漁船からの映像

泰弘さんから教えて貰った、中国側から撮影された画像



流出ビデオには無かったけれど未公開ビデオには、これに近い内容の画像が有るはずだ。

イメージ 1

中国側の報道には4人が海上に倒れている・・・。

中国側の第一報では、海上保安官の殉職1名の報道が有った。

事実関係がハッキリしないが「デマ」の一言で必死に火消しに当たる人達が居る。
ビデオが全面公開されていないのに、何故、断定できるのだろう。
この人達は、事実を知っているのか?
事実として流出映像以外の事が無いなら「守秘」する内容ではないだろう。


PS04『きりしま』PS06『なんば』って第11管区の巡視船?
もしそうだとしたら、日常茶飯事に領海侵犯が有るんだろうね。

海上保安官は、毎日命がけ。
中国側では、この映像公開で「英雄」になれるんだろうな・・・。




折角、逮捕した船長を釈放してしまったのだから日本が悪くて当たり前・・・。


ビデオの全面公開を祈る。





おまけ


海上保安庁 第11管区
http://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/

噂の元か?「二階堂ドットコム」
http://www.nikaidou.com/

尖閣ビデオ流出か ユーチューブに投稿 「恐らく本物」と海保関係者(その画像)


 沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が衝突時に撮影したとみられるビデオ映像が動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿されていることが4日、分かった。
 映像は数パターンあり、主に「●晋漁(びんしんりょう)5179」と書かれた漁船が映っている。衝突場面も映っており、「右舷船尾部に衝突した」「止まれ!」といった日本語の声も入っている。

 海保関係者は「恐らく本物だ」としている。
 映像は1日、衆参両院の予算委員会理事らに国会内で限定公開された。

●=門がまえに虫

最終更新:11月5日(金)2時52分 産経新聞

早く見ないと、削除されるかも・・・。


追記
すいませ〜〜〜ん。
7:30頃「この画像はユーザーにより削除されました?」だって〜〜〜。

投稿者が削除したとは思えな〜い。

予想された出来事だけど、何故公開しないのか判らない。

撮影者が「本船(よなくに)の動揺が激しい」と連呼。
画像では、何故「動揺」しているのか判らなかった。

まだ、隠れた事実が有るのだろう・・・。

拙ブ「尖閣ビデオの真実?(画像)」を見てね〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/53034749.html


1番緊張感が有るのは「5」

事実を歪曲したコメント。

福島瑞穂社民党党首「車が道路でちょっとコツンとぶつかるような、あてて逃げるという映像だ。(挑発行為は)離れてるし、分からなかった。反日デモがエスカレートしている状況だ。国民に公開することは慎重であるべきだ」

小林興起(こうき)衆院議員(民主党)「向こうが逃げまどって、当たっちゃったということだ。衝撃があるような当たり方じゃない。ぶつかる瞬間はカメラの位置からして見えない」







操業中の漁船に対し中国語による停船勧告。
停船。
漁獲網を引き上げる。



停船状態?
漁獲網を引き上げる為、ゆっくりと後進、前進を繰り返す。

撮影者が本船「よなくに」の動揺が激しいと連呼。
画像では、何故「動揺」しているのか判らない。

この時、海上保安官が漁船に乗り込み、海に落とされたのかも知れない。

拙ブ「尖閣ビデオの真実?(画像)」より推測。
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/53034749.html

漁獲網を後部から引き上げ。

カメラ引継ぎ。




漁獲網を後部から引き上げ作業の様子。
時間経過と撮影状況説明。



網を上げると体当たり。
逃走。



逃走映像。
停船命令。
「みづき」に追突。
黒煙が上がる。




「みづき」が漁船に停船命令。
体当たり。

作成者が「sengoku38」と言うのも良いね〜。
「ウソの3・8、ホントの4・6」のシャレか?

国民の知る権利の一部がここに有る。
全てでは無いのが残念だが・・・。

金儲けを目指す「増すゴミ」では、絶対出来ない。

これからは、国民一人一人が発信する「ネット」の時代か?

尖閣ビデオ公開 APEC以降に先送り


 政府・与党は21日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が衝突の模様を撮影したビデオテープの国会提出について、来月中旬に横浜市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議以降に先送りする方針を固めた。
 菅直人首相が議長を務め、中国の胡錦濤国家主席の来日が予定されているAPEC前に提出すると、中国側の反発を招く可能性があると判断したためだ。
 ビデオは巡視船「みずき」と「よなくに」がそれぞれ衝突時に撮影した。
  ビデオを見た前原誠司外相によると、「明白に中国漁船がかじを切って体当たりをしてきた」といい、公務執行妨害容疑で中国人船長を逮捕した日本側の主張を裏付ける証拠となる。
 衆院予算委員会は13日、全会一致でビデオ提出を要求することを決議した。
  ビデオを保管する那覇地検は20日、横路孝弘衆院議長から提出要求があったことを明らかにしている。
 ただ、政府・与党内には「早期に国会提出すれば、野党議員らが国民に反中感情をあおることも予想される」(民主党国対筋)との懸念がある。
  このため提出をAPEC後にし、提出後も予算委員会理事ら一部の国会議員らに限定し、全面公開は行わない方向だ。
 これに関連、仙谷由人官房長官は21日の参院内閣委員会で「公判請求されない事件の記録は一般的には公開してはならない。ただし公益上の必要があり、相当性があれば公開してもいいというのが刑事訴訟法47条の解釈だ」と指摘した。
 国会法104条も委員会が資料要求を議決した場合、原則として内閣は応じなければならないと定めている。
 だが「国家の重大な利益に悪影響を及ぼす」と判断した場合「提出する必要がない」と定めている。

産経新聞 10月22日(金)1時50分配信



刑事訴訟法47条
訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。但し、公益上の必要その他の事由があって、相当と認められる場合は、この限りでない。

国会法104条
 各議院又は各議院の委員会から審査又は調査のため、内閣、官公署その他に対し、必要な報告又は記録の提出を求めたときは、その求めに応じなければならない。
2 内閣又は官公署が前項の求めに応じないときは、その理由を疎明しなければならない。その理由をその議院又は委員会において受諾し得る場合には、内閣又は官公署は、その報告又は記録の提出をする必要がない。
3 前項の理由を受諾することができない場合は、その議院又は委員会は、更にその報告又は記録の提出が国家の重大な利益に悪影響を及ぼす旨の内閣の声明を要求することができる。その声明があつた場合は、内閣又は官公署は、その報告又は記録の提出をする必要がない。
4 前項の要求後10日以内に、内閣がその声明を出さないときは、内閣又は官公署は、先に求められた報告又は記録の提出をしなければならない。





日本政府は「尖閣諸島に領土問題は存在しない」
岡田克也外相は「尖閣に日本の領土問題はない。議論の余地はない」
前原誠司国土交通相も「東シナ海には領土問題は存在しない」と発言。

那覇地方検察庁が勾留延長で期限が5日残っている時点で船長を処分保留で釈放。
那覇地検は「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

菅首相は「検察当局が国内法に基づいて粛々と判断した結果と承知している」



「刑事訴訟法」や「国会法」では、闇の中に消されてしまうよ。
歴史が、またもや抹殺される。


菅首相が言う様に「国内法に基づいて粛々と判断した結果」だったら、小沢一郎を法廷に引きずり出した「検察審査会」の力は及ばないの?



フロッピィーディスクの改竄等と同じ様に証拠隠匿に当たるのでは?

検察の威信は地に落ちているし、信用できない。
この際「検察審査会」の力で那覇地検を問いただしたら?
内容次第では「犯人幇助」に当たるかも〜〜〜!


今こそ国民の力で「正義」とは何かを考える時かも知れない・・・。





おまけ
ローマ法王は「沈黙は承認なり」と言って居る。
キリスト教社会では「日本政府の沈黙」は「中国の主張」を承認した事になるのだ。





尖閣列島も同じ運命かも〜〜〜。

疑惑の日朝協議

「制裁解除は時期尚早」拉致被害者家族会 日朝協議受け


 中国・瀋陽で行われた日朝実務者協議で、今秋までに北朝鮮が拉致被害者の「再調査」を終え、日本側が経済制裁の一部を解除することで合意したことを受け、拉致被害者の家族会からは、「解除は時期尚早だ」「(再調査は)また口約束に終わるのではないか」と強い疑問の声が上がっている。
 家族会は、すべての被害者が帰国するまで制裁解除するべきではないとして反対しており、今回の合意は、それが裏切られた形になったともいえる。
 家族会代表の飯塚繁雄さん(70)は「調査結果がまだ出ていないのに制裁解除で合意するのはおかしい。これでまた日本側のカードが一つ少なくなった」と疑問をぶつける。
 北朝鮮の「再調査」には、これまで何度も裏切られ続けてきた経緯がある。
 横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(75)は「(最近は)交渉が何もない状況だったので、秋までに結果を出すことで合意したことは半歩前進といえるのではないか」とする一方、「制裁解除は、きちんとした調査結果が出てからの話。これまでのようにただの口約束で終わったら意味がない」と話す。
 北朝鮮の象徴でもある貨客船「万景峰92」の入港は合意内容から外れたものの、改めて協議することになっており、同船の入港に強く反対してきた家族にとって受け入れがたい。
 母、早紀江さん(72)は「具体的成果がなければ、一時的にでも入れてほしくない」。「そもそも『再調査』という言葉自体がおかしい。北朝鮮の言うことをそのまま信じられるわけがない」と訴える。
 12日に拉致から丸30年がたった増元るみ子さん=同(24)=の弟で、家族会事務局長、照明さん(52)は「北朝鮮は過去に再調査を約束している。まず相手に約束を守らせてから、『行動対行動』に移るべきだ」とし、「北朝鮮が被害者を管理しているのだから、返すか返さないか1カ月あれば決断できるはずだ。秋までというのは長すぎる」と話した。 

8月13日10時25分配信 産経新聞


これは、え・ら・い・事ですよ〜〜〜。
福田内閣は「ウソ」を付いている。
序章(9分44秒)





この続きは〜〜〜、coffeeさんのブログ。
関西テレビの「アンカー」で青山繁晴が驚くべき真実をいろいろと暴露していた。↓を見てね〜〜〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/35126095.html


拙ブ「拉致の風景」は↓
http://blogs.yahoo.co.jp/w1919taka/44648913.html










人気ブログランキング
現在のランクは?ここをクリック

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事